BT

Kubernetesとの統合が容易になったDocker Enterprise Edition 2.0

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年6月6日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2018/05/06)へのリンク

読者の皆様へ: 皆様のご要望にお応えするべく、ノイズを削減する機能セットを開発しました。皆様が関心をお持ちのトピックを、EメールとWeb通知で受け取ることができます。新機能をぜひお試しください。

Docker Enterprise Edition(EE)の最新版では、異機種環境のKubernetes上で動作するアプリケーションの管理と保護が可能になり、Kubernetes環境の日々の管理に関するワークフローが簡素化される。

DockerConf Europe 2017で発表されたDocker EEへのKubernetesの統合により、SwarnとKubernetesのオーケストレーションの併用が実現する。展開するオーケストレータに関わらず、同じコントロールプレーンでのアプリケーション管理が可能になると同時に、Composeファイルを修正する必要なく、SwarmからKubernetesにアプリを移行できるようになる。前述のようにDocker EEでは、クラスタへのノード追加、コンソールとログへのアクセス、セキュリティ設定といった、さまざまなワークフローを初期状態からサポートすることにより、Kubernetes環境の基本的な構成と管理が容易になるように配慮されている。Kubernete管理の簡素化に加えて、これらのワークフローは、SwarmとKubenetes両環境の基本的な操作を統合するというメリットも提供する。これにより、オーガナイゼーションプロセスを変更することなく、一方から一方へのスイッチが可能になる。

Docker EE 2.0で提供される重要な機能は、他に次のようなものがある。

  • 複数バージョンのLinuxとWindows、オンプレミスとパブリッククラウドを含む異機種環境のサポート。これは開発者に対して、さまざまなプラットフォームにデプロイ可能な自由を提供することを目的とするものだ。

  • ゾーン保護により、ロールに基づいたリソースセットにアクセスするための適切な権限をユーザに提供する。Docker EE 2.0ではリソースセットの概念が拡張され、Kubernetesの名前空間がサポートされるようになった。

  • セキュアでスケーラブルなネットワーキングとルーティングを提供するKubernetes用のCNIプラグインであるProject Calicoが同梱された。オーバーレイモードで動作するように事前設定されている。CalicoはすべてのKuberneteポッドにルートを分散することで、既存のデータセンタインフラストラクチャへのKubernetesクラスタの統合を容易にしてくれる。Calicoには、単一ポッドのKuberneteデプロイメントとしてデプロイされて、CalicoとKubernetes APIの間を仲介するCalico Kube Controllerと、各ホスト上で動作するデーモンとしてデプロイされて、Linuxカーネル内の必要なルーティング戦略を実装するCalico Nodeという2つのコンポーネントがある。

Docker EEを運用中であれば、次のコマンドを実行することでバージョン2.0にアップグレードが可能だ。

docker run --rm -it --name ucp -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock docker/ucp:3.0.0 upgrade --interactive

この記事を評価

採用ステージ
スタイル

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT