BT

OpenStack Foundationが新たなコンテナプロジェクトを発表

| 作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年1月9日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2017/12/11)へのリンク

読者の皆様へ: あなたのリクエストに応じて、大切な情報を見逃すことなく、ノイズを減らす機能を開発しました。お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう

OpenStack Foundationは、Kata Containersという名のコンテナプロジェクトを新たに発表した。IntelのClear ContainersとHyperのrunVプロジェクトのコントリビューションから生まれたプロジェクトだ。Open Container Initiative (OCI)とKubernetesのContainer Runtime Interface(CRI)との互換性を持ち、仮想マシンとコンテナ、両方のメリットの提供を目的とする。

同プロジェクトは、IntelのClear ContainersHyperrunVプロジェクトのコードから立ち上がったものだ。Clear Containersは、IntelのVTテクノロジを使用することにより、軽量な仮想マシン内でコンテナをローンチする。もともとは、カーネルのセキュリティ問題に対処する目的で始められたプロジェクトだ。Clear Containersランタイムは、軽量仮想マシン上のカーネルインスタンスで各コンテナをローンチすることにより、カーネルを共有することに起因する問題の回避を図っている。HyperのrunVは、コンテナのフォーマットとランタイムを定義した標準であるOCIランタイムに準拠した実装である。Hyperのプロジェクトは“コンテナハイパーバイザ”として機能し、XenとKVMの両方をサポートする。2つのプロジェクトはKata内で併用可能で、その場合、コンテナはrunV内でローンチされる。

数日前のKubecon / CloudNativeConでの講演によると、基盤技術である“仮想化コンテナ”は、ハイパーバイザによって直接管理されたコンテナを実行する。Kubernetesによって管理されるコンテナを運用するマルチテナント環境では、テナント間の分離が最も重要である。各テナントのコンテナを異なるVM上で実行すれば、ある程度の分離は達成できるが、Hyperの場合にはその必要はない。各コンテナは個別のVM上で動作するのではなく、単一のハイパーバイザによって個別に管理されるからだ。

画像提供 : https://docs.hyper.sh/Introduction/what_is_hyper_.html

既存のOpenStackコンテナプロジェクト – MagnumとZun – は、OpenStackデプロイメント内での他のコンテナ技術やオーケストレータの利用を容易にする。Magnumでは、コンテナをデプロイする“ベイ(bay)”をユーザが作成できる。作成したベイはKubernetesDocker SwarmあるいはMesosでオーケストレーションすることができる。もうひとつのプロジェクトであるZunは、さまざまなコンテナテクノロジで運用されるコンテナのローンチや管理のためのOpenStack APIを提供する。これらとは対照的にKataでは、セキュリティの確保と新標準への準拠の両立に重点を置いていると考えられる。

Kata ContainersプロジェクトはAgent、Runtime、Proxy、Shim、Kernel、QEMU 2.9パッケージングというサブプロジェクトで構成され、OpenStackのオープンガバナンスモデルの下で管理されている。

Clear Containersのプロダクトマネージャは、プロジェクトは現在開発中で、2つのプロジェクトの統合が進行中である、とコメントしている – “1.0のリリースは3月のタイムフレームでスケジュールされています。その時点で、runvあるいはCCを使用しているユーザのためのマイグレーションパスを用意する予定です。”このプロジェクトは、99cloud、AWcloud、Canonical、China Mobile、City Network、CoreOS、Dell/EMC、EasyStack、Fiberhome、Google、Huawei、JD.com、Mirantis、NetApp、Red Hat、SUSE、Tencent、Ucloud、UnitedStack、ZTEによってサポートされている。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT