BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ W3C に関するすべてのコンテンツ

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • Microsoft、Google、MozillaがWebドキュメントで提携へ

    ブラウザの主要3ベンダが共同で、それぞれのWeb APIリファレンスドキュメントをMozillaのMDNに統一するとともに、今後の取り組みを支援するアドバイザリグループを立ち上げると発表した。このグループではMDNを、Webプラットフォームドキュメントおよびリファレンスのための唯一の正式資料(single point of truth)として運用を開始する。

  • GraphQL対REST - 考慮すべき点

    API Days Paris 2016でAmaud Lauret氏は、GraphQLとRESTful HTTP APIの比較ついて論じ、それぞれの長所と短所を概説した。どちらを採用すべきかは状況次第であり、この2つの間には数多くのトレードオフが存在する、というのがその結論だ。

  • React Fiber: Reactの新エンジンを詳査する

    Facebookは現在、人気のJavaScriptフレームワークであるReactを支援する、まったく新しいアーキテクチャに取り組んでいる。React Fiberと呼ばれるこの新デザインでは、ブラウザや他のレンダリングターゲットによる認識の応答性を改善するために、変更を検出するタイミングと方法が改められる。バージョン16でローンチされる予定のReact Fiberは、大部分のReactアプリに対して完全互換性を持つものになるはずだ。

  • MicrosoftがAzure Relay Hybrid Connectionsで新たにクロスプラットフォームをサポート

    マイクロソフトは先頃、Azure Relay Hybrid ConnectionsサービスがGA(General Availability)に達したことを発表した。WebSocketベースのこのサービスは、現在はWCF Relaysと呼ばれている、既存のAzure Service Bus Relayサービスを補完するものだ。

  • W3C Web of Thingsワーキンググループが活動を開始

    先頃設立されたW3CのWeb of Thingsワーキンググループが標準化作業を開始した。このワーキンググループ(WG)は、過去にWeb of Things Interest Group(IG)が実施した調査から生まれたものだ。

  • Apple、WebGPUという新しい3Dグラフィックス標準を提案

    AppleがWebGPUというブラウザ向けの新しいGPU APIを提案している。一方、GoogleはNXTという別のソリューションを開発中だ。

  • ChromeとFirefoxが安全でないサイトの警告を開始

    Chrome 56とFirefox 51から、パスワードやクレジットカードの入力フィールドを含む非HTTPSサイトを参照すると、ブラウザに警告が表示されるようになる。

  • HTTPSを推し進めるGoogle

    GoogleはセキュアでないサイトのChromeの機能を非推奨にしつつ、新しい機能をHTTPSだけサポートして、HTTPSをあまねく普及させたいようだ。

  • W3C Web Payments HTTP仕様のワーキングドラフトがリリース

    W3C Web Payments Working Groupの目標は,オンライン支払のフロー,API,メッセージを標準化することにある。それにより,支払メソッドに対する依存性の排除が可能になる。9月15日にHTTP APIとメッセージ仕様のワーキングドラフトが公開され,コメントの募集が開始された。

  • MozillaがWebサイトセキュリティ分析ツールのObservatoryを提供

    MozillaがWebサイトのセキュリティ分析ツールをローンチした。Observatoryという名のこのツールは,ガイダンスを求める開発者やシステム管理者を対象に,セキュリティのベストプラクティスの普及を支援する。

  • NGINXのリリースはアプリケーションセキュリティを目標にしている

    NGINX Plus R10がリリースされ、アプリケーションセキュリティの改善とネットワーク統合に焦点が当てられている。このリリースはJSON Webトークン(JWT)検証によるAPI認証をサポートし、楕円曲線暗号(ECC)証明書のサポートとともにSSL/TLSの性能改善を図っている。

  • Microsoft REST APIガイドラインはRESTfulではない

    Microsoftが「RESTful」なAPIを作成するためのガイダンスを公開した。Roy Fielding氏は、そのAPIを (RESTとほとんど関係ない) HTTP APIと見なしている。

  • Postman 3.0リリース : ファンダーへのインタビュー

    Postmanは人気のChromeアプリケーションで、APIのテスト、ビルド、文書化に使える。InfoQはPostmanのCEOであり、ファ���ンダーであるAbhinav Asthana氏にインタビューし、最新のリリースについて、読者がPostmanの理解を深められるよう、Postmanがどのように生まれたか、なぜAPI開発者に人気なのか、3.0で新しくなった点について、話を聞いた。

  • GoogleがQUICをIETF標準として提案予定

    Googleは先日、試験用のトランスポートレイヤネットワークプロトコルであるQUICをIETF標準として提案予定であることを発表した。さらに、GoogleはQUICの初期機能としてページロード時間短縮を可能にした。

BT