BT

InfoQ ホームページ RedHat に関するすべてのコンテンツ

  • JBoss Developer Framework: JBoss テクノロジのためのドキュメントハブ

    JBoss Developer Framework は JBoss 関連のテクノロジのための集中型ドキュメントリソースである。ソフトウェアスタック全体のすべてのレイヤ (例えばユーザインターフェースと永続化レイヤ) をどのように使用するか,ひとつの場所で開発者に示すことがその重点だ。フレームワークには Maven のクイックスタート,チュートリアル,マイグレーション資料,その他 JBoss Application Server 用の Web 開発の関連するリソースが含まれている。

  • JBoss Enterprise Application Platform 6 - Java EE 6 準拠,高速起動,低メモリ消費,クラウド対応

    Red Hat は先日,クラウド対応アーキテクチャと改善された管理機能,優れた開発ツールを備えた JBoss Enterprise Application Platform(EAP) 6 をリリースした。オンプレミス,プライベート,パブリックいずれのクラウドにもデプロイ可能な,Red Hat の PaaS サービスである OpenShift で Java アプリケーションを実行するランタイムエンジンである。

  • JRuby 1.7 プレビュー版リリース - 1.9 モードの既定化,invokedynamic によるパフォーマンス向上

    近日中にリリース予定の JRuby 1.7 最初のプレビュー版では Ruby 1.9 ランタイムモードがデフォルトになると共に,Java 7 の invokedynamic によって大幅に高速化されている。我々は Charles Nutter 氏から Java 7 上の JRuby の新バージョン,ファイバ,さらには氏自身の RedHat への移籍について詳しく訊いた。

  • JBoss SeamとApache DeltaSpikeの今後

    Seam 3.1はJBossからの最後の「セット」リリースになる。プロジェクトはApache DeltaSpike(現在インキュベーション段階)の形で継続され、個別のCDI拡張をひとつまとめることに取り組んでいく。

  • 監査機能を強化したHibernate 4.1がリリース

    JBossはEnversモジュールを改善したHibernate 4.1をリリースした。監査対象の属性の変更を引き起こしたデータベースのリビジョンを特定することができる。

  • JBoss AS 7.1 が Full EE Profile 準拠を達成

    JBoss AS 7.1 が先週リリースされて,同サーバとして初めて Java EE 6 Full Profile 完全準拠を達成した。Apache Geronimo や Oracle GlassFish といった完全準拠の オープンソースサーバたち の序列に,JBoss も加わったことになる。詳細は本文参照。

  • Byteman 2.0.0: バイトコード操作、テスティング、フォールトインジェクション、ロギング

    JBossはByteman 2.0.0をリリースした。これはオープンソースのJavaバイトコード操作ツールで、GNU LGPL 2.1でライセンスされている。Bytemanはコードのテスト、トレース、モニタリングを支援するJavaエージェントであり、開発者はこれを使って、ロード時や実行中にJavaアプリケーションの動作を変更することができる。

  • JBossがHibernate 4.0をリリース

    JBossはHibernateのバージョン4をリリースした。Hibernate 4は、マルチテナントサポート、Hibernate拡張のための標準的な仕組みの導入、OSGIサポートに向けたりファクタリングやコードの整理などが盛り込まれている。

  • ワームによりパッチされていないJBossサーバーがボットネットに変換される

    2010年4月にパッチがあてられたJBossの脆弱性を突破する新しいワームはセキャアではないサーバーをターゲットしており、それらをボットネットに追加しているとセキュリティ研究者がレポートしている

  • Aeolus - オープンソースの新しいマルチクラウド管理ソリューション

    Aeolus はさまざまなプライベートクラウドおよびパブリッククラウドを対象として,複数の仮想マシンを管理するソリューション提供を目標とするオープンソースプロジェクトだ。プロジェクトを立ち上げたのは Red Hat だが,同社の所有ではないオープンクラウド管理ソリューションとして開発するため,他の企業からの協力を求めている。

  • Flex/Java EE アプリケーションのための新エンタープライズフレームワーク

    Granite Data Services は先週,バックエンドに JavaEE を使用する Flex リッチインターネットアプリケーションを構築するための,独自のエンタープライズプラットフォームを発表した。Granite DS はオープンソースのフレームワークだ。InfoQ では Granite DS の共同設立者である CEO の Frank Wolff 氏に,リッチインターネットアプリケーション (RIA) に対する同氏の展望について聞いた。

  • JBoss AS7がリリース

    Red HatはJBoss AS 7のリリースをアナウンスした。これは最初のJBossプラットフォームであり、EE6 Web Profile認定され、OSGi 4.2 準拠のエンジンである。7.1のリリースが今年の終わりごろに計画されており、完全にEE6認定される予定である。

  • Red HatのjBPMに新しいAPI、新しいツール、BPMN 2.0のサポートが導入される

    Red HatのJBoss部門は最近ビジネスプロセスマネジメントシステムjBPM 5.0の最新リリースを発表した。そこには、APIの完全な刷新が含まれ、BPMN 2.0仕様、開発者向けEclipseツール、ビジネスユーザ向けWebツールなど多くの鍵となる機能が追加されている。InfoQではjBPMプロジェクトリードKris Verlaenen氏にリリースについてさらに詳しく聞いた。

  • Pete Muir氏が Seam 3, RichFaces 4 そして、Infinispanへの移動を語る

    Red HatのJBoss部門は、この2,3ヶ月間に、幾つものアップデートをリリース予定で、その中には、webアプリケーション フレームワーク Seamの新しいメジャーリリースやJSFコンポーネント ライブラリ RichFacesがある。InfoQは、RedHatの Principal Software Engineerである Pete Muir氏と、将来のリリースと彼のSeamチームからInfinispan データグリッド チームへの移動について聞いた。

  • JBoss AS 6 リリース: Shelly McGowan氏へのインタビュー

    先ごろJBoss はアプリケーションサ―バ バージョン6をリリースした。InfoQ はこのリリースについて、JBossアプリケーションサーバチームの主任エンジニアで、この節目となる最終リリースバージョン6を指揮したShelly McGowan氏にインタビューを行った。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。