BT

D3がデータ操作のためのSVG、Canvas、HTMLライブラリの5.0リリースを発表

| 作者: Dylan Schiemann フォローする 5 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年4月16日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/04/12)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

D3チームは5.0のリリースを発表した。5.0では、promiseやfetchなどのいくつかの新しい非同期パターンを取り入れ、重要な視覚化APIを更新している。D3チームは次の通り述べている。

promiseの採用で、D3はXMLHttpRequestの代わりにFetch APIを使用するようになりました。d3-requestモジュールはd3-fetchに置き換えられました。Fetchは、ストリーミングレスポンスなど、多くの強力な新機能をサポートしています。

このリリースは、ユーザを遮ることなく、安定性に重点を置いたものである。D3の創業者であるMike Bostick氏はTwitterで次のように述べています。

APIは4.0のリリースから非常に安定しています。唯一の重大な変化は、現代の非同期パターン、すなわちpromiseとfetchを採用していることです。

D3 5.0では、カテゴリごとのカラースキームへのアプローチが変更されている。以前のd3.schemeCategory20*アプローチは不的確であった。グループ化されたデザインは、データ内に誤った関係を暗示する可能性があったためである。つまり、色の共有によって、データがグループに属していないにも関わらず、属していると暗示してしまう可能性があった。D3 5.0では、カテゴリカラースキームがd3-scale-chromaticに置き換えられた。d3-scale-chromaticでは、ColorBrewerからカラースキームを実装する。

新しいd3-contourパッケージは、マーチングスクエアと密度推定の実装を提供する。それによって、輪郭データに基づいた新しいタイプのデータ視覚化を可能にする。1つの例として、Old Faithful間欠泉の待機時間と噴出時間がある。

D3は、d3-selectionメソッドの一部も改善している。selectionの挿入クローンのためのselection.clone、およびdetached要素の作成のためのd3.createである。

D3地理投影APIはprojection.angleをサポートするようになった。結果として新しい多面体投影になった。

D3 5.0リリース全体では、追加されたデータ視覚化の形式に対して多くの改良が加えられている。また、いくつかの共通API内でのアプローチが改善され、APIはJavaScriptの最新の進歩とパターンに合わせている。

D3はNew BSD Licenseの下で利用可能である。詳しくはD3のウェブサイトをご覧ください。D3 GitHubプロジェクトを通しての貢献は歓迎する。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT