BT

InfoQ ホームページ ニュース 米最高裁、マイクロソフトの事例は適格でないと宣言、マイクロソフトが米国政府へeメール提出

米最高裁、マイクロソフトの事例は適格でないと宣言、マイクロソフトが米国政府へeメール提出

ブックマーク

原文(投稿日:2018/04/30)へのリンク

A note to our readers: You asked so we have developed a set of features that allow you to reduce the noise: you can get email and web notifications for topics you are interested in. Learn more about our new features.

米国議会でCLOUD法が可決され米司法省が先の捜索令状請求を取り下げたあと、米最高裁は署名なしでの3ページの見解を宣言したマイクロソフトの事例適格でないとしている。司法省は裁判所に戻り、新しい法律に基いて新規に捜索令状を取得した。2013年にもともと取得したものと取り替えている。それからマイクロソフトは依頼があったeメールをすぐに提出した

政府が元の捜索令状請求を取り下げたので、最高裁はもはや裁判で再審理を依頼されるような法的な問題に関する"当面の議論"はないと宣言している。裁判所は第2巡回裁判所の元の判決を無効とし、マイクロソフトに対する地方裁判所の元の判決を無効とし、地方裁判所にこの事例を適格でないものとして棄却するよう命じて裁判所にこの事例を送り返した。

マイクロソフトが新しい捜索令状を遵守したことは、CLOUD法への支持を考えると驚くことではない。

CLOUD法が来月施行される欧州の新しいプライバシー法とどのように合致するかは未確認だ。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。