BT

InfoQ ホームページ Surveys に関するすべてのコンテンツ

  • Node.js 2017 エンタープライズにおけるユーザ調査結果

    Node.js Froundationは2017年度のユーザ調査の結果を公表した。エンタープライズからの興味の高まりがうかがえるものであった。Node.js Froundationは長期サポートバージョンにおけるエンタープライズカスタマーの増加は、LTS戦略がうまくいった証拠だと述べている。

  • Puppet Labsによる2017 State of DevOps Reportのリリース

    Puppet LabsのState of DevOps Report 2017が報告され、ハイパフォーマンスなITチームはより頻繁にデプロイメントを行い、より高速に障害のリカバリーを行なっていることが明らかになった。自動化、疎結合なアーキテクチャ、継続的デリバリーを促進するチームにより焦点が当てられている。変革的なリーダーシップとリーンな製品管理のプラクティスもハイパフォーマンスなチームの背後にある重要な鍵である。

  • プロジェクトマネジメントスキルの調査

    雇用者がプロジェクトマネジメントという職種にどのようなスキルが望ましいと考えているのか、そして、プロジェクトマネージャとして成功する資質とはなにか、についての調査がされた。InfoQはプロジェクトを管理するのに重要なスキルについて、また、ボスの好感度やリーダーシップのスキル、職場で惨めな思いをする理由と対処法、組織がアジャイルへ移行するためのプロジェクトマネージャの必要性についてインタビューをした。

  • State of Testing 2015報告書が公開

    “state of testing 2015 report”は,テストに関する今年の調査結果を公開した。PractiTestのJoel Montvelisky氏とTea-Time with Testersを主催するLalit Bhamare氏が取りまとめたものだ。テストの技術やプラクティス,自動化の採用状況に加えて,テスト担当者が直面している課題に関する見識を与えてくれる。InfoQは主催者である両氏にインタビューした。

  • DevOps採用の文化的問題

    RebelLabsを率いるOliver White氏が先日の記事で,DevOpsのメリットを明確に示す調査結果があるにも関わらず,IT組織のDevOps採用が困難であることを詳説している。InfoQは氏にインタビューするとともに,この問題に関する調査報告を再検討した。

  • VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表

    VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表した。今回もアジャイルの普及とトレンドを表す重要な指標となっている。

  • 幸せを計測し分析する方法

    企業は従業員の幸せに注力することには利点があるとレポートしてきた。では、私たちは何が従業員を幸せにするのか知っているのか。幸せのを計測し、その計測から教訓を得ている人がいる。

  • NoSQL の採用が増加 - 新たな調査から明らかに

    Couchbase が新たに実施した調査によると,企業における NoSQL ソリューションの採用率が上昇を見せている。巷に言われるように,これは NoSQL の年であることを示すものだろうか。開発現場での採用を進めている原動力は何なのだろう。

  • 2011年のITプロジェクトの成功の実態

    Scott Ambler氏は、氏が毎年行なっているITプロジェクトの成功に関する調査の結果を公開し、プロジェクトの結果に対する方法論の影響を分析した。Ambler氏は5つの異なる"開発パラダイム" - アドホック、イテレーティブ、伝統的方法/ウォーターフォール、アジャイル、リーン - がプロジェクトの結果にどのような影響を与えるのかを考察した。 Ambler氏の成功の定義は、あえて主観的なもの - 結果について顧客がどのように感じたか - を使っている。

  • ITプロジェクト : 400%の予算超過で得られるのは利益の25%

    ハーバードビジネスレビューに掲載されたFlyvbjerg氏とBudzier氏の研究は誰もが注目する内容だ。この研究によればITプロジェクトは考えられているよりも遥かに危険だ。

  • 2011年Eclipseコミュニティ調査

    Eclipse Foundationは年次のコミュニティ調査を発表した。この調査ではEclipseのエコシステムの様々な側面が明らかになったが、世界の開発者のバイアスの変化も反映している。DVCSの利用、モバイル開発プラットフォーム指向が増加しているようだ。

  • モバイルプラットフォームに関するデベロッパ意識調査結果

    Vision Mobileは「Mobile Developer Economics 2010 and Beyond」というレポートを発行した。このレポートには、最も重要な8つのプラットフォームで仕事をしている400人を超えるデベロッパの調査結果が含まれている。調査では、デベロッパがどのプラットフォームを好んでいるか、各プラットフォームにどれくらいのインストールベースとアプリ数があるのか、プラットフォームの学習とデバッグに要する時間などを明らかにしている。

  • どのようにしてアジャイルを競争相手と比較するか?

    チームや組織は仕事のやり方について、競争相手を使って評価したいと思うことがよくある。彼らは改善すべきところに注目して、よいフィードバックがあれば取り入れたいと思っている。Comparative Agilityアセスメントとはアセスメントツールであり、組織が次回のアジャイルの取り組みを計画するときに、その結果が役立つだろう。

  • トップクラスのスクリプト言語:PHP、Ruby、Python

    Evans Dataはスクリプト言語の調査結果を公表した。500名を超えるデベロッパおよびITの専門家がPHP、RubyおよびPythonを好んで選択している。企業におけるスクリプト言語の使用状況は、時代と共に変化した。各言語の利点および欠点について、その調査が概説している。

  • 開発の分散は品質の問題が生じるだろう

    「ロケーション間でのスキルレベルの違いによるソフトウェアの品質の問題」は世論調査結果からわかった最も興味深いことの一つであるが、この調査は2008年9月のReg読者調査で行われたものである。この調査の回答者は369人で、その内80%は分散ソフトウェア開発を直接経験していた。地理的には44%が英国、36%が米国、そして他の場所が20%に分かれていた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。