BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ワークフロー/BPM に関するすべてのコンテンツ

  • クラウドベースBPMにRESTfulは必要か

    ZapThinkのアナリストであるJason Bloomberg氏はクラウドベースのビジネスプロセスマネジメント(BPM)が、クラウドへ簡単に移行できない従来のBPMエンジンに対する脅威になると主張している。氏はこの記事でクラウドでのBPMの利用が提供する価値を説明するのではなく、クラウドBPMを適切に利用するにはRESTベースのサービスが必須だと警告している。ebizQのMichael Poulin氏はこの主張に反論し、RESTfulなサービスが必須がどうかについて説明している。

  • Microsoftは新しいベータリリースでレガシーWorkflow Foundationライブラリを廃止する

    先日のBlogでMicrosoftは、Windowsまもなくリリースされる.NET 4.5で Workflow Foundationテクノロジの第1世代オブジェクトを廃止することをアナウンスした。Windows Workflow Foundationは、Microsoftサーバー製品と同ように.NET開発者にワークフローエンジンを利用可能にしており、 .NET 4.5では、複数の新しい機能が追加されている。Microsoftサーバー製品の一部と同じように、.NET開発者にワークフローエンジンを提供するWindows Workflow Foundationは、.NET 4.5で複数の新しい機能を追加し、古い.NET 3.0オブジェクトをてこ入れするアプリケーションを公式に提供することを通知した。

  • Windows Workflow Foundation 4.5、バージョニングサポートおよびデザイナの改善

    昨年のMicrosoftのBuildカンファレンスで発表されたWindows Workflow Foundation (WF) 4.5は、2010年初めにWF4がリリースされて以来、最初のメジャーアップデートになる。このリリースにはC#によるExpression、バージョニングのサポート、大規模ワークフロー管理の改善が含まれている。

  • Activiti 5.0 GA、Apache 2ライセンスの BPMN 2 Engine がリリース

    Alfresco がApache2 ライセンスによるBPMN 2.0 の実装である、Activiti エンジンのバージョン5.0 Gaをリリースした。InfoQは、プロジェクトを率いている Tom Baeyens 氏に、新リリースについて聞いた。氏はまた、 jBPMプロジェクトのクリエータであり、以前のプロジェクト リーダーである。

  • AlfrescoがApache 2ライセンスのBPMエンジンであるActivitiプロジェクトを発表

    Alfrescoは、前のjBPMのリードであるTom Baeyens氏が率いる、Apache 2ライセンスを採用したオープンソースのビジネスプロセス管理エンジンであるActivitiを発表した。

  • Drools 5.0-ワークフローとイベントプロセッシングをサポート

    オープンソースビジネスロジック統合プラットフォームとして最新バージョンのDroolsではワークフローとイベントプロセッシングをサポートしている。 Drools開発チームは最近、Drools 5.0 最終バージョンのリリースを発表した。主な動きとして、Drools 5.0は単純なルール指向システムとしてではなく、ナレッジ指向システムということにフォーカスをあてている。新しいバージョンはGuvnor、 Expert、FusionとFlowと呼ばれる4つのモジュールで構成している。

  • WSO2の新OSGiベースSOAプラットフォームについて、Fremantle氏とWeerawarana氏が語る

    Open Source SOAソフトウェアベンダーWSO2は、Apache Software FoundationのWebサービスプロジェクトの推進要因である。近ごろWSO2 Carbonと呼ばれる「業界初の完全に部品化されたサービス指向アーキテクチャ(SOA)フレームワーク」を発表した。InfoQは、このリリースの重要性について、WSO2の創設者であるPaul Fremantle氏およびSanjiva Weerawarana氏に話を聞いた。

  • Microsoftの新しいワークフロー、サービス、モデル

    Cappell & AssociatesのDavid Chappell氏の新しいレポートが、Microsoftの最新技術ーWF 4.0、Dublin、Osloーについていち早く伝えている。

  • Nova Bonita ー Bonita 4.0がリリース

    2年間の開発を経て、Bonita 4.0(Nova Bonitaとも呼ばれる)のリリースがBonitaプロジェクトチームから発表された。

  • BPM製品は将来のために機能性を強化

    Dennis Byron氏によると、ベンダーの最近の調査で、すべてのBPMベンダーが、ワークフローとストレートスループロセッシングや、インターネットとイントラネットなどの区別をなくして、「ビジネスプロセスマネジメント(BPM)はあらゆるタイプのビジネスプロセスを自動化する必要がある」ということに同意している。

  • Article: InfoQがBPEL4PEOPLEの代表と対談

    恒例の「バーチャルパネルセッション」で、InfoQは新しいOASIS BPEL4People技術委員会の代表と対談をし、この作業が何故必要であるかについて彼らのフィードバックを得る機会を得ました。

  • ベールを脱いだOracleのSOA製品戦略

    先月Oracle Integration担当製品管理バイスプレシデントのDavid Shaffer氏がOracle-BEA製品の戦略とSOA/BPM(ビジネスプロセス管理)のロードマップを示した。氏によるとOracleはSOA市場で先んじていることが3つあると考えているという。

  • Article: F#の土台を越えて - 非同期ワークフロー

    今回の記事では、非同期ワークフローと呼ばれるワークフロー機能の面白い使用法を考察しますが、非同期ワークフローは.NETの非同期プログラミングモデルを単純化することを目的としています。

  • 私たちはBPMN 2.0に何を期待できるか?

    Process Modeling Notation(BPMN)は今日のプロセスデザインツールのすべてに普及している表記法である。BPMNはOMGによって採択された一般標準であり、たとえばAquaLogic BPM 6.1など、新しい実装で市場に参入し続けている商用およびオープンソース両方のBPMSツールベンダーに広く受け入れられている。

  • プロセス仮想マシンについてTom Baeyensに訊く

    jBPMプロセス仮想マシンにおける最新のアルファリリースで、JBossは「複数の定義言語をサポートしたプロセス実行エンジン」と言うビジョンの現実に近づいた。

BT