BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ User Experience に関するすべてのコンテンツ

  • GitHub用にブラウザで長大なログを表示する

    色分けやグルーピング、検索、パーマリンク(permalink)を望むならば、ブラウザに長大なログを表示するのは難しい作業になる、とGitHubのエンジニアのAlberto Gimeno氏は言う。ReactとプレーンなJSライブラリをテストした後、同社が独自開発を決めたのは、このような理由からだった。

  • フィードバックを解析してユーザから学ぶ

    ユーザがフィードバックを容易に提供できて、そのフィードバックを自動収集可能にすれば、より多くのフィードバックを短期間に得られるようになる。AIを導入することにより、大量のフィードバックを解析して洞察を得ることや、トレンドを視覚化することも可能になる。こうして得た情報の共有が、プロダクトの拡張やユーザの抱える問題の解決といったアクションを広範にサポートするのだ。

  • レスポンシブデザインを越える“レスポンシブWebサイト” - Killian Valkhof氏のHalfStackでの講演より

    Web開発者にフォーカスしたPolypaneブラウザを開発したKilian Valkhof氏は、HalfStackカンファレンスで、Web開発者とデザイナがレスポンシブデザインから一歩進むことによって、さらに優れたユーザエクスペリエンスの提供を可能にする、新たな方法について講演した。最新のブラウザ機能を用いることで、ユーザの嗜好や環境、ネットワーク条件、デバイス機能に適応することが可能になるのだ。

  • クライアントサイドのビデオ編集の新しい提案

    Melanie Richards氏は、MicrosoftのEdgeチームが取り組んできたクライアント側のビデオ編集の提案について話し合った。この提案は、Web Platform Incubator Community Group(WICG)でインキュベーション段階にある。この提案は、劇的に高速なクライアント側のビデオ編集エクスペリエンスとより優れたパフォーマンスを実現することを目的としている。提案されたインターフェースには、ビデオをトリミングおよび連結するためのメソッドが含まれている。

  • HTMLコントロールの残されたアクセシビリティの問題

    HTML標準は、何年にもわたってアクセシビリティの進歩を続けてきた。しかし、開発者とデザイナは、<input/>、<select/>、<video/>などの一般的なHTMLコントロールに関するいくつかのアクセシビリティの問題を報告している。

  • IBMはEqual Access Toolkitを発表し、開発者に対してアクセシビリティを備えたアプリケーションの構築をサポート

    IBMは最近、IBM Equal Access ToolkitとAccessibility Checkerをリリースした。これら2つの新しいオープンソースツールキットは、設計者、開発者、テスターにWebサイトとアプリケーションにアクセスできるようにする一通りのツールを提供することを目的としている。

  • CSS Writing Modesが公式のWeb標準に

    World Wide Web Consortium (W3C) は先頃、CSS Writing Modes Level3が公式のWeb標準であることを発表した。新しいCSS標準を使用すると、開発者はテキストを水平または垂直にレイアウトするように構成したり、行を積み上げる方向を設定したりできる。CSS Writing Modesのおかげで、多数の言語のコンテンツをネイティブに表示できる。

  • EbayがAndroidアプリを再構築、App BundlesとDynamic Feature Deliveryを活用

    EbayはGoogleの協力の下で、自社のモバイルアプリのアーキテクチャと実装を刷新した。AAB(Android App Bundle)やKotlinといった、新しいアーキテクチャのメリットを活用することが目的だ。さらに、これを機会としてテスト自動化や継続的インテグレーションとデリバリ(CI/CD)の改善を行うとともに、世界的なインフラストラクチャの制限も克服した。

  • eBay Denmarkにおけるソフトウェア品質保証の取り組み

    品質とは、単に運用環境へバグを流出させないということだけではない。その他にも多くのことがある。品質とは、プロダクトがユーザフレンドリで、アクセスや利用が容易で、高いパフォーマンスと短いロード時間を実現していることだ。コードが安定していて、メンテナンスが容易なことも必要だ。Jette Pedersen氏はSwiss Testing Day 2020で、優れた品質のプロダクトを実現する方法について講演した。

  • Adobeのオープンソースのアダプティブでアクセス可能なカラーパレットジェネレーター

    @AdobeのデザインシステムSpectrumのデザイナーNate Baldwin氏が、オープンソースのカラージェネレーターであるLeonardo 1.0をリリースした。Leonardoは、コントラスト比に基づいて生成された色を使用して、アクセス可能なアダプティブカラーシステムの作成を自動化することにより、デザイナの生産性とエンドユーザエクスペリエンスの向上に努めている。Leonardoは完全なテーマ生成もサポートしており、デザイナとエンジニアの両方を対象としている。

  • すべてのエバーグリーンブラウザでWeb Animations APIがサポートされた

    Safari 13.1のリリースに伴い、Web Animations APIはすべてのエバーグリーンブラウザに同梱されるようになった。

  • Chrome 81 新しいARおよびNFC機能と再設計されたHTMLフォームコントロール リリース

    Googleは先頃、デスクトップとモバイルのChrome 81をリリースした。 この最新リリースは、新しい拡張現実(AR)機能と新しいNFC機能を提供し、再設計されたHTMLフォームコントロールも同梱されている。 再設計の目的は、フォームコントロールのルックアンドフィールを改善し、アクセシビリティとタッチサポートを改善することである。

  • よりよいユーザエクスペリエンスのためのデータフェッチパターン - Joe Savona氏のReat Confでの講演より

    Joe Savona氏がReact Confで、RelayとSuspenseを使ったユーザローディングエクスペリエンスの改善と、運用システムでSuspenseをデータフェッチに使用する中から見出したベストプラクティスについて��しく説明した。

  • WebExpo 2019 - テクノロジとAIを使って、医療を安価で誰でも使えるものに

    Babylon Healthのユーザ研究リーダであるAnna Zawilska氏がプラハのWebexpo 2019で講演し、テクノロジと人工知能(AI)を組み合わせた遠隔医療を提供した経験と、そこで得た教訓を公開した。その過程でBabylon Healthは、製品開発の基盤として同社が立案した、3つの重要な仮定を修正することになった。

  • プログレッシブJPEGとHTTP Rangeリクエストで遅延ロードを改善する

    Christoph Erdmann氏は先頃、Progressive JPEGとHTTP Rangeリクエストを駆使したイメージ遅延ロードの興味深いテクニックを取り上げた、詳細な説明記事を執筆した。他の画像プレースホルダや遅延読み込み手法とは異なり、Rangeリクエストを使用することによる余分な画像データのダウンロードを発生させることなく、オリジナルと同じような、小サイズのプレビューイメージを提供することが可能である。

BT