BT

InfoQ ホームページ オープンソース に関するすべてのコンテンツ

  • マイクロソフトがOpen Invention Networkに参加、Linuxとオープンソースを保護

    マイクロソフトでコーポレートバイスプレジデント兼知的財産グループ主任法務顧問を務めるErich Andersen氏は、マイクロソフトがOpen Invention Network (OIN) に参加することを発表した。これはマイクロソフトから60,000件超の特許をもたらし、オープンソースコミュニティのためにライセンスネットワークをさらに強化することを目指している。

  • 新たなGit Submoduleの脆弱性にパッチが当てられた

    Gitコミュニティは、cloneおよびsubmoduleコマンドに影響を及ぼすセキュリティ脆弱性を公開した。これは、脆弱性のあるマシンが悪意のあるリポジトリにアクセスした時、リモートコードの実行を可能にするというものだ。この脆弱性はMitreによってCVE–2018–17456にアサインされ、Git 2.19.1で修正された。

  • Tink - クラウド、Android、iOSに対応するGoogleの暗号化ライブラリ

    Tinkは、Googleの暗号技術者とセキュリティエンジニアのグループが開発した、多言語でクロスプラットフォームな暗号ライブラリである。暗号化の専門家でなくても、暗号を正しく実装することが可能になる。2年間の開発期間を経てリリースされたバージョン1.2では、クラウド、Android、iOSプラットフォームと、C++およびObjective-Cのサポートが追加されている。

  • Go 1.11がリリース、WebAssemblyとモジュールを試験的にサポート

    Go 1.11の中心的な機能はWebAssemblyとモジュールの2つだが、いずれも実験段階に留まっている。

  • 監視プラットフォームのPrometheusがCNCF(Cloud Native Computing Foundation)から"卒業"

    Cloud Native Computing Foundation (CNCF)は8月9日、オープンソースの監視ツールキットであるPrometheusが、インキュベーション段階を卒業したと発表した。プロジェクトがこの評価を達成するためには、その成長状況やドキュメント、組織のガバナンスプロセス、コミュニティに対する持続可能性と協調性のコミットメントなどを示す必要がある。

  • Go 2ブロックをおりる

    Gophercon 2018においてRuss Cox氏はGo 2においてエラーハンドリング、ジェネリック、そして新しい機能の提案がどのように見えるかをプレビューした。

  • WhiteSourceが無償のオープンソース脆弱性チェックツールをローンチ

    オープンソースのセキュリティおよびライセンスコンプライアンス管理ソリューションプロバイダのWhiteSourceが、Vulnerability Checkerをローンチした。オープンソースのクリティカルな脆弱性に関するアラートを提供する、新しい、無償のスタンドアロンCLIツールだ。

  • F# 4.5の新機能

    プレビュー版として提供されているF# 4.5では、いくつもの新しい機能が提供されている。例えば、.NET Core 2.1のサポート、プリミティブ型のSpan、新しいキーワードMatch!などだ。

  • Google Cirq:量子計算のためのPythonオープンソースライブラリ

    Cirqは、ノイズが多い中間段階の量子(NISQ)コンピュータのための量子アルゴリズムの作成、操作、最適化を容易にすることを目指している。Cirqはまた、ローカルシミュレータ上でそれらのプログラムの実行を可能にし、将来の量子ハードウェアおよび量子クラウドプロセッサをサポートするように設計されている。

  • Eclipse Foundation、Eclipse Photon IDEをリリース

    Eclipse FoundationがEclipse IDEの最新バージョンを発表した。Eclipse Photonには、Java 10とJava EE 8のサポート、PDT (PHP development tools) の改善、Dark Theme UI改善などが含まれている。

  • ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

    ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

  • PyTorch 1.0が公開、研究および実用AIプロジェクトを対象に

    先日のブログ記事で、Bill Jia氏が、PyTorchの新バージョン1.0を発表した。PyTorchは、Tensor演算とディープニューラルネットワークを備えた、オープンソースのPython用AIフレームワークパッケージである。今回の新リリースで重要なのは、AI中心のプロジェクトを研究フェーズから製品に移行するために必要な時間の短縮と、対象アプリケーションの精度とパフォーマンス向上を両立させている点だ。

  • オラクル、オープンソース化後にMission Controlチームを解雇

    Java Mission Controlツールスイートが、JMCとしても知られているが、オラクルにより5月3日にオープンソースとなった。Java開発者のコミュニティからは大きな称賛と興奮があった。その興奮はJMCの開発チーム全体が解雇されたと報じる情報によって困惑に置き換えられてしまった。

  • Gitの脆弱性により任意のコードが実行できる

    Gitサブモジュール名の検証に対する脆弱性により、リモートの攻撃者が開発者マシン上で任意のコードを実行できる。さらに、攻撃者はシステムメモリの一部にアクセスできる。どちらの脆弱性もすでにGit 2.17.1、2.16.4、2.15.2、および他のバージョンでパッチが適用されている。

  • The Linux Foundationの新たなレポートでDevOpsスキルの需要の高さが明らかに

    The Linux FoundationとハイテクキャリアハブのDiceによる2017年のOpen Source Jobs Reportでは、2,000以上のITオープンソース専門家とIT採用マネージャのうち、DevOps人材に対する需要が60パーセントを占めている。DevOpsのスキルは、クラウド/仮想化(60パーセント)とアプリケーションプラットフォーム(59パーセント)とともに、求められるオープンソーススキル(57パーセント)のトップ3を構成する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。