BT

Amazon Auroraが「バックトラック」機能を追加し、DBクラスタを特定の時点に巻き戻せるようになった

| 作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月31日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/05/24)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

AWSの完全なマネージドリレーショナルデータベースサービスであるAmazon Auroraは、現在バックトラック機能を提供している。MySQLとの互換性を持つAmazon Auroraを使うと、バックアップからデータをリストアせずに、データベースクラスタを特定の時点にバックトラック、別の言い方では「巻き戻し」することができる。バックトラック処理では、1秒単位で特定の時点を指定することができ、巻き戻し処理には通常数分かかる。この新機能により、開発者はデータを不適切に削除したり間違ったテーブルを削除したりするなどのミスを元に戻すことができる。

Amazon Auroraの新しいバックトラック機能により、データベース(DB)クラスタを特定の時点の前後1秒以内に「巻き戻す」ことができる。バックトラッキングのドキュメントには、この機能はDBクラスタの定期的なバックアップの実行とメンテナンスを置き換えるものではないと記載されている。ただし、バックトラッキングでは、従来のバックアップおよびリストアに比べて次のような利点がある。DBクラスタは、サービスの中断を最小限に抑えて破壊的なアクションの前に戻すことができる。DBクラスタをバックトラックするために新しいDBクラスタは必要なく、代わりにDBクラスタを数分で 「巻き戻し」する。以前のデータ変更を簡単に調べることができる。ユーザは、DBクラスタを前後に繰り返しバックトラックして、特定のデータ変更の発生時期を判断することができる。

Amazonは2週間前にAuroraのバックトラック機能を発表した。これは現在MySQLデータベースでのみ機能する。さらに、開発者は、新しく立ち上げられたすべてのAuroraデータベースクラスタ、あるいはバックアップからリストアされるクラスタのバックトラック機能にオプトインする必要がある。バックトラック機能を有効にした後、AWSはAuroraデータベースクラスタに先入れ先出し(FIFO)バッファをプロビジョニングする。データベースクラスタの使用中に、Auroraは分散型のログ構造のストレージシステムを使用する。いずれかのデータベースに変更があると、新しいログレコードが生成される。新しいログレコードは、いわゆるLog Sequence Number (LSN)によって識別される。さらに、これらのLSNはバッファに格納され、迅速なアクセスとリカバリが可能である。

開発者がバックトラックを開始したい場合、アプリケーションを一時停止し、ブラウザでAuroraコンソールを開き、アプリケーションが使用するクラスタを選択し、Backtrack DBクラスタをクリックする。


出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/amazon-aurora-backtrack-turn-back-time/

開発者は次のステップで、時間軸上の希望するポイントを選択し、「Backtrack DBクラスタ」オプションを選択してバックトラックを実行する。その後、開発者はコンソールでバックトラックの実行を監視できる。監視されるプロセスは、Auroraデータベースサービスで構成され、データベースを一時停止し、開いているすべての接続を閉じ、コミットされていない書き込みを破棄し、バックトラックが完了して通常の操作を再開するのを待つ。バックトラックが完了すると、コンソールは開発者にそれを通知する。


出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/amazon-aurora-backtrack-turn-back-time/

BulletproofのDevOpsエンジニア/AWSデリバリリーダーであるArjen Schwarz氏は、バックトラック機能に関する週刊のブログ記事に次のように書いている。

Auroraデータベースを復元した経験があれば、新しいクラスタにスナップショットを復元するのに1時間近くかかることに気付いているでしょう。代わりにBacktrackを使用してロールバックするのは数秒で済みます。そして、希望する正確な秒にロールバックすることもできます。これは、間違ったクエリを実行したためや、新しいバージョンのアプリの公開に失敗したためにロールバックする必要がある場合に、データや時間を失うことなく実行できることを意味します。

想定以上の時点にバックトラックしたときには、別の時点にバックトラックできることを覚えておいてください。この機能により、開発者はタイムライン上で繰り返し「スクラブ」、別の言い方では検索、を行うことができる。さらに、Auroraサービスは、新しいバックトラック機能を使って動作するように設計されたクローニング、バックアップ、復元機能を備えている。

Auroraバックトラック機能は、Amazon Auroraが動作するすべてのAWSリージョンで使用できる。この新機能のコストは、同社のU.S.リージョンでホストされているデータベースでは100万回の変更レコード変更につき約0.012ドルである。EuropeおよびAsiaではもう少し高い価格となる。詳細はオーロラの価格ページを参照してください。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT