BT

Android Studio 3.2 Canaryはトレースサポートの改善、Lintチェックなどを提供

| 作者: Diogo Carleto フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月28日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/05/11)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

GoogleはCanaryチャンネルとDevチャンネルでAndroid Studio 3.2 Canaryをリリースした。このバージョンには、コアAndroid Studio IDEの改善、新しいAndroid Profiler、Android Jetpack,、Import/Export CPUトレース、起動時のCPUアクティビティの記録、Lintチェックなどが含まれている。

コアAndroid Studio IDEは、IntelliJ IDEAから2018.1.1リリースを通して改善されてきた。これは主にバグ修正のアップデートであり、アップデートの自動チェックを復元する重要な修正が含まれている。Android Jetpackは、開発者がすばらしいアプリケーションを素早く簡単に作成できるようにするためのライブラリ、ツール、アーキテクチャガイダンスのセットである。これで、Profilerのデータを「セッション」として保存し、後で再検査することができる(プロファイラは、次のIDEを再起動するまでデータを保持する)。

CPUプロファイラに新しいSystem Traceが追加された。これにより、開発者はデバイスのシステムCPUとスレッドの動作を検査できる。さらに、UIジャンクなどのシステムレベルの問題を調査することに役立つ。そして、コードをTraceクラスでインスツルメントすることで、プロファイラのタイムラインで重要なコードルーチンを視覚的にマークすることができる。Android Studio 3.2では、Memory Profilerを使用してJNIリファレンスを検査できる。Android 8.0(APIレベル26)以上を実行するデバイスにアプリをデプロイすると、JNIコードのメモリ割り当てを検査することができる。Android 8.0かそれ以降にデプロイされたアプリケーションでのみ使用可能なもう1つの新機能は、アプリの起動時にCPUアクティビティを記録できることである。実際、CPUアクティビティレコードを 「.trace」ファイルとしてエクスポートすることができる。Debug APIまたはCPUプロファイラで作成した「.trace」ファイルをAndroid Studio 3.2にインポートして検査することができる。

Android Studio 3.2では、リントチェックのために多くの新機能が追加され、既存機能が改善されている。新しいリントチェックが追加され、JavaコードがKotlinコードとうまく相互運用できることが確認できるようになっている。これらのチェックでは、Nullabilityアノテーションの有無を探したり、Lambaパラメータを最後に配置したりする。それを有効化するために、build.gradleに次の設定を追加する必要がある。

android {
  lintOptions {
    check 'Interoperability'
  }
}

Android Studio 3.2のその他の改善点は次のとおりである。

  • Data Binding Libraryバージョン2
  • ProGuardに代わるコード縮小と難読化のための新しいツールであるR8
  • 構文強調表示とコード補完、コード再フォーマット、安全なリファクタリングを備えたCMakeビルドファイル用のエディタの改良
  • 外部ヘッダファイルのナビゲーション
  • デフォルトで有効になっているネイティブマルチデックス
  • GoogleのMavenリポジトリに移行したAAPT2
  • Android P Developer Preview
  • プレースホルダデータを使用してアプリケーション設計で開発者を支援するSample Data
  • Material Design Update
  • IDEの最新の変更を通知するためにアップデート後に自動的に開く新しいアシスタントパネルであるWhat's New Assistant
  • Quickbootを使うと、任意のエミュレータ状態でスナップショットを作成し、2秒以内に起動することができるEmulator Snapshots

CanaryチャンネルあるいはDevチャンネルにAndroidスタジオが既にインストールされている場合は、Help > Check for Updates(MacではAndroid Studio > Check for Updates)を選択してアップデートを入手できる。そうでなければ、ここでダウンロードできる。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT