BT

MicrosoftとRed HatはAzure上でのマネージドOpenShiftの提供を発表

| 作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年6月4日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/05/17)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

MicrosoftはRed Hatとのパートナーシップを拡大し、Red Hat OpenShiftMicrosoft Azureの機能を組み合わせてAzure上でマネージドOpenShiftを提供することを発表した。Red HatとMicrosoftはAzure上でのRed Hat OpenShiftの設計とエンジニアリングに協力し、今後数か月で公開プレビュー版として提供される予定である。

Azure上でOpenShiftを提供するための共同での取り組みは、kubernetesでコンテナの管理を容易にすることである。開発者はMicrosoftとRed Hatの両方がサポートするマネージドサービスを手に入れることになる。Microsoftで、Cloud and Enterprise Groupの執行副社長であるScott Guthrie氏は、プレスリリースで次のように述べている

MicrosoftとRed Hatは、クラウドネイティブアプリケーションを構築するエンタープライズ開発者にシンプルさ、選択、柔軟性を提供するという当社のビジョンに沿って取り組んでいます。現在、私たちはKubernetes、ハイブリッドクラウド、エンタープライズオペレーティングシステムにおける両社のリーダーシップを結集して、Azure上における業界ごとのソリューションとして、コンテナ管理の複雑なプロセスを簡易化しています。

さらに、Red HatにおいてProductsとTechnologiesの社長であるPaul Cormier氏も同じプレスリリースで次のように述べている

Microsoftとのパートナーシップを拡大することで、業界で最も包括的なKubernetesプラットフォームを主要なパブリッククラウドで提供することができます。そして、生産の安定性を犠牲にすることなくハイブリッドクラウド全体で革新をより簡単に活用できるようになります。

Azure上の新しいマネージドOpenShiftによって、開発者はオンプレミス環境とAzureの間でアプリケーションを移動できるようになるため、ハイブリッドシナリオのサポートを受けることができる。また、Azure上のOpenShiftに対するより強固なセキュリティで、より高速に接続し、Machine Learning、Cognitive Services、Cosmos DBなどの他のAzureサービスにアクセスすることもできる。

Azure上でOpenShiftを提供するMicrosoftとRed Hatがより強力に連携することで、開発者はRed HatでMicrosoftツールを使用するための多くの方法が提供されるようになる。Visual Studio EnterpriseおよびProfessionalのサブスクライバは、Red Hat Enterprise(RHEL)のLinuxクレジットを取得する。さらに、開発者は.NET、Java、またはその他の有名なオープンソースフレームワークで作業することができる。また、Red Hat Enterprise LinuxコンテナとともにWindowsコンテナをサポートするマルチアーキテクチャコンテナ管理もサポートされる。

Azure上のOpenShiftにより、Red Hat OpenShift Landscapeを通したSQL Serverの統合が拡張される。開発者はAzure上のRed Hat OpenShiftとAzure Stackのようなハイブリッドクラウド上のRed Hat OpenShift Container Platformへのデプロイに対してRed Hat認定コンテナとしてSQL Serverをデプロイできる。

kubernetesでコンテナを管理することは業界のデファクトスタンダードになりつつある。これについては、KubeConとCloudNativeCon 2017に関するInfoQのニュース記事で以前に報告している。さらに、Gartnerは次のように予測している

2020年までに、世界の組織の50%以上が、コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で稼動させているでしょう。現時点では20%未満です。

MicrosoftとRed Hatが今後提供するAzure上のOpenShiftとは別に、IBMは、例えば、ベアメタルで管理されたマネージドkubernetesをリリースした。IBMは一例であるが、多くのパブリックベンダがマネージドkubernetesサービスを推進しています。例えば、Kubernetes向けのAWS Elastic Containerサービス(EKS)を提供するAmazon、Kubenetes Engine (GKE)を提供するGoogleなどがある。Microsoftでさえも独自のマネージドKubernetesサービスであるAzure Kubernetes Service (AKS)を一般利用可能としており、コンテナベースのアプリケーションを構築するプロセスが開発者にとって容易になることを目指している。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT