BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AmazonはElasticsearchのフォークをOpenSearchにブランド変更

AmazonはElasticsearchのフォークをOpenSearchにブランド変更

ブックマーク

原文(投稿日:2021/04/18)へのリンク

Amazonは先頃、ElasticSearchとKibanaのバージョン 7.10.2から派生したフォークのOpenSearchのリリースを発表した。OpenSearchは、Apache License V2 (ALv2) の下でライセンスされる。Elasticは先頃、非営利目的でのコードの使用を簡素化するためElastic Licenseを調整している。

このリリースの背後にあるプロダクトチームは、OpenSearchプロジェクトを「ElasticsearchとKibanaのコミュニティ主導のオープンソースフォーク」と呼んでいる。彼らは続けて次のように説明する:

OpenSearchプロジェクトのゴールは、できるだけ多くの人や組織がOpenSearchをビジネス、プロダクト、プロジェクトで簡単に使用できるようにすることです。

OpenSearchプロジェクトは、以前リリースされたOpen Distro for Elasticsearchの新しい居場所になる。セキュリティ、代替、機械学習、SQL、インデックス状態管理など、Open Distroでリリースされた機能は、OpenSearchに追加される。Amazon Elasticsearch Serviceは、Amazon OpenSearch Serviceに名前が変更される。

OpenSearchサービスは、ALv2ライセンスのElasticsearchバージョン (7.10以前) およびOpenSearchのすべての新しいバージョンを含むオープンソースエンジンの選択肢を提供する。Amazonは、セキュリティとバグ修正を含むElasticsearchとKibanaのALv2バージョンのサポートと保守に取り組んでいるが、すべての新機能の作業は、OpenSearchOpenSearch Dashboard (Kibanaフォークのブランド変更) に対して行われる。

コントリビューションを促進するために、OpenSearchリポジトリ内のすべてのコードはALv2ライセンスの下でライセンスされている。さらに、それらはいかなる形式のコントリビュータライセンス契約 (CLA) も要求しない。Amazonはリポジトリの主要な幹事およびメンテナであり続けるが、貢献しようとしている人々のための原則ガイドを作成した。

OpenSearchを準備する際、Amazon OpenSearchのシニアソフトウェア開発マネージャであるCharlotte Henkle氏は、チームが7.10ブランチの完全なgit履歴 (ブランチとタグを除く) を取得したと述べている。これは、元の作者への適切な帰属を保持するために行われた。その後、ALv2ライセンスと互換性のないすべてのコードは削除された。これには、Elastic X-Packコードのすべてと、すべてのテレメトリ収集機能の無効化が含まれている。

このリリースに論争がないわけではない。2019年、AmazonはOpen Distro for Elasticsearchをリリースした。当時、AWSのチーフエバンジェリストのJeff Barr氏は「これはフォークではない。これらのプロジェクトを進めるために、貢献とパッチをアップストリームに送信し続ける」と説明した。これを、Elasticが新しいElastic Licenseの下で以前はプロプライエタリのX-Packコードを部分的にオープンソース化したことへの対応と見なす人もいた。これにより、ElasticsearchはAPv2ライセンスの完全なプロジェクトではなくなった。

最近では、ElasticはServer Side Public License (SSPL) とElastic Licenseを採用して、APv2ライセンスから完全に移行した。現在、オープンソースイニシアチブはSSPLをオープンソースライセンスとして認識していない。ただし、Elasticの創設者兼CEOであるShay Banon氏は、次のように述べている: 「私たちのライセンス変更は、企業が私たちのElasticsearchおよびKibana製品を利用して、私たちと協力せずにサービスとして直接提供することを防ぐことを目的としています」

この発表の後、ElasticはElastic Licenseのアップデートをリリースした。次のようにBanon氏は説明している、

Elastic License v2 (ELv2) は非常にシンプルなコピーレフトではないライセンスであり「ソフトウェアの派生物を使用、コピー、配布、利用可能にし、準備する」権利を認め、3つのハイレベルの制限しかありません。

これらの制限の1つは、ライセンスがマネージドサービスとして他の人に製品を提供することを許可していないことだ。新しいELv2ライセンスは、ElasticsearchとKibanaのすべてに適用され、すべての無料および有料機能のディストリビューションとソースコードの両方に適用される。SSPLライセンスは、引き続きソースコードのオプションだ。

Elastic licensing options by version

Elastic)

 

両者の発表に対するコミュニティの反応はまちまちだ。Tarsnapの開発者であるColin Percival氏は、AmazonがフォークをOpenSearchと呼ぶことに同意しないとTwitterで述べている:

ElasticsearchはElasticsearchのフォークであり、彼らがライセンスを変更したものの一つです。Amazonは、ただElasticsearchが放棄した元のオープンソースプロジェクトを継続しているにすぎないのです。

Redditユーザの -proton 氏は、Amazonの意図をそれほどポジティブに述べていない:

Amazonはコミュニティのためにこれを行ってはいません。彼らは彼ら自身のために行っているのです - 彼らはすでにAmazon elasticsearchサービスから何十億ドルも稼いでいて、新しいライセンスでお金が止まることを望んでいません。

OpenSearchチームは、この初期コードはアルファ状態であると見なされるべきであり、プロダクションレディでないことを示している。彼らは、コードベースが初夏までにプロダクションレディになり、今後数週間でベータリリースに移行することを期待している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。