BT

InfoQ ホームページ ニュース Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

ブックマーク

原文(投稿日:2020/05/12)へのリンク

最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

Amazon EventBridgeは、AWSサービスであるSoftware-as-a-Service(SaaS)およびカスタムアプリケーションが、イベントを使って相互に通信できるようにするサーバーレスイベントバスである。このサービスは昨年7月から一般向けに提供されている。そして、スキーマレジストリの新機能がre:Invent 2019のときにプレビューで発表され、現在一般向けに提供されている。

EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はEventBridge上のイベントのOpenAPIスキーマを検出、作成、管理できる。ドキュメントによると、既存のAWSサービスのスキーマを検索したり、カスタムスキーマを作成してアップロードしたり、イベントバス上のイベントに基づいてスキーマを生成したりできる。さらに、EventBridgeのすべてのスキーマを使用して、開発者はコードバインディングを生成およびダウンロードして、これらのイベントを使用するアプリケーションをすばやく構築できる。

GAリリースでは、Amazonはスキーマレジストリリソースポリシーのサポートも導入している。それによって、企業はさまざまなAWSアカウントや組織間でスキーマリポジトリを共有できるようになる。ポリシーによって、別のチームが共有レジストリに追加したスキーマを共有、検索、使用するという利点を、さまざまなチームの開発者が享受できる。Amazon Web Servicesのチーフエバンジェリスト(EMEA)であるDanilo Poccia氏が、EventBridge Schema Registryに関するブログ投稿で次のように説明している。

各チームは、AWSアカウントを使ってアプリケーションを開発しています。EventBridgeを使って、チームは次のアーキテクチャを実装できます。

  • フロントエンドのCreateAccountアプリケーションは、リクエストを処理するために、Amazon API Gatewayを使用する。リクエストは、Pythonで記述されたAWS Lambda関数を使用して処理される。新しいアカウントが作成されると、Lambda関数はカスタムイベントバスでACCOUNT_CREATEDイベントを公開する。
  • バックエンドのFraudCheck Lambda関数はJavaで構築されている。それは、ACCOUNT_CREATEDイベントを受信し、偽のアカウントであるリスクを推定するためにAmazon Fraud Detectorを呼び出す。リスクが特定のしきい値を超える場合、Lambda関数はプリエンプティブアクションを実行する。たとえば、データベースでアカウントに偽物のフラグを付けたり、イベントバスにFAKE_ACCOUNTイベントを投稿したりできる。


 
ソース: https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-amazon-eventbridge-schema-registry-is-now-generally-available/

スキーマレジストリを配置すると、AmazonのEventBridgeはサービスとしてさらに進化する。そして、同様のサービスを提供する他のベンダーに対してクラウドでの競争力のあるサービスとなる。MicrosoftはEventGridを提供しており、2018年の初めからGAとなっている。高度なフィルタリング再試行ポリシーCloudEventsのサポートなどのいくつかの更新があった。ただし、このサービスにはスキーマレジストリ機能がない。さらに、同じことがTriggermeshのEveryBridgeにも当てはまる。このイベントバスは、さまざまなソースからのイベントを消費できる。これを使用して、開発者は、オンプレミスだけでなく、主要なクラウドプロバイダーのいずれかで実行されているサーバーレス機能を開始できる。

TecAllianceのプラクティスリーダーエンタープライズアーキテクチャであるMarkus Wissing氏は、ツイートで次のように述べている。

スキーマレジストリは、イベントのデジタルイエローページのように機能します。私たちは、スキーマレジストリを@zendeskイベントを消費するために使いました。ソリューションは大幅に簡素化されました。

現在、EventBridgeスキーマレジストリは、Amazon EventBridgeと同じAWSリージョンで利用できる。さらに、Amazon EventBridgeの価格の詳細は、価格ページで入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。