BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Android Thingsの機能が出揃う

| 作者: Sergio De Simone フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年4月23日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/04/18)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

Googleは、Android Thingsの最新プレビュー版であるDP 8をリリースした。この版では、今後リリースされる安定版のリリースに向けて、APIが固まった

新しいバージョンでは、Android Things APIに次のような変更が加えられた。

  • BluetoothConfigManagerでBluetooth機能を設定するためのサポート。

  • InputDriverを使用した入力イベントタイプの拡張サポート。

  • ジオロケーションに使用されるすべてのGNSSレシーバのサポート。

  • Wi-Fiピアツーピア接続の管理に使用されるWifiP2pManager APIのサポート。

ScreenManager APIなど、既存のAPIがいくつか削除されている。さらに、デバイスブート時にアプリケーションの起動を管理するためにこれまで使用されていたIOT_LAUNCHERインテントフィルタは、CATEGORY_HOMEに置き換えらた。また、起動時に危険な権限が自動的に付与されることはなく、開発者は開発者コンソールの新しい設定パネルを使って権限を管理することができる。

Googleによると、バージョン1.0がリリースされる前に、Android Things APIに対して互換性を破る変更はない。

Android Things RCがもたらす改善点は他に次がある。

  • 開発者コンソールの改善。現時点では、実利用で発見された問題に対処するために、現在のOTAビルドを公開しなくてもよい。また、利用可能なストレージを視覚的に管理し、ビルドにパッケージされたフォントとロケールを管理することもできる。

  • 新しいアプリライブラリ。個々のバージョンのトラッキング、権限の確認、他のユーザーとのアプリの共有を可能にすることで、APK管理を簡素化している。

Android ThingsはGoogleのIoTプラットフォームで、開発者がモバイルアプリの記述するのと同じようにIoTアプリケーションを記述することができる。そのために、一般的なAndroid APIと、センサーやアクチュエータへアクセスできるようにするための特定のThings Support Libraryが付属するGoogleのクラウドサービスを統合している。また、開発者は、ユーザドライバを介してアプリケーションにカスタムハードウェアイベントを注入することができる。Android ThingsはGoogle Weaveをコミュニケーションプラットフォームとして使用している。

Android Things RCは、NXP i.MX7D、NXP i.MX6UL、Raspberry Pi 3開発ボードで利用できる。関連するすべての詳細については、リリースノートを確認してください。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT