BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ VMWare に関するすべてのコンテンツ

  • SpringSourceのvFabricクラウドアプリケーションフレームワークプラットフォーム

    VMWorld 2010でVMWareが発表した新しい一連の製品は未来のエンタープライズクラウドコンピューティングのビジョンを支援する製品であり、運用やユーザの視点からは興味深いが、一方で開発者の視線はクラウドアプリケーションの開発と実行のためのSpingプラットフォームであるvFabricに注がれている。このプラットフォームの目的はspringを使ったエンタープライズアプリケーションと同等の使いやすいインフラを提供することだ。

  • 仮想化の流れが鈍化

    2010年の調査によると企業がデータセンターを仮想化する努力は鈍化したようだ。この調査はInformationWeekが行ったもので、年次で行っている調査の第2回目だ。主な調査結果は、約20%弱の企業が2011年までに25から49%のサーバを仮想化する予定で、10%弱の企業が50から74%のサーバを仮想化する予定だ。

  • SpringSourceがGemStoneの買収で分散型データキャッシングに焦点を合わせる

    今日、 VMwareは、 GemStone Systems, Incの買収を発表した。 Gemstoneは、VMwareの Springsource 事業部門に加わる。 Gemstoneの製品には、分散型のJava データキャッシュである GemFire がある。InfoQは、 SpringSourceのRod Johnson 氏と GemStone の Richard Lamb 氏にこれからの計画について聞いた。

  • MagLev Ruby VMが公開される、GemStoneの永続化をRubyに

    待望のGemStone SmalltalkをベースとするRuby実装、MagLevがついにパブリックアルファとして公開された。まだRailsを動かすことはできないが、RackやSinatraといったフレームワークをサポートしている。MagLevはGemStoneの成熟した分散処理と永続化機能の全面的なサポートとともにやってきた。

  • SpringSource Cloud Foundryが公開される

    Javaとクラウドの両技術の統合を常々推し進めている、SpringSourceが今日、SpringSource Cloud Foundryの公開を明らかにした。webサイトからJavaのwebアプリケーションをAmazon EC2のようなクラウドプラットフォームに容易に配信できる。

  • VMWareがSpringSourceを4億2000万ドルで買収 - 業界の反応は

    本日、VMWareはSpringSourceを買収することを発表した。買収金額は、約3億6200万ドルをキャッシュと株式により支払うのに加え、約5800万ドルのストック・オプション相当額がプラスされる。業界の反応は...

  • Gemfire Enterprise 6.0に追加されたソーシャルコンポーネント

    GemstoneはGemfire Enterprise 6.0をリリースしました。それは分散環境のdata fabricにあるリソースを継続的に監視するクラウドリソースコントローラとしての機能を備えます。またGemFireはアプリケーションがパフォーマンスパターンの変更を察知、積極的に別リソースを供給、予測可能なデータアクセススループット、待ち時間のリバランシングなどをキャパシティオーバーなく行えるようにできます。

  • VMware がクラウド用の OS、vSphere をローンチ

    VMware が発表したクラウド用オペレーティングシステムとの異名をとる仮想化ソリューション vSphere は、企業のデータセンタから社内クラウドへの転換を促し、仮想化市場において VMware を前進させる。

  • VMware、View Clientをオープンソースに

    VMwareは、そのView Clientソフトウェアをオープンソースにした。それは、LinuxクライアントからリモートWindowsデスクトップへの接続がVMware Viewで管理できるようにする。VMwareは、Windows XPまたはLinux以外のOSを使用して、x86以外のデバイスのクライアントを開発するパートナーを必要としている。

  • Article: 企業とSaaSの仮想化がもたらすのは、迅速性(アップ)だけではない

    この論文では、仮想化やクラウドサービスの複雑なメリットと実世界における応用を検討します。さらに重要なこととして、Contegixが複雑な問題の解決に仮想化を実装している方法や、仮想化を使うべきではないケースについて詳細を提供します。

  • Martin Fowler氏はデータストレージについての凍結した考えがほぐれてきたと考えている

    最近投稿したブログ記事の中で、ソフトウェアの思想のリーダーとして有名なMartin Fowler氏は、先日行われたQConで、アプリケーション・アーキテクチャの中でのデータベースに関する固く凍りついた考えがほぐれ始めていることに気づいたと書いている。

  • JRubyのクラスタリング - TerracottaによるJRubyの透過的なクラスタリング

    RailsConf 2008におけるMagLevデモで、Gemstoneの分散VMテクノロジーが発表された。このテクノロジーは、複数のGemstoneのVM間で同じオブジェクトメモリーを透過的に共有することを可能にする。

  • Article: 仮想化とセキュリティ

    仮想化にはたくさんの利点がありますが、かと言って、その上に実装するアプリケーションのセキュリティをないがしろにしてはいけないのです。

  • Article: 仮想化入門

    このArticleでは仮想化に関する利点と欠点を見ながら、仮想化の違いについて詳しく追っていきます。

  • VMware社は、ThinApp 4.0でアプリケーション仮想化分野へ参入する

    VMware社は、ThinApp 4.0をリリースした。これは、以前は、Application Virtualization Suiteと呼ばれていた製品である。VMware社が1月にThinstall社を買収した結果獲得した製品の初めてのリリースである。

BT