BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Relational Databases に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftが中核となる新たなプラットフォームを発表:Microsoft Intelligent Data Platform

    Microsoftは最近、Microsoft Intelligent Data Platformと呼ばれる新しいプラットフォームを発表した。このプラットフォームでは、データベース、分析、ガバナンスの製品を完全に統合する。この新しいプラットフォームには、Azure Dataスペースで既に利用できるすべてのもの(Azure Data Factory、Azure Data Explorer、SQL Server 2022、Azure SQL、Cosmos DBなど)からSynapse Analytics製品、Power BI、および新しくブランド変更されたPurviewデータガバナンスが含まれる。

  • Cloudflare D1でCloudflareワーカーのための分散SQLiteを提供

    間もなくベータ版に入るD1は、CloudflareによるクラウドベースのSQLストレージ分野へのの最初のステップである。D1はSQLiteの上に構築されており、分散レプリケーションメカニズム、バッチ操作のサポート、組み込みコンピューティング、自動バックアップと冗長化などが追加されている。

  • Google Cloudがエンタープライズデータベース処理向けにPostgreSQL互換のAlloyDBを発表

    Google Cloudは最近、AlloyDB for PostgreSQLを発表した。エンタープライズへの展開をターゲットとしたPostgreSQL互換のマネージドサービスである。AlloyDBは、原子性、一貫性、分離性、永続性(ACID)に準拠したトランザクション処理をサポートするフル機能のクラウドデータベースである。

  • AWS向けInfrastructure-as-SQL:IaSQLがオープンソースのSaaSに

    IaSQLは、SQLを使ってAWSインフラをモデル化するサービスを提供する企業であり、同社は最近、IaSQLがオープンソースのsoftware as a serviceとして利用できるようになることを発表した。

  • AWSが独立したスケーリングのAmazon Aurora Serverlessの第2バージョンをリリース

    先ごろ、AWSは、オンデマンドの自動スケーリング構成のAmazon Auroraである第2バージョンのAmazon Aurora Serverlessの一般提供を発表した。2番目のバージョンは、Aurora PostgreSQLとMySQLの両方で一般利用が可能で、コンピューティングとストレージのスケーリングの独立が特徴だ。

  • RDSとAurora PostgreSQLの脆弱性により、AWSが多くのマイナーバージョンを非推奨へ

    セキュリティ会社Lightspinの研究者は最近、PostgreSQL拡張機能を使って、どのように内部AWSサービスへの認証を取得し、RDS上のローカルファイル読み取りの脆弱性を悪用できるかを説明した。AWSはこの問題を確認し、Amazon AuroraとRDS for PostgreSQLの数十のマイナーバージョンを非推奨にした。

  • Cloud Spannerが確約利用に対する割引を導入

    Google Cloudは最近、Cloud Spanner向けにCommitted Use Discounts(CUD)の開始を発表した。このオプションは、1年あるいは3年の契約と引き換えに、マネージドリレーショナルデータベースのオンデマンド価格の20%から40%の割引が受けられる。

  • IAM条件とタグでGoogle Cloud SQLのアクセス制御が改善

    最近、GoogleはCloud SQL向けのIAM条件とタグの一般提供(GA)を発表した。これはMySQL、PostgreSQL、SQL Server用のフルマネージドリレーショナルデータベースサービスである。

  • SQLAlchemy用のGoogle Cloud Spanner方言が一般向け提供へ

    Google Cloudは最近、SQLAlchemyアプリケーションを分散SQLデータベース管理およびストレージサービスで実行できるようにするSpanner方言の一般向け提供を発表した。

  • Amazon RDSがマルチAZデプロイに読み取り可能なスタンバイインスタンスを導入

    AWSは最近、Amazon RDSマルチAZデプロイで読み取り可能なスタンバイインスタンスを発表した。新しいデータベースクラスターオプションでは、より多くの読み取り容量と一貫性のあるトランザクション遅延が要求される処理を対象とした、高可用性と耐久性が提供される。

  • CloudflareはWorkersによるリレーショナルデータベース接続サポートを導入

    Cloudflare は、同社のサーバレスアプリケーションプラットフォームである Workers を介したリレーショナルデータベース接続のサポートを導入すると先ごろ発表した。最初のサポートは Postgres と MySQL だ。Cloudflare チームが取り組んでいる課題はまだたくさんあり、コミュニティは貢献する機会がある。

  • Amazon RDS Custom for SQL Serverが一般向け提供へ

    Amazonは、Amazon RDS Custom for SQL Serverの一般向け提供を発表した。新しいサービスはレガシーでカスタムのパッケージ化されたアプリケーションをサポートする。そのようなアプリケーションは、特定の構成とサードパーティツールに依存し、これまでフルマネージドデータベースに移行できなかった。

  • AWS re:Invent 2021の総括

    バーチャルオンリーだったイベントの1年後、re:invent の 10 回目が少ない参加者で先週ラスベガスに帰ってきた。新しい CEO の Adam Selipsky 氏の最初のキーノートと複数のセッションが行われた。AWS は新機能と改善点を発表した。それは、新しいプリミティブよりもパッケージ化されたソリューションに重点を置いている。

  • AWSがAmazon Redshift Serverlessを紹介

    サーバレス分析のオプションへのトレンドの一環として、AWS は Amazon Redshift Serverless のパブリックプレビューを発表した。マネージドデータウェアハウスサービスの最新バージョンは、変動するワークロードや予測できないスパイクのためにキャパシティの管理が困難な場所でのデプロイメントを対象としている。

  • Amazon AuroraがMySQL 8.0をサポート

    re:Invent 2021の数日前に、AWSはMySQL 8.0と互換性のあるAurora MySQL 3の一般向け提供を発表した。最新のメジャーMySQLバージョンでは、共通テーブル式(CTE)、ロールベースの認証、非表示のインデックス、以前のAuroraになかったインスタントDDLなどの機能が追加されている。

BT