BT

Ron Jeffriesが、開発者は"Agile"を捨てるべきと発言

| 作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年6月19日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/06/05)へのリンク

A note to our readers: You asked so we have developed a set of features that allow you to reduce the noise: you can get email and web notifications for topics you are interested in. Learn more about our new features.

Extreme Programming (XP)の著者、講演者、考案者の一人であり、2001年のアジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)の署名者の一人でもあるRon Jeffries氏は、開発者は"Agile"を捨てるべきと主張した自身のブログ記事をシェアした。記事ではさらに、開発者は"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"の形式から離れ、マニフェストの価値や原則に近付くべきだと述べられている。

"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"という言葉は、著者によって使われている。彼によれば、アジャイル開発宣言の初期の思想のひとつに反して、開発者の生活を良くするどころか悪くするために貢献したいわゆる"Agile"アプローチの種類を強調するためだという。これらのことが起こってしまうとJeffries氏が指摘する主な理由は次の通りである:

エンタープライズには良い。開発者には良くない。
企業がアジャイルを採用するとき、それは大抵、何かを改善しようとしているということだ。利用可能なコーチングやトレーニングに様々の特色があるおかげで、彼らは問題の可視性を向上できる。一般的に経営陣と企業によって、情報に基づいたより良い決断がもたらされる。著者によれば、マニフェストの価値や原則があまり適用されていないとしても、これは当然良いことである。不十分なアジャイルの導入は、始めは開発者にとって、また最終的には企業にとっても悪いこととなる。

[アジャイルの採用]はしばしば開発者の支障を増やし、作業をする時間を減らし、プレッシャーを増やし、”もっと速く”を要求する。これは開発者にとって悪いことであり、そして最終的には企業にとってもまた悪いこととなる。なぜなら”Agile”の不十分な実施は大抵、達成できたはずのところより欠陥を増やし、進捗を遅くする結果となるからだ。大抵、良い開発者はこのような組織を離れ、結果として”Agile”を導入する前より効果の低いエンタープライズになる。

 

開発者は今後も押し付けられたアプローチの下で働く
企業やエンタープライズのために働くことは大抵、いくつかのことはトップレベルで決められるということだ。そして組織に導入され、展開されていく。これは通常、SAFeやLeSSなどを使ったスクラムの大規模導入で起こるとJeffries氏は言う。多くの人々は適切なトレーニングやコーチング、背景にある正確なマインドセットの理解がないまま、採用と適用を要求される。
自分の身の周りで起こることはコントロールできないとしても、著者が記事で提供したいアドバイスがある:

  • 完了すべき作業を選ぶこと。動くソフトウェアの小さな部品を、2週間毎などにデリバーできるような方法で。
  • 期待を下げること。他の人がやっているように、自分のデリバリー能力を理解しなければならない。
  • イテレーション毎にデリバーされる小さなインクリメントの最上位にある会話を利用すること。

 

アジャイル開発宣言のルーツに立ち返り、Jeffries氏はある考えを強調している。今も彼らがソフトウェアの構築する最良の方法を提供しているように、Agileにある最も重要なことはマインドセット、価値、原則であるということだ。それゆえ、どんなフレームワークやメソッドが組織によって形式化されているかは関係なく、どのAgile開発者も以下の方法で働くべきである:

  • 稼動している、テストされた、動く、統合されたソフトウェアを2週間ないし毎週生産すること。完全に機能するバージョンを新規で毎日、1日2回、それ以上の頻度で製作できるまでスキルを築くこと。
  • そのソフトウェアのデザインをきれいに保つこと。成長するにつれて、デザインが複雑で粗悪になりがちである。意識的にこの傾向に抵抗し、逆転させること。常に小さな継続的なステップでリファクタリングすれば、進捗率は可能なかぎり安定し、堅実なものになる。
  • ソフトウェアの現在のインクリメントを使うこと。プロダクトリーダーやマネージャとの全ての会話を基礎とし、何が準備できているかという、彼らが次に何をしたいかという観点で話すこと。

 

Ron Jeffries氏はこのブログtwitterで記事を発行している。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT