BT

InfoQ ホームページ ニュース F#機能が強化されたVisual Studio 15.6 Preview 4

F#機能が強化されたVisual Studio 15.6 Preview 4

ブックマーク

原文(投稿日:2018/02/13)へのリンク

読者の皆様へ: 皆様のご要望にお応えすべく、ノイズを削減する機能セットを開発しました。皆様が関心をお持ちのトピックを、EメールとWeb通知で受け取ることができます。新機能をぜひお試しください。

MicrosoftのVisual Studio 15.6がさらなる進化を遂げている。F#サポートの改善に重点を置いた4回目のプレビューがリリースされた。次の変化を予見するためにプレビュー版をダウンロードして、自身のワークフローにその変化がどう影響するかを見ておくことが重要だ。

開発作業はVS2017をイントール済のユーザをおもな対象に、効率性のさらなる向上を目標として続けられている。Visual Studioの新バージョンに関する更新案内をクリックすると、拡張機能やアップデートのダイアログではなく、VSインストーラが直接ダウンロードされる。プレビュー版を実運用システムで使用すべきではないが、それでもPreview 4へのアップグレードが、インストールプロセスを継続する警告もなくシステムをリブートさせる点には注意が必要だ。

Edit.DuplicateのショートカットキーにCtrl-Dがトリガとして追加され、相当するMicrosoft Excelの動作に対するショートカットが踏襲された。これまでのショートカットの組み合わせ(Ctrl-E, V)も引き続き有効なので、指に馴染む方を使用すればよい。動作に変更はない - エディタ上でテキストブロックを選択し、コマンドのトリガによって複製が行われる。

VS2017に内蔵されているパフォーマンステレメトリは、エディタの応答遅れを発生させる原因を調査する目的で、引き続き使用されている。あるエクステンションがパフォーマンスに影響している場合、VSはユーザに対して、そのエクステンションを無効にするように要求する。パフォーマンス低下の指摘が誤りか、あるいは許容されるものであれば、特定のエクステンションに対する警告を無効にすることもできる。

.NET Coreベースのソリューションのソリューションロード時間が改善された。Microsoftの主張によれば、以前のVS2017 15.6ビルドに比較して、パフォーマンスが平均20パーセント向上している。

F#開発のサポートも改善され、Preview 4ではF#コンパイラの修正やツールの追加などが行われている。中でも注目すべきなのは、System.Tuple定義型の退行が修正されたことと、Fsharp.Coreパッケージがバージョン4.3.3にアップデートされたことだ。

F#.NET Cored SDKプロジェクトではマルチターゲットサポートが追加され、エディタで認識されるようになった。ただし、複数のターゲットを定義するには、プロジェクトの.fsprojファイルを手作業で編集する必要がある。

Visual Studio 2017 15.6 Preview 4は、Microsoftから直接ダウンロードすることができる。リリースノートには、今回のリリースのすべての変更点が詳しく説明されている。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。