BT

心理的安全性を育む

| 作者: Ben Linders フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月7日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2018/04/05)へのリンク

読者の皆さんへ。あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。メールとウェブで興味のあるトピックのの通知を受けることができます。詳しくはこちら

ストレス、恐怖、不安があるとき、創造的に考えたり、協力して働いたり、問題を解決することは難しくなる。間違いを犯すことに対する安全さを知らしめたり、本当に理解するために耳を傾けたり、マインドフルネスを実践したりすることで安全性の文化を作ることができる。

MaitriaのコーチであるAlex Harms氏は、Agile Games conference 2018で心理的安全性を作ることについて話した。このカンファレンスは、4月9日から11日までマサチューセッツ州のバーリントンで開催された。

このカンファレンスはシリアスゲームを使って、心理的安全性とその他の重要な属性を強化することで、チームのパフォーマンスを向上する方法を探ります。アジャイルの価値や原則、実践を支持するために、ゲームを使うこと、協力的活動、インタラクティブなエクササイズにフォーカスします。

InfoQはこのイベントを記事やインタービューで取り上げている。

InfoQは、Harms氏にインタビューして、アジャイルチームにとって重要な心理的安全性を作ることや、そのためにできることについて話を聞いた。

InfoQ: 心理的安全性とはどのようなことなのでしょうか。

Alex Harms: 心理的安全性を得るには、チームが、リスクを取ることが安全だと感じる必要があります。率直に話すことができ、結果として、嘲笑されたり除け者にされたりしなくなります。ミスできるようになり、ネガティブな結果になるリスクを無視して質問できます。

InfoQ: なぜ、心理的安全性はアジャイルチームにとって重要なのでしょうか。

Harms: ストレスを感じたり、恐れたり、不安だったりすると、私たちの体の性能は向上します。速く走ったり、強く殴ったり、大声を出したりできます。わずかな動きに気づくことができます。一方で、創造的に考えたり、協力したり、問題を解決したりする能力は低減します。アドレナリンは役に立ちません。これらは人間的な活動です。人間的な環境で最も力を発揮できます。

InfoQ: チーム内の心理的安全性を育むにはどうすれば良いでしょうか。

Harms: リーダーとして、同僚として、意図せずとも雰囲気を作るのを助けます。言葉になっているメッセージも言外のメッセージも安全なものにするのが重要です。

失敗することは安全なことである、と知らしめることで安全性を育むことができます。失敗を楽しみ、笑い、そこから学びます。仕事に固有の不確実性を知り、失敗しやすさをモデル化します。"正しいかどうかわからないから、助けてくれませんか。"

また、本当に理解するために聴く(単に頷き、静かにしているのではなく)ことも安全性に貢献できるスキルです。誰に何が起きているかを知ると自然に好奇心が生まれ、好奇心は判断する力を奪います。マインドフルネスを実践するのも役に立ちます。起きたこととそれに対するリアクションの間にスペースを置くのです。このスペースで、判断を好奇心に置き換え始めることができます。耳を傾け、共感をし始めるのです。

InfoQ: あなたはThe Little Guide to Empathetic Technical Leadershipという小冊子を書きました。実際の共感的な技術的リーダーシップはどのようなものでしょうか。

Harms: 対立があると、共感的なリーダーは全員にとって意味のある結果に向けて、議論にフォーカスを当てます。聞きにくいことでも、共感的なリーダーなら聞き出せます。話すことが怖くないからです。

共感的なリーダーシップは、注意を払うことから始まります。ミーティングでは、誰が発言しているか、誰が発言していないかに注意を払います。身振りにも注意を払います。ニーズを考え、それが満たされているかを考えます。質問し、耳を傾けます。

傾聴すること、つまり、理解するために聴くことは共感的なリーダーにとって重要なスキルです。これは自然にできることではありません。しかし、学習することはできます。

InfoQ: 読者が心理的安全性についてもっと学びたい場合、どうすればいいでしょうか。

Harms: まず私の本を読むことをおすすめします。また、Carl Rogersからは、まだ心理的安全性という言葉がない頃にこのことについての理解を深めるに大きな恩恵を受けました。RogersのActive Listeningも私のおすすめの本です。Marshall RosenbergのNonviolent Communicationも共感について目から鱗が落ちる体験をさせてくれる本です。

このテーマを研究している人もいます。ハーバード大学の教授で心理的安全性についてたくさんの仕事をしているAmy Edmondson氏はTEDでBuilding a Psychologically Safe Workplaceと題した講演をしています。この動画が楽しめたら、また、ヒューストン大学の研究者であるBrene Brown氏のThe Power of Vulnerabilityという講演も楽しめるかもしれません。

Maitriaには始まったばかりですが、Slackのコミュニティがあり、マインドフルネスや共感について関心がある人に質問をしたり、出会ったりできます。参加したい場合は、hello@maitria.comにメールをください。

そして、重要なのは自分自身が成長することです。安全性を気にする必要がある、自分の周りの人たちの学習のサイクルを作り、より優れたスキルが身につくように支援します。自分自身を知るための静かな時間を持つようにします。自分が物事にどのように反応しているかを知ります。自分自身のために思いやりを持つことに注力してください。そして、学んだことを実践し、自分にとって望ましい在り方でいられるようにします。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT