BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Apache Tomcat に関するすべてのコンテンツ

  • MuleSoftのCloudCatがAmazon EC2およびGoGridクラウドでのWebアプリケーション開発をサポート

    CloudCatと呼ばれるMuleSoftのApache Tomcatコンテナのクラウド・サービス・オファリングでは、仮想イメージが提供される。これにより、開発者およびQAチームはクラウド環境でのWebアプリケーションの構築やテストが可能になる。MuleSoftは、先ごろCloudCat製品のリリースおよびクラウド・インフラストラクチャのホスティング・プロバイダであるGoGridとのパートナーシップを発表した。

  • MuleSoftがTomcatベースのTcat Serverおよび統合フレームワークiBeansをリリース

    MuleSoft(旧MuleSource)によるApache TomcatベースのアプリケーションサーバTcat Serverが今日(2009年10月8日)リリースされた。InfoQはMuleSoftのMahau Ma氏、Greg Schott氏、Ross Manson氏と話す機会を得て、Tcat ServerおよびiBeansと呼ばれる新しい統合フレームワークのことを聞いた。

  • Google App EngineにJettyを採用

    Google App Engineが当初使っていたウェブサーバ/サーブレットコンテナはApache Tomcatだった。しかし最終的にJettyへと変更された。InfoQはJettyの開発元企業であるWebtideのチームに今回の決定の事情について詳細を聞いた。

  • JavaのAptana Cloud Connect

    先日、EclipseのPython統合開発環境PyDevのディベロッパであるAptanaは、Aptana Cloud Connectによるクラウド・サポートが利用可能になることを発表した。Aptana CloudはAmazon EC2とその他のクラウド環境間でポータブルな総合的クラウド・ホスティング・サービスである。

  • dynaTrace 3 がグローバル・トランザクション追跡、クラウド・サポート、オープン・ソース・プラグイン・モデルの特色を備える

    dynaTrace softwareは先日、dynaTrace 3のリリースを発表した。dynaTrace softwareはアプリケーション・パフォーマンス監視(APM、Application Performance Monitoring)ベンダで、アプリケーション・コードおよび環境設定(スレッド・プールや接続プールなど)双方のパフォーマンス問題に関する知識を Javaおよび.NETディベロッパに提供している。

  • Apache Tribesを使った不均質なクラスタでの通信をFillip Hanik氏が語る

    Apache TrbesはTomcatのサーバクラスタでグループ通信をおこなうためのTomcatモジュールだ。Filip Hanik氏はさまざな種類のサーバから成るクラスタの課題と、Tomcatクラスタに必要なグループ通信をTribesがどのようにサポートするかについて発言をしている。

  • Javaデベロッパの64%に使用されているTomcat

    BZ Researchが行った最近の調査によって、Apache TomcatはJavaコミュニティで最も多く使用されているアプリケーションサーバであるということが明らかになった。クラスタリング、セッションレプリケーション、そしてJMXベースのサーバモニタリングとマネジメントのサポートを備えていることによって、Tomcatコンテナは他のアプリケーションサーバに比べてデベロッパたちから多大な人気と支持を得た。またIBM WebSphereとRedHat JBossアプリケーションサーバが2位、3位に続いている。

  • Apache Geronimo 2.0: Java EE 5対応が認定される。

    オープンソースJava Enterprise Edition(JavaEE)アプリケーションサーバであるApache Geronimoのバージョン2.0.1が最近発表された。 InfoQは更なる調査に踏み込み、またそれがサーバスペースのどこに適合するのかApache Geronimoの核心に迫った。

BT