BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ W3C に関するすべてのコンテンツ

  • W3CがWeb of Things(WoT)勧告を完成

    W3Cは先日、新たなW3C勧告(recommendation)を発表した。IoTプラットフォームとアプリケーションに関わるWebインテグレーションを対象とした、Web of Things (WoT) ArchitectureとWeb of Things (WoT) Thing Description (TD)の2つである。

  • 高速なWebのためのAdaptive Loading

    Google Chromeチームは、ネットワーク速度、CPU、メモリ、その他ウェブプラットフォームシグナルに基づいて、コンポーネントの最適なバージョンをロード・レンダリングするためのAdaptive Loadingを発表した。

  • http-3-status

    HTTP/3はWeb上のネットワーク通信のための次世代プロトコルで、HTTP/1およびHTTP/2を部分的に置き換えることを目標とする。2月にチューリッヒで開催されるQUIC Working Groupミーティングを来月に控えた今、HTTP/3の実現するものや、現在のクライアント/サーバでのサポート状況を振り返るのは無駄ではないはずだ。

  • Apple、ServiceTalkをJavaコミュニティにオープンソース化

    AppleがServiceTalkをオープンソース化した。これはNetty上に共通の拡張可能なネットワーク抽象化を提供するJVMネットワークアプリケーションフレームワークだ。ServiceTalkが作られたのは、スレッド化やユーザビリティなどNettyが提供する低レベルの抽象化を改善するためだ。ServiceTalkをオープンソース化した目的は、Javaコミュニティからのコントリビューションが可能なビルディングブロックを提供することだ。

  • restQL V3がリリース

    マイクロサービスクエリ言語restQLの最新バージョンがリリースされた。コンテンツアグリゲーション、HTTPメソッドのサポート拡張、自己修復機能、node.jsアプリのバージョンアップなどの、注目すべき新機能が提供されている。全体的なパフォーマンス改善により、最新バージョンは、前バージョンに比較して最大2倍に速度が向上した。

  • W3C、没入型ハードウェアで直接WebインタラクションのためのWebXRドラフト仕様を公開

    World Wide Web Consortium (W3C)は先日、WebXRのドラフト仕様を公開した。WebXR Device APIは「Web上で、魅力的で、快適で、安全な没入型アプリケーションを構築する開発者が、様々なハードウェアのフォームファクタに対応できるようにするのに必要なインターフェイス」を提供する。

  • Tim Berners-Lee氏の分散IDプラットフォーム - Solid

    Solidは、WWWの考案者であるTim Berners-Lee氏の手による、新たな分散IDプラットフォームである。ユーザが自分自身のデータを所有し、よりよく管理するためのメカニズムを提供する。

  • Netflix、HTTPインタラクションライブラリPolly.JSを発表

    Netflixは、HTTPインタラクションを記録、再生、スタブするオープンソースライブラリ、Polly.JSのリリースを発表した。

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • Microsoft、Google、MozillaがWebドキュメントで提携へ

    ブラウザの主要3ベンダが共同で、それぞれのWeb APIリファレンスドキュメントをMozillaのMDNに統一するとともに、今後の取り組みを支援するアドバイザリグループを立ち上げると発表した。このグループではMDNを、Webプラットフォームドキュメントおよびリファレンスのための唯一の正式資料(single point of truth)として運用を開始する。

  • GraphQL対REST - 考慮すべき点

    API Days Paris 2016でAmaud Lauret氏は、GraphQLとRESTful HTTP APIの比較ついて論じ、それぞれの長所と短所を概説した。どちらを採用すべきかは状況次第であり、この2つの間には数多くのトレードオフが存在する、というのがその結論だ。

  • React Fiber: Reactの新エンジンを詳査する

    Facebookは現在、人気のJavaScriptフレームワークであるReactを支援する、まったく新しいアーキテクチャに取り組んでいる。React Fiberと呼ばれるこの新デザインでは、ブラウザや他のレンダリングターゲットによる認識の応答性を改善するために、変更を検出するタイミングと方法が改められる。バージョン16でローンチされる予定のReact Fiberは、大部分のReactアプリに対して完全互換性を持つものになるはずだ。

  • MicrosoftがAzure Relay Hybrid Connectionsで新たにクロスプラットフォームをサポート

    マイクロソフトは先頃、Azure Relay Hybrid ConnectionsサービスがGA(General Availability)に達したことを発表した。WebSocketベースのこのサービスは、現在はWCF Relaysと呼ばれている、既存のAzure Service Bus Relayサービスを補完するものだ。

  • W3C Web of Thingsワーキンググループが活動を開始

    先頃設立されたW3CのWeb of Thingsワーキンググループが標準化作業を開始した。このワーキンググループ(WG)は���過去にWeb of Things Interest Group(IG)が実施した調査から生まれたものだ。

  • Apple、WebGPUという新しい3Dグラフィックス標準を提案

    AppleがWebGPUというブラウザ向けの新しいGPU APIを提案している。一方、GoogleはNXTという別のソリューションを開発中だ。

BT