BT

InfoQ ホームページ ワークフロー/BPM に関するすべてのコンテンツ

  • マイクロサービス統合に共通する落とし穴 - Bemd Rücker氏によるQCon Londonプレゼンテーションより

    マイクロサービスアーキテクチャでは、すべてのマイクロサービスは独立したアプリケーションであり、独自のデータストレージを持ち、ネットワーク上で通信する。これは高度に分散化された環境を構築すると同時に課題も持ち合わせる — Bernd Rücker氏は、QCon London 2018で行ったプレゼンテーションでこのように説明し、マイクロサービス統合に共通する落とし穴と、その解決策としてのワークフローエンジンについて解説した。

  • RockScript: マイクロサービスをオーケストレーションするオープンソースのスクリプト言語と実行エンジン

    Tom Baeyens氏がRockScriptのプレビューをリリースした。マイクロサービスの統合とオーケストレーションのための、オープンソースのスクリプト言語とそのエンジンだ。RockScriptは、JavaScriptによく似た言語をそのエンジンで実行することにより、BPM(Business Process Modelling)と同じような方法で、マイクロサービスシステム内のトランザクション実行のコーディネーションを可能にする。

  • Microsoft FlowがチームとLUISを新たにサポート

    Microsoftは先頃,同社の一般向けワークフローサービスであるFlowで,チームのコントリビュートとフロー管理の一元化を可能にすると発表した。この新しい共有機能は,SaaSとカスタムAPI接続ににも展開される。これらコラボレーション機能に加えて,Gmailおよび同社の言語認識サービスLUISのFlowでのサポートも発表された。

  • Microsoft FlowがGA(General Availability)に到達

    Microsoftは先日,Microsoft FlowのGA(General Availability)を発表した。多くの人気あるオンラインおよびオンプレミスサービスと接続したワークフロー機能を提供する,クラウドベースのオートメーションプラットフォームだ。プレビュー版以来,61,000以上の組織の117,000人を越えるユーザが,このサービスを利用して自身のビジネスプロセスを自動化している。

  • Microsoftが一般向けクラウドワークフローツール”Flow"を提供

    Microsoftは2016年4月27日,Flowという名の新しい個人用ワークフローツールを発表した。一般的なSaaSベースサービス間の作業を統合することによる,個人作業の自動化に焦点を当てた,“IFTTT”風のツールだ。

  • かんばんを使ったITホスティング - 保険会社のケーススタディ

    Odile Moreau氏がLean Kanban Benelux 2015カンファレンスで,ある大手保険会社のアジャイル移行をケーススタディとして発表した。同社はITホスティングのチームを対象に,かんばんを採用したアジャイルの導入に着手している。InfoQは氏にインタビューして,同社の状況やかんばんを選択した理由,作業フローを管理し調整する上でかんばんをどのように利用しているかなどに加えて,かんばん導入から氏が得た教訓についても聞くことができた。

  • クラウドベースBPMにRESTfulは必要か

    ZapThinkのアナリストであるJason Bloomberg氏はクラウドベースのビジネスプロセスマネジメント(BPM)が、クラウドへ簡単に移行できない従来のBPMエンジンに対する脅威になると主張している。氏はこの記事でクラウドでのBPMの利用が提供する価値を説明するのではなく、クラウドBPMを適切に利用するにはRESTベースのサービスが必須だと警告している。ebizQのMichael Poulin氏はこの主張に反論し、RESTfulなサービスが必須がどうかに���いて説明している。

  • Microsoftは新しいベータリリースでレガシーWorkflow Foundationライブラリを廃止する

    先日のBlogでMicrosoftは、Windowsまもなくリリースされる.NET 4.5で Workflow Foundationテクノロジの第1世代オブジェクトを廃止することをアナウンスした。Windows Workflow Foundationは、Microsoftサーバー製品と同ように.NET開発者にワークフローエンジンを利用可能にしており、 .NET 4.5では、複数の新しい機能が追加されている。Microsoftサーバー製品の一部と同じように、.NET開発者にワークフローエンジンを提供するWindows Workflow Foundationは、.NET 4.5で複数の新しい機能を追加し、古い.NET 3.0オブジェクトをてこ入れするアプリケーションを公式に提供することを通知した。

  • Windows Workflow Foundation 4.5、バージョニングサポートおよびデザイナの改善

    昨年のMicrosoftのBuildカンファレンスで発表されたWindows Workflow Foundation (WF) 4.5は、2010年初めにWF4がリリースされて以来、最初のメジャーアップデートになる。このリリースにはC#によるExpression、バージョニングのサポート、大規模ワークフロー管理の改善が含まれている。

  • Activiti 5.0 GA、Apache 2ライセンスの BPMN 2 Engine がリリース

    Alfresco がApache2 ライセンスによるBPMN 2.0 の実装である、Activiti エンジンのバージョン5.0 Gaをリリースした。InfoQは、プロジェクトを率いている Tom Baeyens 氏に、新リリースについて聞いた。氏はまた、 jBPMプロジェクトのクリエータであり、以前のプロジェクト リーダーである。

  • AlfrescoがApache 2ライセンスのBPMエンジンであるActivitiプロジェクトを発表

    Alfrescoは、前のjBPMのリードであるTom Baeyens氏が率いる、Apache 2ライセンスを採用したオープンソースのビジネスプロセス管理エンジンであるActivitiを発表した。

  • Drools 5.0-ワークフローとイベントプロセッシングをサポート

    オープンソースビジネスロジック統合プラットフォームとして最新バージョンのDroolsではワークフローとイベントプロセッシングをサポートしている。 Drools開発チームは最近、Drools 5.0 最終バージョンのリリースを発表した。主な動きとして、Drools 5.0は単純なルール指向システムとしてではなく、ナレッジ指向システムということにフォーカスをあてている。新しいバージョンはGuvnor、 Expert、FusionとFlowと呼ばれる4つのモジュールで構成している。

  • WSO2の新OSGiベースSOAプラットフォームについて、Fremantle氏とWeerawarana氏が語る

    Open Source SOAソフトウェアベンダーWSO2は、Apache Software FoundationのWebサービスプロジェクトの推進要因である。近ごろWSO2 Carbonと呼ばれる「業界初の完全に部品化されたサービス指向アーキテクチャ(SOA)フレームワーク」を発表した。InfoQは、このリリースの重要性について、WSO2の創設者であるPaul Fremantle氏およびSanjiva Weerawarana氏に話を聞いた。

  • Microsoftの新しいワークフロー、サービス、モデル

    Cappell & AssociatesのDavid Chappell氏の新しいレポートが、Microsoftの最新技術ーWF 4.0、Dublin、Osloーについていち早く伝えている。

  • Nova Bonita ー Bonita 4.0がリリース

    2年間の開発を経て、Bonita 4.0(Nova Bonitaとも呼ばれる)のリリースがBonitaプロジェクトチームから発表された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。