BT

InfoQ ホームページ User Experience に関するすべてのコンテンツ

  • Adobe FlashをHTML 5で代替するPixi.jsがWebGLを新たにサポート、クロスプラットフォームとインタラクティブアプリに対応

    Adobe Flashの標準ベースの代替品であるPixiJSが、レンダリングを高速化し、CPUの利用率を低減した、5番目のメジャーバージョンをリリースした。このPixiJS v5は、WebGL機能セットを新たなAPIで抽象化すると同時に、必要に応じてHTML5のcanvasにフォールバックする。これにより、WebGL APIを操作したり、デバイスの互換性に配慮する必要なく、リッチでインタラクティブなグラフィックス、クロスプラットフォームアプリケーション、ゲームを開発することが可能になる。

  • 目的を特定した人間中心のデザイン - Mileha Soneji氏に聞く

    ユーザを観察してユーザニーズを理解することは、解決すべき問題の明確化に有効だ、とMileha Soneji氏は主張する。ACE Conference 2019で氏が行った講演では、実用最小限のプロトタイプによる人間中心の設計が、より優れた洞察をより早く得る上で有用であること、問題をより小さな問題に分解することで、より単純な解決策を提案できること、などが示された。

  • Anime.js 3.0がリリース,新たなアニメーションオプションとドキュメンテーションWebサイトを提供

    Julian Garnier氏は先日,Anime 3.0をリリースした。3回目となる今回のメジャーイテレーションは,新たなアニメーションオプション,ES6モジュールと新ビルドプロセスのサポート,ドキュメントを充実させた新たなショーケースWebサイトなどが特徴だ。

  • InfoQが新しいデスクトップデザインをローンチ

    InfoQのデスクトップサイトを幾度と変更してきたが、InfoQが2006年に始まって以来、デザインの大規模な整備はこれで3回目となる。新しいデザインをお試しあれ。

  • 英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

    英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

  • Jeff Patton氏、アジャイルのプロダクトオーナシップを語る

    先日のAgile Indiaカンファレンスで行った基調講演で、Jeff Patton氏は、アジャイル開発がプロダクトのオーナシップにアプローチする方法を取り上げた。氏によれば、プロダクト管理はプロダクトオーナというスクラム用語が生まれる前に存在した規律であって、大部分のアジャイル組織においては、せいぜい形式的なアプローチとして採用されているに過ぎず、真のプロダクト管理が求められている。

  • Michael Ong氏に聞く - サイクリングとアジャイル、UXの価値

    Michael Ong氏はシンガポールに拠点を置く、製品およびユーザエクスペリエンスの専門家だ。氏はInfoQに、サイクリングとアジャイルに掛ける氏の情熱とその補完的な関係、ユーザエクスペリエンス設計における優れたリスニングスキルの重要性、シンガポールとインドネシアのハイテク産業の状況、Agile Indonesiaカンファレンスで実施予定の講演などについて話してくれた。

  • 学び、心理的安全、継続的デリバリの重要性:Agile on the Beach 2017

    アジャイルとポストアジャイルソフトウェア開発手法における最新の開発について議論を交わすため、英国Cornwellで開催されたAgile on the Beach 2017 カンファレンスに、何百という講演者、参加者がに集まった。

  • Googleのコグニティブへの投資:Cloud Speech APIが一般利用可能レベルに到達

    最近のブログ投稿において、Googleは自身のCloud Speech APIが一般利用可能(GA)となったことを発表した。このCloud Speech APIにより、開発者は動的な翻訳に加え、動画、画像、そしてテキストの解析のような、認識処理のための訓練済み機械学習を利用可能になった。Cloud Speech APIは昨年の夏にオープンβの形で開始された。

  • Spotifyでの大規模な実験

    A/Bテストの試行回数を増やして同時に多数の実験をしたい場合、自分たちのプロセスとプラットフォームに適応する必要があり、これは、文化にも影響を及ぼす可能性がある。制御された実験でプロダクトの研究をすることで実際に顧客がどのようにプロダクトを使っているかについてのアイディアをぶつけ、これらのアイディアがユーザーの振る舞いに影響を与えるかどうかをチェックできる。

  • スケーラブルなMVP(Minimum Viable Product)を構築するには

    MVP(Minimum Viable Product)の開発にはスケーラビリティに対する考慮が必要だ。MVPは技術的にスケーラブルでなくてはならない。MVPが多くのユーザの獲得に成功した時に素早く拡張できるよう,計画を持っておく必要がある。考えられるパフォーマンスボトルネックを認識し,MVP開発時に常識を働かすことが成功の秘訣だ,とUnboxdのCTOであるErik Duindam氏は言う。

  • ブリストルで開催されるGirl Geek Dinnerのイベントでインターフェイスとしての身体と身体を解釈することに関するトークが行われる

    Scott Logic社のTamara Chehayeb Makarem氏とJenny Gaudion氏は7月20日にイギリスのブリストルで開催されるGirl Geek Dinnerイベントでトークを行う予定であり、これは‘Body as Interface(インターフェイスとしての身体)’と‘Interpreting the body(身体を解釈する)’の話題のあいさつである。彼らはInfoQにテクノロジシステムによって身体は異なる方法でインターフェイスになりうること、私たちのUXについての考え方を変更し身体に基づいたデータをを解釈する必要があることについて話した。

  • Collision: オンラインハラスメントとマシンラーニング

    オンラインハラスメントは深刻な問題だが,キーボードの向こうでソフトウェアを開発するエンジニアや設計者たちは,必ずしもそれを意識していはいない。マシンラーニングの普及が進み,そのメリットを享受するテクノロジ企業が増え続ける一方で,実際には関連のないコンテンツを提示することが,ユーザをさらに遠ざける危険性もあるのだ。

  • マイクロサービスのデプロイメントに関する課題とは

    ElectricCloudは先日,マイクロサービスのデプロイメントに関する課題に関するパネルセッションを開催した。登壇者のひとりであるUsman Ismail氏はそのセッションを要約して,パネリストたちによって議論された問題点と,彼ら自身の経験を持ちにしたレコメンデーションのいくつかを紹介している。

  • Angular Material 1.0が登場

    Angular Material 1.0がリリースされた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。