BT

InfoQ ホームページ ニュース GoogleがGoogle Playアプリのセキュリティとプライバシーを改善

GoogleがGoogle Playアプリのセキュリティとプライバシーを改善

ブックマーク

原文(投稿日:2017/12/30)へのリンク

読者の皆様へ:お客様のご要望に応じて、重要なものを逃すことなく、ノイズを低減できる一連の機能を開発しました。興味のあるトピックを選択して、電子メールとWeb通知を入手してください

Android開発者は、将来的にGoogle Playで自身のアプリを公開できるようにするには、2つの新しい要件に準拠する必要がある。最近のAndroidバージョンをサポートすることと、64ビットのネイティブコードをサポートすることである。さらに、Googleでは、APKの信ぴょう性検証を改善するためのセキュリティメタデータの追加を開始する。

Googleによると、最近のAPIバージョンをサポートするアプリケーションを要求する主な理由は、GoogleがAndroidプラットフォームに段階的に追加してきたセキュリティとプライバシーの改善の恩恵を受けられることである。これは、開発者が古いAndroidバージョンのサポートを止めるべきと言っているわけではなく、サポートは依然として推奨されている。むしろ、最近のバージョンのAndroid APIをターゲットにすることで、開発者は、bindServiceの暗黙のインテントのような、ある時点で削除された機能にアプリが依存しないことを保証できる。また、ユーザが追加したCAをデフォルトで信頼することや、明示的な承認なしにユーザアカウントにアクセスするような、不適切と判断された動作に依存しないことを保証できる。同様に、最近のAPIバージョンをターゲットにすることで、アプリケーションはバッテリやメモリ利用を改善させるためのバックグラウンド実行リミットなど、プラットフォームに対する全般的な改善を活用できる。

Googleは、2018年8月以降にGoogle Playで公開された新しいアプリが、targetSdkVersionマニフェスト属性を使用して、APIレベル26(Android 8.0)以上をターゲットとしていることを要求する。同じ要件が2018年11月からアプリのアップデートにまで拡張される。将来的には、最低限のtargetSdkVersionしか許可されなくなるように進み、アプリはその導入から1年以内に最新のAndroidバージョンをターゲットとするようになる。Googleによると、この要件に準拠しないアプリは、今後のAndroidバージョンでは制限される。

64ビットCPUをサポートする要件は、ネイティブライブラリを含むアプリのみに影響を与える。Googleによると、現在使用されているAndroid搭載端末の40%以上が64ビットをサポートしており、64ビットコードを実行することで性能が大幅に向上する。Google Playは引き続き32ビットのアプリとデバイスをサポートするため、1つのAPKまたは複数のAPKを使用して32ビットのサポートに加えて、64ビットもサポートされる。この要件は2019年8月に発効する予定のため、開発者には、64ビットに移行するための時間がほぼ2年ある。

最後に、2018年初めに、Google Playで正式に配信されたことを証明するために、各APKにメタデータの自動的な追加を開始する。この変更は、開発者にアクションを要求するものではなく、アプリの動作に影響することはないが、今後ユーザがアプリを最新の状態に保つのを支援する目的で新しい配信の機会を提供するために使用される。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。