BT

InfoQ ホームページ ニュース Spring Boot 2.0がGA間近

Spring Boot 2.0がGA間近

ブックマーク

原文(投稿日:2018/02/19)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

Spring Bootバージョン2.0の一般リリースが、1月31日のリリース候補1(RC1)の発表で一歩近づいた。

カウントダウンは最終段階にあり、今後数週間以内にGAが計画されている。この後半の段階でも、注目すべき追加がリリースされ、多数の解決済みの問題とプル要求(合計数314は印象的である)に加わっている。

多くの構成プロパティの名前が変更または削除され、開発者はapplication.propertiesまたはapplication.ymlをそれに応じて更新する必要がある。spring-boot-properties-migratorは、移行の苦労を緩和するために提供される新しいモジュールである。レガシープロジェクトに依存関係として追加されると、起動時にアプリケーションの環境を分析して診断をプリントし、一方で、一時的にプロパティを新しい設定に移行する。

Spring BootがJavaプログラミングに導入された重要な革新の1つは、アプリケーションをパッケージ化する実行可能なjarファイル内にサーブレットコンテナを埋め込むことであった。Spring Bootはこの領域のオプションとしてTomcat、Undertow、Jettyを提供する。HTTP/2の出現により、Spring Bootの以前のマイルストーンリリースで、すでにTomcatとUndertowのプロトコルがサポートされている。 RC1では、JettyはHTTP/2もサポートし、HTTP/2は、Conscryptライブラリを通して提供されるネイティブTLSをサポートする。これは、Spring BootのデフォルトサーバであるTomcat 8.5.xが、libtcnativeライブラリとその依存関係がホストオペレーティングシステムにインストールされている場合に、HTTP/2のみをサポートすることは重要である。

可観測性のために、Micrometerとのインテグレーションが強化された。RabbitMQ、JVMスレッド、およびガベージコレクションメトリックが自動的に計測され、非同期コントローラも計測されるようになった。InfluxDBサーバをヘルスエンドポイント経由で監視できるようになった。

データについては、Hibernateが使用するプロパティをより細かくカスタマイズすることも可能になった。RedisCacheConfigurationを公開すると、RedisCacheManagerを制御できる。FlywayとLiquibaseの設定がより柔軟になった。

GSONのサポートは大幅に強化された。それは、「外部の貢献」と魅力的に言われてきたもののおかげである。

大きな注目を集めているのは、人気の高いSpring Bootバナーである。それは起動時に標準出力にストリーム出力されるASCIIグラフィックスで、開発チームが独自のブランドをアプリケーションにスタンプする手段として人気を集めている。このSpring Boot 2でがっかりすることはない。その理由は、SpringOne Platform 2017のライブデモで示されたが、アニメーションGIFをサポートするためである。

他のリリース機能の詳細は、リリースノートに記載されている。PivotalのSpring BootのコミッターであるStephane Nicoll氏は、RC2が2月20日に予定されているとツイートした。遅れがなければ、2.0 GAは、1週間後にリリースされる予定である。完全なリリーススケジュールはこちらで見ることができる。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。