BT

Android JetpackがWorkManager、Navigationなどを提供

| 作者: Diogo Carleto フォローする 31 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月28日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/05/23)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

Android Jetpackは、Androidアプリを開発するための新しいコンポーネント、ツール、アーキテクチャガイダンスを提供する。新しいコンポーネントはWorkManager、Navigation、Paging、Slices、Android KTXである。

Android Jetpackコンポーネントは、既存のSupport LibraryおよびArchitecture Componentsを合わせて、4つのカテゴリに分類している。

Android Jetpackのコンポーネントは、基盤となるAndroidプラットフォームに含まれていない「バンドルされていない」ライブラリとして提供される。つまり、開発者はそれぞれのコンポーネントを自身のペースで採用することができる。さらに、アンバンドルされたAndroid Jetpackライブラリはすべて、新しいandroidx.*の名前空間に移された(この記事で詳しく説明している)。

さらに、Android Jetpackコンポーネントは、基盤となるAndroidバージョンとは独立して機能を提供するように構築されているため、Androidプラットフォームのさまざまなバージョンでアプリを実行でき、ゆえに、下位互換性が提供される。

WorkManagerは、制約ベースのバックグラウンドジョブ向けのソリューションを提供する新しいライブラリで、ジョブやSyncAdaptersなどに置き換わるものである。WorkManagerは、非同期タスクを簡単に指定して、Google Play Servicesの有無にかかわらずデバイス上で動作する、シンプルでモダンなAPIを提供する。

Navigationは、シングルアクティビティアプリを望ましいアーキテクチャにすることを目的として、ナビゲーションの実装を簡易化する。フラグメントを追加設定なしでサポートすることで、LifecycleViewModelなどのArchitecture Componentsのあらゆるメリットを得ることができる。一方でNavigationはあなたに代わってFragmentTransactionsの複雑さを扱う。Android Studio 3.2のNavigation Editorを使って、ナビゲーションプロパティを視覚的に表示および管理できる。

Paging 1.0.0を使用すると、RecyclerViewで高速かつ無限にスクロールしながら、大きなデータセットをロードして表示することが簡単にできるようになる。ローカルストレージ、ネットワーク、またはその両方からページ読み込みされたデータをロードすることができ、コンテンツのロード方法を定義することができる。これは、RoomLiveDataRxJavaと共にすぐに動かすことができる。

Slicesは、Google SearchアプリやGoogle Assistantなどの他の場所にあるアプリからリッチでダイナミックでインタラクティブなコンテンツを表示できるUIテンプレートである。Slicesはフルスクリーンのアプリエクスペリエンスとは別のエンゲージメントを実現することで、ユーザがタスクを実行することをサポートする。

Android KTXはKotlin拡張機能のセットである。Android KTXはKotlinの利用向けにJetpackとAndroidプラットフォームのAPIを最適化している。Android KTXはKotlinを使ったAndroid開発を、より簡潔で快適で慣用的にすることを目指している。Android KTXにより、次のようなKotlinのコードを変換できる。


view.viewTreeObserver.addOnPreDrawListener(
{bject : ViewTreeObserver.OnPreDrawListener {{
={verride fun onPreDraw(): Boolean {n {
==」iewTreeObserver.removeOnPreDrawListener(this)this)
==∥ctionToBeTriggered()red()
==〉eturn true true
=±ツ}
});

上記のKotlinコードは、次のようなより簡潔なKotlinコードに変換される。


view.doOnPreDraw { actionToBeTriggered() }

developer.android.com/jetpackのAndroid Jetpackを使ってみることができる。Android Jetpack専用のYouTubeプレイリストもあり、Android Jetpack、コンポーネント、ツール、ベストプラクティスに関する情報を見つけることができる。

Getting Started with Android Jetpackは、Android Jetpackをどのように既存のプロジェクトに持ち込むか、あるいは、新しいプロジェクトを開始するかを説明している。Android Studio 3.2はAndroid Jetpackをサポートする。Jetpackにフィードバックを送ることができる。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT