BT

InfoQ ホームページ ニュース 主要自動車メーカが車へのBlockchain適用を目指す

主要自動車メーカが車へのBlockchain適用を目指す

ブックマーク

原文(投稿日:2018/05/03)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI)は、世界規模の大手自動車メーカー4社と、他の多数の企業によって立ち上げられた。MOBIは、決済から、相乗りや自動運転車まで、モビリティアプリケーションへのBlockchain適応を加速することに焦点を当てている。

MOBIの基本的な考え方は、一方から自動車メーカを、もう一方から消費者指向のモビリティサービスプロバイダを集めることである。MOBIには、自動車メーカからは、BMW、フォード、GM、ルノーが名を連ねている。そして、技術サイドからは、IBM、HyperledgerIOTAFetch.aiなどが名を連ねている。

このイニシアチブでは、運転の安全性と価格感を改善し、新しいP2Pエコシステムでユーザーをつなぐための重要な要素として分散型元帳技術(DLT)を想定している。このイニシアチブは、Blockchainを使用して車両のデジタルIDと履歴、地理的・時間的な位置、関連するプロパティを管理し、渋滞料金、カーボン価格、カーシェアと相乗り、使用量ベースの保険料と公害税を含む税金を管理する可能性に投資しようとしている。

公式の発表によると、MOBIはツールと標準の両方に対してオープンソースのアプローチをとることにコミットしている。これは、非常に多くの業界プレイヤーから関心を得るために必要な要件であろう。

DLTは依存関係のないコンピュータからなる分散システムの基盤を提供する。それらのコンピュータは、セキュリティ、プライバシー、所有者の権利、発生するすべてのトランザクションの完全性を保証する。これにより、信頼できる第三者を必要とせずにユーザ間の信頼を生み出すことが期待できる。そのため、トランザクション検証のコストを手頃なものにして不正行為のリスクを軽減することができる。その結果として、シームレスで安全で手ごろな価格のユーザーエクスペリエンスを構築することが可能となる。

MOBIは、自動車業界を中心に置くことで視点をシフトしているが、自動車メーカのBlockchain領域への挑戦はこれが最初ではない。最も注目すべきは、ルノーはすでにR3リサーチコンソーシアムの一員でありDaimlerはLinux Foundation Hyperledgerプロジェクトの一員であり、トヨタはToyota Research Instituteを通じて独自のBlockchainコンソーシアムを発表したことである。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。