BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

GoogleのStackdriverモニタリングがKubernetesのデプロイ向けサポートを強化

| 作者: Hrishikesh Barua フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月22日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/05/19)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

最近終了したKubeConで、GoogleはKubernetes向けのStackdriverモニタリングのベータ版リリースを発表した。主な機能には、既存のStackdriverダッシュボードの他のメトリックとともに、Kubernetesの統一されたコンテナメトリックとログを一元的に参照できる。また、Prometheusサポートが改善した。

Google Cloud Platformのモニタリング製品であるStackdriverは、サーバやアプリケーションからメトリックとログを収集できる。一部のメトリックはプラットフォームに組み込まれているが、他のメトリックはモニタリング対象のサーバにエージェントをインストールする必要がある。エージェントは、カスタムメトリックをAPI経由でプッシュするように記述することもできる。Stackdriverではカスタムダッシュボードを作成し、表示したいメトリックを選択し、ラベルでフィルタリングすることもできる。Stackdriverシステムにメトリックが存在する限り、そのメトリックを表示できる。Kubernetesをモニタリングするために、同様の抽象概念が使用される。

Kubernetes向けのStackdriverモニタリングは、ログ収集メトリック収集イベントで構成されている。個々のコンテナからのログ、dockerやkubleletなどのシステムコンポーネントからのログ、スケジュールされたポッドなどのシステムイベントは、各Kubernetesノードで実行されるエージェントによってStackdriverにプッシュされる。このロギングは、Google Cloud上で動作するKubernetesクラスタでデフォルトで有効になっている。同じことがモニタリングにも当てはまる。収集されたモニタリングデータは、システムの他の部分からのサイドメトリックと共に比較表示するために利用できる。Stackdriverメトリックは、VMインスタンスやロードバランサなどのリソースタイプ別にグループ化され、新しい機能としてKubernetesノードやポッドなどの新しいリソースタイプが導入されている。このモニタリングでは、アラートやインシデントなどの既存のStackdriverコンポーネントを利用できる。

いくつかの機能はアナウンス前に存在していた。例えば、Stackdriverログに送信されるstdoutコンテナとstderrコンテナ、StackdriverモニタリングにプッシュされるOSメトリックである。しかし、問題もあった。例えば、スタックトレースは複数行イベントを検出できるが、複数行のイベントを検出できないデフォルトのログ解析パターンを使用していた。Google Cloudで動作しないKubernetesクラスタには、HeapsterPrometheusのような複数のモニタリングオプションがある。

Google Cloud Product ManagerのJ D Velásquez氏は、Prometheusとのインテグレーションについて次のようにコメントしている

私たちはPrometheusとのインテグレーションを拡張する予定です。それによって、Stackdriver Kubernetes Monitoringが一般的に利用できるようになるまで、サイドカーのエクスポータに必要なフックをアップストリームで利用できるようになります。

サイドカーコンテナは、同じポッド内の別のコンテナの並行して実行されるヘルパーコンテナである。Google Kubernetes Engine(GKE)を使用してPrometheusを設定するためのドキュメントでは、単一のKubernetesポッドと別のサービスについて言及しているが、サイドカーコンテナを実行するコードはGithubで入手できる。そして、クラスタはGoogle Compute Engine(GCE)かGKEで実行しなければならないという制限がある。

Velásquez氏は「現在、Stackdriver Kubernetes Monitoring BetaはKubernetes Engineアルファクラスタでテスト用に利用でき、Kubernetes 1.10がKubernetes Engineにロールアウトするとすぐに本番環境のクラスタで利用できる」と付け加えた。 Stackdriverデータは、その後の分析のためにBigQuery、Google Cloud Storage、Google PubSubにさらにエクスポートできる

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

C# 8の非同期ストリーム

Bassam Alugili 2018年10月11日 午前3時13分

BT