BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Refactoring に関するすべてのコンテンツ

  • リビルドか,リファクタか

    ソフトウェアはリビルド(再構築)すべきか,リファクタリングすべきか?Wouter Lagerweji氏とのインタビューから,リファクタリングを困難にしているものは何か,ソフトウェアのリビルドがリファクタリングよりリスクが少ないのか,継続的デリバリがソフトウェアのリビルドに対してどのように好都合なのかを考える。

  • ヒューマンリファクタリング:人生にもリファクタリングを適用しよう

    Bryan Beecham氏はAgile Testing Days 2015でヒューマンリファクタリングについての基調講演を行った。InfoQは氏に、ヒューマンリファクタリングが私たちの生活の向上にどう役立つか、コードのリファクタリングとどう関係するか、健康に良い食事を摂ることを重要視しているのはなぜか、アジャイルチームはヒューマンリファクタリングからどんなメリットを受け得るか、自己向上と個人の成長に関する情報はどこで得られるか、についてインタビューした。

  • 総保有コストを使った技術的負債の管理

    総保有コスト(TCO)は、投資の意思決定やファイナンスの分析で使われる。これをソフトウエアに適用すると、初期の開発コストや、製品が提供停止になるまでのメンテナンスのコストをカバーできる。TCOは設計上の決定や技術的負債の管理をサポートする。

  • Raffi Krikorian氏がシステムの書き換えについて語る

    O’Reilly Software Architecture conferenceにて、Raffi Krikorian氏がシステムの書き直しに取り組む技術リーダー、アーキテクト向けに戦略と戦術を語った。氏のTwitter Engineeringでのバイスプレジデントとしての経験を引き合いにだし、再設計のプロセスを管理するための12のポイントを解説した。“完了”を定義すること、コードの品質を保つことなどについてだ。

  • JetBrainsはReSharper 9をはじめとする.NETツールのすべてのアップデートした

    JetBrainsは、 ReSharper 9, dotTrace 6, dotCover 3, dotMemory 4.2, dotPeek 1.3, TeamCity Add-in 9.0を含む.NETツールの新しいRTMバージョンを発表した。JetBrainsは、これらのツールの単一インストーラーとプラットフォームを開発した。ReSharperをインストールしようとすると、プラットフォームを共有する他の.NETツールをインストールするオプションが表示される。

  • アジャイルとモジュール性の関係

    この記事ではアジャイルとモジュール性の関係を取り上げる。なぜモジュール性は重要か,どうやって使えばよいのか。その答がOSGiホワイトペーパに対して述べられている。

  • 複雑度を測定してソフトウェア品質を改善する

    ソフトウェア複雑度はソフトウェアの品質とコストの直接的な指標だ。コードの複雑度が高ければ、そのコードの品質は低くなり、それを管理するコストは高くなる。複雑度の測定は、開発とテストのための見積もりや、品質向上と問題防止のためにリファクタリングが必要なところの判断に使うことができる。

  • アジャイルで品質とベロシティを両立する

    アジャイルソフトウェア開発チームは,開発した製品が十分な品質を持つことを保証しなくてはならない。一方でマネジメントからは,より多くの機能をより早くユーザに提供するために,ベロシティ(開発速度)の向上を同時に期待されることが少なくない。何人かの専門家が品質とベロシティの関連を検討し,その両方を向上するための方法を提案している。

  • SoundCloudのマイクロサービスへの移行

    SoundCloudがマイクロサービス型の設計に移行したのは、チームが新しい機能を素早く実装できるようになるために致命的に重要だった。Phil Calçado氏は3連続のブログ記事でそう書いている。この記事では彼らのモノリステックなシステムからの移行についての経験が書かれている。

  • ソフトウェアの負債を扱う

    ソフトウェアの負債というのは様々なかたちで存在している。技術的負債は広く知られているし、他の形態としては能力的負債とか品質的負債というものがある。ソフトウェアの負債はプロダクトの維持管理コストを増やし、開発者の気持ちを落ち込ま��うるものだ。ソフトウェアの負債を扱うためにはいくつかの解決法がある。

  • Martin Fowler氏によるリファクタリングのワークフロー

    Martin Fowler氏は自身のサイトにて、リファクタリングを行う際に利用出来る様々なワークフローと、それらを組み合わせる理由について詳しく説明した記事を公開した。

  • アジャイルで開発速度を上げるには

    企業がソフトウェア開発へのアジャイル導入を望む理由として挙げられるのが,提供までの期間の短縮だ。開発速度を向上するためには,アジャイルをどのように使えばいいのだろうか?

  • Mikadoメソッド - レガシーソフトウェアのリファクタリング手法

    Agile India 2012という講演兼勉強会の場で、Daniel Brolund氏がMikadoメソッドについてのプレゼンテーションを行った。これは酷いレガシーコードをリファクタリングして新たなゴールを目指していかなければならないアジャイルチームのためのシンプルな手法の提案である。

  • Ruby IDEのまとめ:JetBrainsがRubymine 4.0をリリース、Ruby for NetBeans 7.1も開発中

    JetBrainsがRuby IDEのRubyMineのバージョン4をリリースした。このリリースはパフォーマンス改善と多くの点で更なる改善と磨きにフォーカスしている。NetBeans 7.1では、コミュニティRubyサポートのプレビュー版が入手できるようになった。

  • Visual Studio 11のプレビュー: Agileサポート、グループコラボレーション、クローン検出

    VS11は、ユニットテスト、リファクタリング、開発チーム全体をまたぐコミュニケーションを容易にする新しいツールを提供する。これらの新しいコンポーネントは、開発者、テスターが成果物であるアプリケーションをデプロイして、維持するまで、みんなが恩恵を受けることができる。

BT