BT

マイクロサービスの未来がITワールドを変革:Uwe Friedrichsen氏がmicroXchg Berlinにて

| 作者: Jan Stenberg フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年3月30日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/03/28)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

あなたは遂にDocker、Kubernetes、そして、新しいクールなトレンドを含むマイクロサービスをマスターした。しかし、未来のために準備はできているであろうか。Uwe Friedrichsen氏は、ベルリンで開催されたmicroXchg 2018でのプレゼンテーションで、そのように尋ねた。そして、ITの未来とマイクロサービスへの影響について模索した。

コーデックリックのCTOであるFriedrichsen氏は、初めに次のように主張した。今日、ITなしでは、事業が単純でないどの会社も経営することができないし、ITに触れることなくビジネス面で何かを変えることはできない。過去50年間、ITは大きく変化したが、ビジネスも変わった。今日のITは次の通りである。

  • ビジネスの神経系
  • (破壊的な)新しいビジネスモデルの可能性。1つの例はクラウドコンピューティングで、これはAmazon、Netflix、Airbnbのような新しい種類のビジネスや企業を生み出している。
  • ビジネスモデルの不可欠な部分(デジタル化)
  • 継続的な顧客とのコミュニケーションのための媒体

未来を見据え、Friedrichsen氏は2つのメタトレンドを予想している。1つ目はデジタル化である。これは曖昧な用語であるが、変化のための重要な推進力となる。その中核は、ITがビジネス・オファリングの不可欠な部分になることを意味する。結果として、クロスドメインの境界が解消されはじめる。オファリングがAPIを介して利用可能な場合、他社は異なる企業のAPIを組み合わせることができ、独自の拡張されたオファリングを作成できる。

2つ目のメタトレンドは顧客の期待である。これは、優れたユーザーエクスペリエンス、マルチデバイス機能、強力なセキュリティなどである。また、顧客の変化するニーズに適応する能力も必要である。

これらの2つのメタトレンドから、Friedrichsen氏は、5つの具体的なITトレンドを抽出した。

速く動く

  • フィードバックループを加速するためのサイクル時間の最小化
  • ビジネスモデルの不確実性への対応
  • 目標は、無駄や価値を下げるパフォーマンスを最小限に抑えること

Friedrichsen氏は、これが実際のDevOpsであり、自動化は副作用であると主張している。

フロントエンドに焦点を当てる

  • フロントエンドで顧客を獲得するための戦いが決まる
  • バックエンドは機能だけすればよい。それらはコモディティ化する
  • UXとUI設計が重要な差別化要因になる

クラウドネイティブおよびサーバーレス

  • 垂直統合の深さを減らす
  • ITパフォーマンスによる価値創造に注力し、より速く動く
  • "作るか買うか"の最新の形
  • 標準ソフトウェアの後継としてマネージドサービス
  • マネージドサービスを統合するためのFunction as a Service (FaaS)
  • 深いビジネスロジックのためのマネージドコンテナおよびバッチ実行

アンビエントコンピューティング

  • モバイルファーストは、人間中心のユーザーインターフェースへの移行の一歩である
  • コンテキストアウェアコンピューティングおよびUI。デバイスが、自宅やショッピングモールなどのコンテキストに適応する。
  • ARとVRのインタフェース機能により強化された新しいタイプの人同士の対話、音声、ジェスチャーなど

課題の一例として、Friedrichsen氏は、モバイル用の優れたユーザーインターフェイスを作成することと、音声ストリームで作業することの違いを述べた。

情報セキュリティ

最後のトレンドは情報セキュリティである。これは、Friedrichsen氏に切望しているのである。これは、ソフトウェアの構築プロセスの初期から不可欠な部分でなければなりません。今日では一般的な結果的にそうであったではない。

これらの5つのトレンドを見ると、Friedrichsen氏は、マイクロサービスは過渡的な段階に過ぎないと主張している。マイクロサービスは、速く進めるためのアーキテクチャスタイルのサポートとして本当に必要であるが、マスターするのも難しい。分散システムを理解する必要があり、彼の経験では、マイクロサービスを使うと主張する人のほとんどは、分散システムの複雑さを理解していない。したがって、スピードを低下させることなく、必要知識の負担を軽減する必要がある。そのために、サーバーレスは適切である。彼は、時間の経過と共に、マイクロサービスはほとんどの場合サーバーレスに溶け込むと信じている。

Friedrichsen氏は、将来重要と考えていることを述べて結論づけた。

  • 本当のアジャイルを学び、実践する。アジャイルは不確定性に対抗するためのものであり、立ちミーティングやユーザーストーリーを伴う無限のバックログではない
  • 優れたシステム設計の基礎を習得する。これは、かつてないほど関連性が高い
  • 分散システムの採用
  • 次の一貫した進化のステップとしてのサーバーレス
  • フロントエンドが重要になる
  • バックエンドはコモディティ化する

会議でのプレゼンテーションは記録された。いくつかは既に公開されており、他はこれからである。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT