BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ スケーラビリティ に関するすべてのコンテンツ

  • Gitの高可用性とスケーラビリティを実現するAtlassianのStash Data Center

    Atlassianが先頃リリースしたStash Data Centerは,オンプレミスソースコードとGitリポジトリの管理ソリューションであるStashに,高可用性と水平拡張性を加える展開オプションだ。ダウンタイムなしで新たなノードを追加可能とすることで,アクティブ-アクティブなクラスタリングと速やかなスケーラビリティを実現する。

  • NoSQLのスケーリングについてAlex Bordei氏が語る

    ネットワーク性能、仮想化、テストがNoSQLデータベースの性能やスケーラビリティの問題に対処する上での考慮点だ。Alex Bordei氏はNoSQLデータベースのスケーリングについて、性能の増強について書いている。氏はNoSQLデータベースの性能最適化のベストプラティクスについてのウェブキャストを共催している。

  • リアクティブマニュフェスト2.0についてMartin Thompson氏が語る

    9月に開催されたGOTOカンファレンスにて、リアクティブマニュフェストの第2版が発表された。Martin Thompson氏が新しい版が必要だった理由や旧版との違いについて語った。

  • AWSがAuto Scalingライフサイクルを拡張,フックを追加

    Amazon Web Serviceは先頃,Amazon EC2マネージドサービスのインスタンスのコントロールの改善を目的として,同社のAuto Scalingサービスにいくつかの機能追加を行った。Pending あるいはTerminatingへのライフサイクル状態遷移時,さらには実行中のインスタンスにも新設されるStandby状態を通じて,フックによるカスタム操作の実行が可能になる。さらにDetachInstances APIアクションによって,グループからインスタンスを削除することもできる。

  • TypeSafeのKevin Webber氏が語る,リアクティブシステムにおけるアクタベースの並行性

    先日のMediumの記事で,TypeSafeのKevin Webber氏は,リアクティブプログラミングについて,レスポンシブでレジリエント,スケーラブルなシステム構築を支援する意味から,"単なる新たなトレンドではなく,現代のソフトウェア開発者が学ぶべきパラダイム"である,と論じた。さらに,リアクティブシステムにおいてもっとも有益な基盤となるのはアクタベースの並行性だ,とも述べている。

  • GoogleがMesaを公開 - 地理的レプリケーションと準リアルタイム性を備えた,スケーラブルなデータウェアハウス

    GoogleがMesaというデータウェアハウスを新たに公開した。Mesaは複数のデータセンタにスケールして,ペタバイト単位のデータを扱うと同時に,秒以下のオーダでのクエリ応答とACID特性を実現するシステムである。

  • .NETアクタモデル実装 - そのアプローチの違い

    Vaughn Vernon氏は先週,Akka APIをフォローした.NETアクタモデルツールキットDotseroを公開した。また今年初めには,アクタモデルを基盤としたOrleansフレームワークのプレビューがMicrosoft Researchから公開されている。twitterでの議論では,Microsoft ResearchでOrleansプロジェクトのリーダを務めるSergey Bykov氏と,OrleansとDotseroが採用したアプローチの違いについて議論した。

  • 結果整合性に代わるもの

    因果一貫性(Causal Consistency)モデルは分散システムにおいて結果整合性(Eventual Consistency)を代替するものだ。いずれのモデルに重きを置くかは,システムの要件とリスク許容度によって決めなければならない。

  • Facebook の決断:MVCはスケールしない。ならば Flux だ。

    MVC アーキテクチャは増大するニーズに応じてスケールすることができないため、Facebook社は、Fluxと呼ばれる別のデザインパターンを用いることを決断した。

  • MySQLを“ウェブスケール”にするためにFacebook, Google, LinkedIn,Twitterが協力

    Facebook、Google、LinkedIn、Twitterは共同でリレーショナルデータベースを“ウェブスケール”にするため、WebScaleSQLを立ち上げた。こ���は、MySQL 5.6 Community Editionのブランチだ。

  • HybridClusterが非営利ライセンスの無償化を発表

    HybridClusterは,同社のクラウドホスティングプラットフォームの非営利利用ライセンスを無償にすると発表した。同プラットフォームはLAMP(Linux, Apache, MySQL, PHP)アプリケーションをサポートし,同社独自のマルチプロトコルプロキシサーバである‘AwesimoeProxy’,軽量コンテナ,ZFSベースのストレージファブリックを組み合わせることで,高可用性と自動スケールを提供する。

  • スケーリング Dropbox

    賢いシステムアーキテクチャを最初から用意するのは難しい。成功的なスケーリングとは通計、自己洞察、効果的なビルド、提供プロセス、そして究極な変化に快適に対応出来ることにおいてもっと賢くなることを意味する。Rajiv Eranki氏は2013年開かれたRAMPコンファレンスでDropboxスケーリング成功の鍵について発表した。

  • 小から超大規模ウェブサイトまでのMySQL参照アーキテクチャ

    Oracleが発表した大規模な拡張性を備えたWebインフラストラクチャのためのMySQLリファレンスアーキテクチャ、ホワイトペーパーには、データストレージにMySQLを使用してWebサイトのさまざまな種類とサイズ向けの推奨トポロジが概要されている。

  • スケーリングに関する段階的考察

    Christopher Smith氏は先月,Scale 11x で行なった "スケールの5段階 (The Five Stages of Scale)" と題するプレゼンテーションで,Webアプリケーションのスケーリング問題解決に関する自身の考察を披露した。プレゼンテーションの中で氏が論証したのは,明確に定義されたコンポーネントを追加,あるいは最適化する段階的なスケーリングによって,Webアプリケーション全体の規模を拡大するアプローチだ。

  • Chef 11がハイパースケールに対応

    Opscodeは今月初めChef 11をリリースした。ハイパースケールなWeb運用の要求に応えるべく,拡張性の向上が図られている。サーバコアAPIはがすべてErlangで新たに書き直された一方,従来版との互換性も同時に確保されている。Erlangで書き換えられたことを表すためにOpscodeでは,コアサーバAPIの名称を "Erchef" に変更した。

BT