BT

Google Kubernetes Engine 1.10は一般向けに利用可能となり、エンタープライズ対応した

| 作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 5 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年6月11日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2018/06/01)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

Googleは、kubernetesエンジンのバージョン1.10の一般向けの提供を発表した。さらに、1.10リリースと並行して、Googleはエンタープライズユースケースをサポートするいくつかの新機能をリリースする。新機能は、Shared Virtual Private Cloud (VPC)Regional Persistent DisksRegional ClustersNode Auto-RepairHorizontal Pod Autoscalerなどのエンジンで提供される。これらの機能により、Google Kubernetes Engine(GKE)の可用性、稼働時間、スケーラビリティが向上する。
Shared VPCを使用すると、企業はより粒度の細かいモデルでネットワークリソースを、より適切に制御できるようになる。たとえば、管理者は、サブネットやファイアウォールなどのネットワークリソースを集中管理する一方で、kubernetesエンジンインスタンスやクラスタの管理や作成といった特定の責任をプロジェクト管理者に委譲することができる。


出典: https://cloudplatform.googleblog.com/2018/05/Google-Kubernetes-Engine-1-10-is-generally-available-and-ready-for-the-enterprise.html

Googleではまた、Regional Persistence Disks(PD)とRegional Clustersを通じてKubernetes Engine 1.10の可用性と稼働時間を向上させている。Regional PDでは、企業はアプリケーションレベルの複製について気にする必要がある。これらのディスクは、リージョン内の2つのゾーン間でデータの同期レプリケーションを実行する、耐久性のあるネットワークに接続されたブロックストレージを提供する。さらに、Regional Clusterでは、リージョン内の3つのゾーンにマスターを広げるマルチマスタで高可用性のコントロールプレーンを備えたKubernetes Engineクラスタを作成することで、企業が可用性をさらに向上させることができる。

 
出典: https://cloudplatform.googleblog.com/2018/05/Google-Kubernetes-Engine-1-10-is-generally-available-and-ready-for-the-enterprise.html

また、現在一般向けに利用可能なノード自動修復機能により、企業は稼働時間を向上させることができる。ノードの自動修復はノードの稼働状況を監視し、問題があるときにノードの修復を行う。Googleによると、Regional Persistence Disks(PD)とRegional Clustersの両方がすぐに利用できるようになることが注目すべき点である。
企業は、Horizontal Pod Autoscalerを使用して、Kubernetes Engine 1.10で水平方向にスケールすることもできる。Horizontal Pod Autoscalerは、3つのカスタムメトリックタイプをサポートする。

  • エクスターナルは、Cloud Pub/Subキューの長さを基準にスケールする
  • ポッドは、ポッドごとのオープン接続の平均数を基準にスケールする
  • オブジェクトは、クラスタ内で実行されているKafkaを基準にスケールする

バージョン1.10は、3年前の最初のリリース以来、Google Kubernetes Engineの継続して進化している。2015年には、Kubernetes Engineは、コンテナを使用してWebアプリケーションを起動し管理するためのプラットフォームを提供するGoogleの取り組みの1つであった。それが利用できるようになると、エンジンの採用が拡大した。Googleは1.10のリリースについてブログ記事で述べている。

最初の製品レベルのマネージドKubernetesサービスであるKubernetes Engineは、2015年以来、一般向けに利用可能となっています。このサービスのコア時間は急増しました。2017年にはKubernetes Engineのコア時間が1年間で9倍になり、幅広いアプリケーションをサポートしました。2016年に最初に開始して以来、ステートフルな作業負荷(データベースやキーバリューストアなど)の使用量は、Kubernetes Engineクラスタ製品において40%を超えて増加しています。

企業は現在、Google Kubernetes Engine 1.10の使うことができ、価格の詳細はKubernetes Engineの価格ページで確認できる。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT