BT

Webへの書き込み側は存在するのか?

| 作者: Jean-Jacques Dubray フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年4月3日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/03/29)へのリンク

Stu Charlon氏は、WWW 2011で"the Write Side of the Web"と名付けられたRESTfulデザインのワークショップのスライドを提示した。"読み込み側"がすでに成功しているとしたら、情報をWebに"書き込む"のは、RESTの誇大広告の中で、もともと、主張していたように簡単ではない。書き込み側には、クライアントとサーバー間のセマンティクスとエラーハンドリングである、カップリングとして知られる、適切な契約が必要になる。

読み込み側 書き込み側
  • GET
  • RDFa/マイクロフォーマット
  • ブラウジング
  • Atom & RSSフィード
  • 検索
  • セマンティックWeb
  • POST
  • AtomPub
  • Integration
  • Facebookステータス
  • メディア共有
  • e-Commerce

Stu氏は、APIの呼び出しとシステム統合を進めて、集中管理を進めることにより、よりよい書き込み側の需要が高まると説明する。書き込み側を処理する一般的な方法が存在しないため、RESTful設計と呼ばれる多くが分散してしまっている。

RESTは、CRUD (Create, Read, Update, Delete)ではなく、HTTPでもありません。Postは、'create'と直接結びついておらず、CRUD自身はスケールで、複雑性に通じます。

CRUDでは、契約以外にもバリデーションルールと例外ハンドリングが必要になるが、状態が変更されるときにはとりわけそうである。このケースでは、クライアントはサーバーサイドのステートマシンを少なくても部分的には理解している必要がある。彼のプレゼンテーションによるとStu氏は、クライアントが「情報空間でエージェントとして動作する」ハイパーメディアベースのプログラミングモデルについて解説する。彼の提案するクライアントは、以下のようにあるべきである。

ゴールの方向性
リアクティブ
ハイパーメディアワークスペースを持つ
「効果(effects)を補足する」能力

みんな「書き込み側」を見つけ始めたところで、それまでのほとんどのAPIがRESTfulの方法で設計されているかどうかを誰も気にしていなかった。RESTfulieには、Stu氏の提案につながるサーバーのおもしろいコンセプトを提案している。しかし、クライントとサーバー間の契約では、RESTコミュニティによる様々な見落とされた問題が残っている。

あなたは「書き込み側」向けにAPIを設計しているだろうか?これについてどのように考えるだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT