BT

InfoQ ホームページ ニュース GoogleがAndroid P Beta 2をリリース

GoogleがAndroid P Beta 2をリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2018/06/13)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

GoogleはAndroid P Beta 2をリリースした。Android P Beta 2には、最終的なAndroid P API(APIレベル28)、最新のシステムイメージ、ディスプレイの切り欠きのサポートなどが含まれている。

機械学習はAndroid Pの中核をなすものだとGoogleは述べている。実際、Googleは、機械学習を使ってシステムリソースの優先順位を決めるAdaptive Batteryと呼ばれる機能に関して、DeepMindと提携している。Adaptive Batteryは、DozeApp StandbyBackground Limitsに最適化されたアプリでうまく機能する。さらに、Googleは、開発者がApp Actionsを使ってアプリの可視性を高めることができると述べている。この機能は、機械学習を利用して、ユーザのニーズを満たす方法としてアプリを推薦する。

Android Pには、ディスプレイの切り欠きがカメラとスピーカのためにある、最新のエッジツーエッジ画面のサポートが加わった。新しいDisplayCutoutクラスによって、コンテンツが表示されるべきでない非機能領域を見つけられるようになる。開発者はドキュメントをチェックアウトし、どのようにして切り欠き領域を管理し、アプリに影響を与える一般的な互換性の問題を回避するかを学習することができる。

通知に関していくつかの機能強化がされた。開発者は会話を表示したり、写真やステッカーを添付したり、さらにスマートな返信を提案することができる。Googleは、開発者がまもなくML Kitを使用してスマートな返信候補を生成できるようになると述べている。

一連の新しいセキュリティ機能がAndroid Pに追加された。例えば、統合された指紋認証ダイアログと機密性の高い取引における確実性の高いユーザ確認がある。開発者は、今後は独自のダイアログを作成する必要はない。BiometricPrompt APIを使用して標準のシステムダイアログを表示できる。さらに、APIはFace認証とIris認証をサポートしている。詳細については、セキュリティ更新情報ページを確認してください。

デバイスのカメラを使用するアプリでは、2つ以上の物理カメラからのストリームに同時にアクセスすることが可能になった。開発者は、シームレスズーム、ぼけ味、ステレオビジョンなど、単一のカメラでは実現不可能な新機能を作成できる。さらに、新たなSessionConfigurationがあり、最初のキャプチャ中に遅延を減らすことができる。

Dynamics Processing APIは、サウンドのダイナミックレンジプロパティをイコライジングしたり変更したりするためのオーディオエフェクトである。これは、イコライゼーション、マルチバンド圧縮、およびリミッタを含む複数のステージで構成される。オーディオアプリは、Dynamics Processing APIを使用して、Androidデバイスから出力されるオーディオを修正し、リスナーまたは周辺条件に従って最適化することができる。

新しい機能とAPIの全リストについては、Android Pの機能概要をご覧ください。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。