BT

InfoQ ホームページ ニュース 25周年のJava

25周年のJava

ブックマーク

原文(投稿日:2020/05/25)へのリンク

2020年5月23日、Javaプログラミング言語とプラットフォームのアルファリリースが初めて公開されてから25年を迎えた。

その最初のリリース以来、世界は大きく変わった。これをきっかけにNetwork World誌は「一部のアナリストは、Javaプログラミング言語がウェブを変える可能性を秘めていると考えている。」 (1995年5月22日)との見解を発表した。当時、MicrosoftはWindows 95の8月のリリースに向けて準備を進めていた。そのOSは、ウェブブラウザを持たずに発売されたことで有名である。インターネットはまだ大衆に広く認知されていなかった。

インターネットが認知されるにつれて、Javaは最初のリリースから何年かのうちに重要な役割を果たすようになるだろう。これは、ほとんど無関係なスクリプト言語の名前を「JavaScript」に変更されるなど、いくつかの予期しない方法で現れた。この決定には技術的な理由のほんのわずかなもの以外には何もなかった。Javaエコシステムの一般的な知名度の拡大に利用するためだけである。

後から振り返ると正しかったか間違ったかを言うのは簡単である。ソフトウェアの長期的な賭けが常に難しいのも事実だ。Javaは確かに、先見の明がある、あるいは非常に幸運であると思われる設計上の決定から恩恵を受けてきた。

特に、Javaはムーアの法則の恩恵を特に受けてきた。Javaの最も重要な機能のいくつかは、過去25年の間にプロセッサーの計算能力が信じられないほど向上したため、本当に実現可能になった。Javaの初期はパフォーマンスの低さに悩まされていたため、プログラマーの間では、15年以上もの間、「Javaが遅い」という記憶が残っていることがあった。

Javaは首尾一貫した設計哲学の恩恵を受けてきた。開発者に有利な設計目標を常に持っていたからだ。

  • 後方互換性
  • 言語の安定性
  • コードは読みやすいものでなければならない
  • 機能は、可能であればライブラリとして実装する必要がある
  • 豊富な標準ライブラリがすぐに利用可能である

これらの原則は、ある程度の幸運と結びついて「適切なタイミングで適切な場所にある」言語とプラットフォームを生み出したのかもしれない。成功するプログラミング言語はほとんどなく、成功したプログラミング言語のほとんどは、数年後に人気を失うだろう。

現代の世界では、JavaScript、Python、C/C++だけが、Javaが享受してきたのと同じレベルの持続的で真の主流の成功を収めている。Javaは、本番で使えるソフトウェアの安定した基盤としての役割を非常に重要視しており、プラットフォームの健全性と長寿に表れている。

そこで、Javaが25歳になり、未来を見据えて、この出来事を記念して開催されているイベントを手短に(しかし完全ではないが)まとめた。

Javaが30歳(または40歳)の誕生日を迎えても認識可能な形で存在し続けるかどうかを判断できない。現在の状況とコミュニティの健全性からすれば、それは十分に可能なことのように思える。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。