BT

InfoQ ホームページ F# に関するすべてのコンテンツ

  • C# と F# のデフォルトインターフェイスメソッドにおけるアップデート

    議論が盛り上がっているデフォルトインターフェイスメソッド機能はF#でも検討されている。しかしこの機能は .NET Core に限定される可能性があり、提案全体は危機に瀕している。

  • F# 4.5の新機能

    プレビュー版として提供されているF# 4.5では、いくつもの新しい機能が提供されている。例えば、.NET Core 2.1のサポート、プリミティブ型のSpan、新しいキーワードMatch!などだ。

  • Fake 5が.NET Coreをサポート

    数ヶ月間のプレビュー期間を経て、Fake 5が先頃リリースされた。この.NETアプリケーション用ビルドツールの新バージョンでは、コアが新たに書き直されただけでなく、多くの内部的な改良や機能が加えられている。メンテナのMatthias Dittrich氏に連絡を取り、すべての変更点や機能についての詳細を聞いた。

  • VS2017 15.8プレビュー2でCPUプロファイリング、F#サポートが改善

    MicrosoftのVisual Studio 2017 15.8の2番目のプレビュー版では、デバッグツールのCPUプロファイラの機能が強化されている。より高速なIntelliSenseやいくつかのバグ修正など、F#向けのサポートについて重要な変更がいくつか行われた。

  • SAFEスタックによるF# Webデプロイメント

    SAFEスタックは、Webアプリケーションを開発するためのF#ライブラリのセットだ。Tomasz Heimowski氏はこのスタックを、先日のF# eXchange 2018でのライブコーディングセッションで発表し、講演用の評価アプリケーションの作成とデプロイを行って、すべてのエクスペリエンスを実演してみせた。

  • F#機能が強化されたVisual Studio 15.6 Preview 4

    MicrosoftのVisual Studio 15.6がさらなる進化を遂げている。F#サポートの改善に重点を置いた4回目のプレビューがリリースされた。

  • F#の2017年を振り返る

    2017年、F#はバージョン4.1に到達した。.NET Core 2.0リリースと時を同じくしたことを大きな理由に、ユーザコミュニティは拡大し、ツーリングとカンファレンスでの存在感も増している - MicrosoftプログラムマネージャのPhillip Carter氏は、このように記した。

  • Visual Studio 2017 15.5 Previewは、F# CoreとStandardサポートを追加した

    Microsoftは バージョン1のプラットフォームがリリースされてから.NET Core上でF#をサポートしてきた。; C#とVB.NETのような.NET Core言語と比較してツール機能は遅れている。Visual Studio 2017 15.5 Preview 4リリースの変更でF#が.NET Coreと.NET Standardのターゲットになった。

  • ASP.NET Core と F#で動作するGiraffe

    Giraffeは、F#でWebアプリケーションを構築できるマイクロフレームワークである。Webフレームワーク向けのF# APIを提供し、ASP.NET Core上で動作する。Giraffeは、F#でWebアプリケーションを構築したい開発者に対して、ASP.NET Coreとそのエコシステムを活かすことができる。

  • 最初のFableConfに合わせてFable 1.2を発表

    最初の安定版リリースから3ヶ月、コミュニティ主導のF#からJavaScriptへのコンパイラFableがバージョン1.2になった。ちょうど、Fableを用いたF#によるWeb開発のための最初のカンファレンス、FableConf 2017が開催されるタイミングだ。

  • MicrosoftがF#のサポートを改めて表明

    MicrosoftでそれぞれC#とF#のプログラムマネージャを務めるMads Torgersen氏とPhilip Carter氏が、F#の使用を勧める記事を公開した。Build 2017でのF#に関するプレゼンテーションのフォローアップである同記事の中で両氏は、MicrosoftがF#導入時における障害を排除したいと望んでいること、およびVisual Studio 2017で提供されるF#の改善点について述べている。

  • Elmによって実現した無停止システム

    QCon London 2017において、noredinkのソフトウェアエンジニアで、Manningから“Elm in Action”という自書を著したRitchard Feldman氏が、Elmへの変更を決断したことによって10万コード行のシステムが2015年以来一度も運用障害を起こしていないという、同社の状況に関して解説した。今回の記事では、その要点を簡単にまとめてお届けする。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第2日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第2日がフィラデルフィアで開催された。この2日間のイベントは、Blair MacIntyre氏(拡張現実の第一人者)とScott Hanselman氏(ポッドキャスタ、Microsoftプリンシパル・プログラムマネージャ)の基調講演に始まり、Kyle Daigle(GitHubエンジニアリングマネージャ)、Holden Karau(IBMプリンシパル・ソフトウェアエンジニア)、Karen Kinnear(Oracle JVMテクニカルリーダ)各氏による講演が行われた。

  • RiderのF#サポートについての詳細

    JetBrainsのディベロッパーエヴァンジェリストであるMarteen Balliauw氏はRiderでのF#サポートについての詳細を公開した。機能は一般へのEAPの発表よりも詳細に説明されており、次のリリースへの計画も含まれている。

  • FreyaでF#のウェブサーバを作る

    FreyaはF#のウェブフレームワークであり、HTTPのプリミティブと並列性に特化している。テンプレート処理のようなインターフェースの構築機能は持っていない。F# eXchange 2017でMarcus Griep氏がFreyaを紹介した。氏はこのフレームワークの中核となるモデルについて説明した。また、性能と並列性で活用できる仕組みを紹介した。HopacとKestrelとの統合についてだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。