BT

InfoQ ホームページ Retrospectives に関するすべてのコンテンツ

  • プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

    Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

  • 反省会での心理的安全性

    インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • 継続的改善のためのデータ駆動思考

    組織は、継続的に改善するために、パフォーマンスを計測し、ビジネスの成果に行動を結びつける客観的な方法が必要だ。Avvoでは、自律的なチームモデルとふりかえりを実践し、データ駆動決定フレームワークを使う。このフレームワークは、継続的に改善するために、人々がよりよい決定と提案をするのに役立つ。

  • チームはそれぞれのケイデンスを持つべきか?

    先日のTwitter上で、作業計画用と学習および改善用、というように、チームが複数のケイデンス(cadence)を持つことの是非に関する議論があった。ケイデンスを分離することで、最適なケイデンスを検討する余地がチームに与えられる。適応性と自立性が向上し、よりよい成果を得られる可能性がある、というのだ。

  • Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

    スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

  • "Awesome Superproblem"にゲームで挑む

    "Awesome Superproblem"とは、巨大で複雑、かつ永続的で、コラボレーションを通じてのみ解決が可能な問題のことだ。コラボレーションを機能させる上で重要なのは本気のゲームだ。ゲームの参加者には、より優秀で永続性のある結果を生み出すために、自発的にゲームのルールに従うことが求められる。

  • レトロスペクティブに関する初の年次報告書を公開

    レトロスペクティブに関する初の年次報告書は、レトロスペクティブが現実世界でどのように使われているのかを深く理解できる。世界中から集まった275を越える調査回答を基にして、結果は、レトロスペクティブがチームコミュニケーションと生産性の改善を導き、信頼の環境を作るのに役立つことを示唆している。主な課題には、議論されるトピックがチームによって解決されず、人々が話すことを快く感じないという事実があった。

  • 組織的ハックでワークライフを改善する

    すべてを見える化する、ペアを組む、オープンフライデー、トレーニング予算なし。これらはSipgateでワークライフを改善してきた「組織的ハック」の一部だ。

  • アジャイルになるための学習

    アジャイルのパラダイムは、チームメンバーを特定の開発プロセスに順応するように強制する古典的なマネジメントのアプローチとは対象的に、プロセスを人間に適応させる。Batesonの学習モデルは、私たちがアジャイルを始める、アジャイルの手法にのっとる、アジャイル的となる、自らのアジャイルのアイデンティティとビジョンをもつのに役立つ。

  • 10%の自主タイムで学習を向上させる

    学習のためにチームで10%の時間を自主的に使えるようにすると、納品までの時間が減少し、品質やモチベーションが向上する。10%ルールでは、自分たちが重要だと思うことに取り組むために、チームに完全な自主性を与える。これにより、チームメンバの創造性を解放し、チームは潜在能力を成長させられるようになる。

  • レトロスペクティブを越える継続的改善

    継続的改善(continuous improvement)を望むならば,まずはレトロスペクティブから始める方法もあるが,マネジメントの変革や文化の改革,イノベーションによって,さらに先に進まなければならない。組織の変革を実現する上で最も重要なのは,新たな習慣を作り上げること,文化を変えること,この2つだ。

  • 大規模な組織にアジャイルを導入するには

    GlobalLogicでデリバリマネージャを務めるYuriy Koziy氏がAgile Eastern Europe 2016カンファレンスで講演し,組織の変革は上層部からではなく,チームのレベルから始めるべきだと主張した。氏は同じような考えを持つ技術マネージャとアジャイルコーチを集めて,変革のエージェントとして活動するグループを結成し,自らの組織を内部から転換したのだ。

  • スクラムによるソーラーカー開発

    Lean Kanban Benelux 2015カンファレンスでJeroen Molenaar氏は,オーストラリアのワールド・ソーラー・チャレンジで優勝したドイツのソーラーカーチームに,アジャイルコーチとして参加した経験に��いて講演した。

  • アジリティにおける自律性の意義

    自律性(autonomy)はSpotifyの中核的な基本理念のひとつだ。現場に可能な限り近い場所で,社員による意思決定が可能になる。同社のKristian Lindwall氏とCliff Hazell氏がAgile Greece Summit 2015で,自律性がアジリティの中心である理由を説明した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。