BT

JetBrainsがKotlin 1.2.30をリリース

| 作者: Michael Redlich フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 阪田 浩一 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年4月4日. 推定読書時間: 7 分 |

原文(投稿日:2018/03/12)へのリンク

A note to our readers: You asked so we have developed a set of features that allow you to reduce the noise: you can get email and web notifications for topics you are interested in. Learn more about our new features.

JetBrainsが彼らの人気のプログラミング言語Kotlinのバージョン1.2.30をリリースした。 バージョン1.2.20のリリース後約1ヶ月半で出ている。新機能は以下のものだ。

  • 新しい関数、コルーチン用のsuspend
  • Gradleのビルドキャッシュツールのサポート。
  • 新しいKotlinスタイルガイドへのIDEサポート。
  • IntelliJプラグインでの新しいインスペクション、パフォーマンス改善、バグフィックス。
  • kotlin.testでのTestNGのサポート。

新機能と拡張はIntelliJ IDEAのバージョン2017.1から2017.3と2018.1 EAPですべてサポートされている。同時にAndroid Studio 3.0でもだ。ここでこれらの拡張をいくつか紹介する。

マルチプラットフォームプロジェクト

Kotlinマルチプラットフォームプロジェクトは2017年11月にバージョン1.2のリリースと同時に導入されたもので、同一のコードベースを複数のプラットフォームを対象にコンパイルできる。現時点ではJVMとJavaScriptがある。

ウェブサイトにはこう書かれている。

マルチプラットフォームプロジェクトでアプリケーションの複数の層 ‐ バックエンドとフロントエンド、Androidアプリ ‐ を同一のコードベースからビルドできる。そういったプロジェクトにはプラットフォームから独立しているコードを持つ共通モジュールと特定のプラットフォーム (JVMまたはJS) 向けのコードがありプラットフォーム固有のライブラリを使うプラットフォーム固有モジュールがあります。共通モジュールからプラットフォーム固有のコードを呼び出すには、expected宣言を記述します。これは実際の (actual) 実装を提供する必要があるプラットフォーム固有モジュールに向けた宣言です。

通常のKotlinプロジェクトはGradleまたはMavenでビルドできるが、現時点でKotlinマルチプラットフォームプロジェクトをサポートしているビルドツールはGradleのみである。以下は共通モジュールをビルドする基本的なbuild.gradleファイルだ。

    
buildscript {
    ext.kotlin_version = '1.2.30'

    repositories {
        mavenCentral()
        }
    dependencies {
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
        }
    }

apply plugin: 'kotlin-platform-common'

repositories {
    mavenCentral()
    }

dependencies {
    compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-common:$kotlin_version"
    testCompile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-test-common:$kotlin_version"
    }
    

マルチプラットフォームプロジェクトは現在実験的 (experimental) 機能である。JetBrainsはKotlinの今後のリリースで設計が変更される可能性があると認めているが、必要であれば移行ツールを提供するだろう。

標準ライブラリに追加された新しい関数

コルーチンの利用をさらに促進するため、新しい関数が標準ライブラリに追加された。

    
public inline fun <R> suspend(
    noinline block: suspend () -> R
    ): suspend () -> R = block
    

この新しい関数は関数リテラルをラップしており、コルーチンのサスペンド関数として使える。たとえば以下のようになる。

    
suspend {
    val result = deferredResult.await()
    renderResult()
    }.startCoroutine(completion)
    

この新しい関数はKotlinが最終的にラムダ式内でのsuspend修飾子の使用をサポートする土台を築いている。

Kotlinスタイルガイド

IntelliJ IDEAはKotlinの新しいスタイルガイドをサポートする。これはKotlinプロジェクトで適用できる。対応するAndroid向けスタイルガイドも利用できる。スタイルガイドはソースコード構成や命名規則、フォーマット、ドキュメンテーションコメント、言語機能の慣用的な使用法のようなカテゴリを含んだおすすめのコーディング規約を提供している。

KotlinとJavaが混ざっているプロジェクト向けに、スタイルガイドではKotlinとJavaのディレクトリをGradleやMavenが使う規約に従って別々にすることをおすすめしている。たとえば、GitHubのkotlin-examplesプロジェクトでのディレクトリ構成の一部を見てみよう。

コンパイルのパフォーマンス改善

最初の改善はGradleのビルドキャッシュツールのサポートだ。バージョン4.3から利用できるものだが、他のGradleビルドの出力を再利用できる。概要には以下のように記されている。

Gradleのビルドキャッシュは他のビルドの出力を再利用することで時間の節約を目指すキャッシュメカニズムです。(ローカルまたはリモートでの) ビルドの出力を保存し入力に変更がないと確認されたとき、ビルドがキャッシュからこれらの出力を取れるようにすることでビルドキャッシュは動作します。再生成するという高コストな作業を避けられます。

しかし、Kotlinのannotation processorkaptに対してビルドキャッシュを使うのは勧められない。なぜならGradleはアノテーションプロセッシングの依存性を正しく追跡できないからだ。これはデフォルトで無効になっているが、必要なときにGradleのビルドスクリプトで有効にできる。

    
kapt {
    useBuildCache = true
    }
    

2つ目の改善は実験的な新機能だ。KotlinとJavaが混ざっているアプリケーションで変更がないKotlinファイルをリコンパイルしないようJavaファイルへの変更をより正確に追跡できる。デフォルトでは無効になっているが、gradle.propertiesファイルに以下の行を追加すると有効にできる。

    
kotlin.incremental.usePreciseJavaTracking=true
    

Kotlinプログラミング言語全体の詳細は詳細なリファレンスドキュメントにある。

資料

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT