BT

InfoQ ホームページ ニュース IBMはEqual Access Toolkitを発表し、開発者に対してアクセシビリティを備えたアプリケーションの構築をサポート

IBMはEqual Access Toolkitを発表し、開発者に対してアクセシビリティを備えたアプリケーションの構築をサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2020/05/21)へのリンク

IBMは最近、IBM Equal Access ToolkitAccessibility Checkerをリリースした。これら2つの新しいオープンソースのツールキットは、設計者、開発者、テスターにWebサイトとアプリケーションにアクセスできるようにする一通りのツールを提供することを目的としている。

IBM Accessibility ResearchチームのマネージャーであるSimeon McAleer氏は、リリースブログの投稿で、ツールキットの背後にある動機を説明した。

[…] 米国では成人の4人に1人程度が何らかの障害に直面しています。
[…] 業界のサンプルによると、2020年にホームページの98%以上にアクセシビリティエラーが検出されました。
アクセシビリティは、サイトやアプリケーションの追加改修が困難な状況になり手遅れになるまで、忘れられたり、放置されたりする可能性があります。知識、規律、ツールはすべて、開発プロセス全体を通じてアクセシビリティを構築するために不可欠です。

新しいツールキットとチェッカーは、開発者とテスターのワークフローに直接埋め込むことができる。IBM Equal Access Toolkitは包括的なガイドラインの集合である。これは、ファーストクラスのアクセシブル製品は、プロジェクトのライフサイクル全体でプロジェクトの利害関係者とのチームワークの結果として生まれるという事実に基づいている。ツールキットは5つのフェーズを識別し、それぞれに対するアクセシビリティの目標とガイドラインを提供する。

最初のフェーズ(計画)では、プロジェクトのニーズを特定し、スプリントとリリースにアクセシビリティを導入する。最初のフェーズでは、主に製品の所有者(IBMの用語でいうオファリングマネージャー)、アーキテクト、チームリーダーが関与する。

第2フェーズ(設計)では、インタラクション、ビジュアル、コンテンツ設計者がWebコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)のほぼすべての側面に取り組む必要がある。

第3フェーズ(開発)では、設計仕様を実装するフロントエンド開発者が関与する。第4フェーズ(検証)では、テスターは製品のアクセシビリティを検証することが推奨される。第5フェーズと最後のフェーズ(リリース)では、リリースマネージャーがアクセシビリティレポートを利用できるようにし、QAリードが将来のリリースのレビューと改善を行う。

アクセシビリティチェッカーは、アクセシビリティの問題の評価を自動化するブラウザー拡張機能である。リリースノートには、動作中の拡張機能を示すスクリーンショットが含まれている。

screenshot accessibility checker

スクリーンショットに見られるように、拡張機能はアクセシビリティの問題について警告を発し、開発者が調査および修正するために問題の場所(HTML要素など)または原因を特定する。

アクセシビリティチェッカーは、GitHubリポジトリから入手できる。対応するブラウザ拡張機能は、ChromeまたはFirefoxストアからダウンロードできる。チェッカーは、自動テスト用のさまざまなNode.jsベースの環境でバッチ構成で実行できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。