BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース GoogleがEventarcサービスを更新し、新しいUI、イベント送信先、ストレージトリガーを提供

GoogleがEventarcサービスを更新し、新しいUI、イベント送信先、ストレージトリガーを提供

ブックマーク

原文(投稿日:2022/01/23)へのリンク

最近、GoogleはイベントプラットフォームであるEventarcの新機能をいくつか発表した。新機能には、新しいUI、イベント送信先としてのCloud Run for Anthosサービス、および一般向け利用可能な(GA)Storage Cloudトリガがある。

1年前、同社はEventarcを一般向け提供にリリースした。これにより、顧客が60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runにイベントを送信できるようになった。そして1年後の今、Eventarcチームは、EventArcトリガーを表示、編集、削除するための新しいUIをプレビュー版で提供する。名前、リージョン、イベントプロバイダー、宛先、イベントタイプなど、さまざまな特性を示す既存のすべてのトリガーが一覧化されている。ユーザがトリガーをクリックすると、詳細が表示され、編集または削除できる。さらに、UIにはトリガーを作成するためのセクションがある。

 
出典: https://cloud.google.com/blog/topics/developers-practitioners/introducing-new-eventarc-ui-cloud-run-anthos-destinations

新しいUIの他に、チームにより新たなイベント送信先も追加された。以前は、Cloud Runを使ったイベント送信先は1つだけであった。また、イベント送信先としてCloud Run for Anthosサービスもサポートするようになった。これにより、ユーザは新しいUIを介してCloud Run for Athosのトリガーを作成できる。

Eventarcの新しいアップデートに関するGoogle Cloudのブログ投稿で、著者でGoogleのデベロッパーアドボケイトのMete Atamel氏と、GoogleのプロダクトマネージャーのBryan Zimmerman氏は次のように述べている。

Eventarcの目標は、多くのイベントソースを多くのイベント送信先に接続することです。

最後に、Storage CloudトリガーがGAになった。トリガーは、Cloud Storage Bucketで4つのイベント(オブジェクトの作成、削除、アーカイブ、メタデータの更新)のいずれかが発生したときに実行される。さらに、Googleによると、このトリガーを活用することは、Cloud StorageイベントをCloud Runターゲットにルーティングするための推奨される方法である。

Googleの開発者エンゲージメントの責任者であるStephanie Wongツイートした。

これは非常に簡単だということを信じてください。必須フラグとオプションフラグとともにgcloudコマンドを実行することで、トリガーを作成できます。


さらに、彼女は新しいUIのフォローアップとしてツイートした。

Cloud Consoleを使って、フィルター付きのトリガーを作成することもできます。

GoogleはEventarcを持って、イベントを一元管理するためのイベントプラットフォームを提供する他のパブリッククラウドベンダーに加わった。Microsoftは、数年前にEvent GridをGAでリリースした。開発者がAzureでイベントを統一された方法で制御できるようにするサービスである。

さらに、AWSは追随しており、2019年にAmazon Eventbridgeを導入した。このサーバーレスイベントバスにより、AWSサービス、Software-as-a-Service(SaaS)、およびカスタムアプリケーションがイベントを使って相互に通信できるようになる。そして最後に、TriggerMeshも複数のクラウドを対象としたイベントプラットフォームを提供している。

最後に、Eventarcの詳細については、ドキュメントのランディングページをご覧ください。価格の詳細については、価格ページをご覧ください。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT