BT

InfoQ ホームページ スケーラビリティ に関するすべてのコンテンツ

  • インクリメンタルなアーキテクチャアプローチ

    世界中のアプリケーションのほとんどのうち、おそらく90%は、モノリシックなアプローチで動いている。オーバーエンジニアリングを避けるために、私たちはシンプルなアーキテクチャから始めて、必要に応じて進化させなくてはならない、Randy Shoup氏はReactive Summit 2018でこう語った。彼は最近発表したプレゼンテーションで、小さく始まり、やがて大規模でグローバルなインターネット会社に成長した企業での経験について説明した。

  • GithubエンジニアリングがMySQL高可用性のために新しいアーキテクチャを採用

    Github.comは、API、認証、Github.comのウェブサイトなど多くの重要なサービスのバックボーンとしてMySQLを使用している。Githubのエンジニアリングチームは、以前のDNSとVIPベースの設定をOrchestrator、Consul、Github Load Balancerに基づく設定に置き換え、スプリットブレインとDNSキャッシュの問題を回避した。

  • EdgemenshがP2Pアクセラレーションサービスを運用向けにロールアウト

    Edgemeshは、WebRTCプロトコルスイートをベースとした、P2PのWebアクセラレーションサービスである。従来ならばCDNで処理されるようなトラフィックの一部を、P2Pネットワーク上で共有されるブラウザベースのキャッシュにオフロードする機能を提供する。数ヶ月前に運用レベルでのリリースが行われたことで、その体験の一部を共有できるようになった。

  • データ準備のパイプライン:戦略、オプション、ツール

    データ準備は、データ処理および分析ユースケースの重要な1側面である。ビジネスアナリストやデータサイエンティストは、データの分析や機械学習モデルの開発ではなく、データの収集と準備に約80%を費やしている。Kelly Stirman氏は先週、Enterprise Data World 2017 Conferenceでデータ準備のベストプラクティスについて講演した。

  • マイクロサービスの長い歴史

    マイクロサービスは非常に長い歴史を持ち、多くの人が思うほど短くはない。SOAも90年代に発明されたものではない。私たちは、50年の間にサービスの背後にある核となるアイデアに取り組んできた。Greg Young氏は、マイクロサービスを扱うプレゼンテーションで、ロンドンで最近行われたマイクロサービスカンファレンスで説明した。

  • Gil Tene氏が講演でハードウェアトランザクショナルメモリを解説

    QCon New York 2016で行なわれたプレゼンテーション “Understanding Hardware Transactional Memory”で,Gil Tene氏は,ハードウェアトランザクショナルメモリ(HTM)について紹介した。概念としては古くからあったものの,やっと今,一般的なハードウェアとして利用できるようになったHTMの目的は,メモリの複数アドレスに対するアトミックな書き込みを可能にして,他のスレッドとの共同動作に矛盾を生じさせないことだ。

  • Erlang仮想マシンでLispを実現するLFE

    8年の開発期間を経て,Erlang仮想マシン(BEAM)上でLisp言語をサポートするLisp Flavoured Erlang(LFE)がバージョン1.0の安定版に到達した。開発者のRobert Virding氏は,Erlangの初期開発者のひとりでもある。現在のメンテナであるDuncan McGreggor氏に話を聞いた。

  • Microsoft、マイクロサービス構築のためのプラットフォームを公開

    MicrosoftがAzure Service Fabric (ASF)を発表し、そのプレビューを公開した。これはマイクロサービスを作成、実行、管理するための、ランタイムおよびライフサイクルマネジメントツールを含むクラウドプラットフォームだ。ASFマイクロサービスは、AzureもしくはWindows Serverのプライベートクラウドおよびホステッドクラウド上のオンプレミスにデプロイできる。将来はLinuxもサポートされるようだ。

  • GoogleがBorgの詳細を公開

    Googleが"Large-scale cluster management at Google with Borg"と題した論文を発表して,これまでほとんど語られなかった技術の詳細を明らかにした。

  • Gitの高可用性とスケーラビリティを実現するAtlassianのStash Data Center

    Atlassianが先頃リリースしたStash Data Centerは,オンプレミスソースコードとGitリポジトリの管理ソリューションであるStashに,高可用性と水平拡張性を加える展開オプションだ。ダウンタイムなしで新たなノードを追加可能とすることで,アクティブ-アクティブなクラスタリングと速やかなスケーラビリティを実現する。

  • NoSQLのスケーリングについてAlex Bordei氏が語る

    ネットワーク性能、仮想化、テストがNoSQLデータベースの性能やスケーラビリティの問題に対処する上での考慮点だ。Alex Bordei氏はNoSQLデータベースのスケーリングについて、性能の増強について書いている。氏はNoSQLデータベースの性能最適化のベストプラティクスについてのウェブキャストを共催している。

  • リアクティブマニュフェスト2.0についてMartin Thompson氏が語る

    9月に開催されたGOTOカンファレンスにて、リアクティブマニュフェストの第2版が発表された。Martin Thompson氏が新しい版が必要だった理由や旧版との違いについて語った。

  • AWSがAuto Scalingライフサイクルを拡張,フックを追加

    Amazon Web Serviceは先頃,Amazon EC2マネージドサービスのインスタンスのコントロールの改善を目的として,同社のAuto Scalingサービスにいくつかの機能追加を行った。Pending あるいはTerminatingへのライフサイクル状態遷移時,さらには実行中のインスタンスにも新設されるStandby状態を通じて,フックによるカスタム操作の実行が可能になる。さらにDetachInstances APIアクションによって,グループからインスタンスを削除することもできる。

  • TypeSafeのKevin Webber氏が語る,リアクティブシステムにおけるアクタベースの並行性

    先日のMediumの記事で,TypeSafeのKevin Webber氏は,リアクティブプログラミングについて,レス��ンシブでレジリエント,スケーラブルなシステム構築を支援する意味から,"単なる新たなトレンドではなく,現代のソフトウェア開発者が学ぶべきパラダイム"である,と論じた。さらに,リアクティブシステムにおいてもっとも有益な基盤となるのはアクタベースの並行性だ,とも述べている。

  • GoogleがMesaを公開 - 地理的レプリケーションと準リアルタイム性を備えた,スケーラブルなデータウェアハウス

    GoogleがMesaというデータウェアハウスを新たに公開した。Mesaは複数のデータセンタにスケールして,ペタバイト単位のデータを扱うと同時に,秒以下のオーダでのクエリ応答とACID特性を実現するシステムである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。