BT

InfoQ ホームページ F# に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft .NET Conf 2020: .NET 5、C# 9.0、F# 5.0など

    先週オンラインでストリーミングされた.NET Confの2020エディションで、Microsoftは、待望久しい.NET 5と、.NET言語の新たなメジャーバージョン(C# 9、F# 5)、ASP.NET 5、EF Core 5.0をリリースした。Visual Studio 2019の新バージョンもリリースされた。.NET 5のサポートとGitツーリングの改良が行われている。BlazorやProject Tyeなどのツールやフレームワークに関するセッションも実施された。

  • Fabulousにより、F#でiOS向けとAndroid向けの宣言型クロスプラットフォームUIが構築可能に

    最近のチャンネル9のショーで、F#デザイナーでアーキテクトのDon Syme氏とFabulous運用担当のxxxはFabulousを紹介した。Fabulousは、Xamarin.Formsをベースとしたクロスプラットフォームのモバイルアプリとデスクトップアプリの開発を目的としたコミュニティ主導のF#フレームワークである。

  • Microsoft .NET Conf 2019 - .NET Core 3.0、C# 8.0、F# 4.7、マシンラーニング

    今週始めにオンラインストリーミングされた.NET Conf 2019 Editionでは、.NETエコシステムの新機能がいくつか発表されている。.NET Core、ASP.NET、EF Core 3.0、さらにC# 8.0とF# 4.7もリリースされた。これら新リリースは、Windowsデスクトップ、Web、モバイルアプリケーションの開発方法に大きな影響を与えるものだ。Visual Studio 2019の新機能とツールも紹介されている。

  • MicrosoftがApache Spark向けの高性能C#およびF#サポートをリリース

    Microsoftは、Apache Spark用の.NETのリリースを発表し、ビッグデータ計算エンジンに新しい高性能のC#とF#のバインディングを追加した。

  • F# 5のnull許容参照型

    C# においてnull許容参照型が導入されれば、.NET開発者によるコードの書き方がasync/await以来最も大きく変化することになる。null許容参照型が正式に利用可能になったなら、この機能を正しく動作させるために、null許容の注釈を付けて更新しなければならないライブラリーが無数にある。そして相互運用性を保証するため、F# も同じように対応する必要がある。

  • F# 4.6がリリース、匿名レコード型と性能向上

    .NET Core 2.2の最新リリースで利用可能になったF# 4.6の最も重要な変更は匿名レコード型の導入である。さらに、Visual Studio 2019のF# コンパイラーチェーンは、中~大規模プロジェクトのパフォーマンスがいくつかの面で向上した。

  • C# と F# のデフォルトインターフェイスメソッドにおけるアップデート

    議論が盛り上がっているデフォルトインターフェイスメソッド機能はF#���も検討されている。しかしこの機能は .NET Core に限定される可能性があり、提案全体は危機に瀕している。

  • F# 4.5の新機能

    プレビュー版として提供されているF# 4.5では、いくつもの新しい機能が提供されている。例えば、.NET Core 2.1のサポート、プリミティブ型のSpan<T>、新しいキーワードMatch!などだ。

  • Fake 5が.NET Coreをサポート

    数ヶ月間のプレビュー期間を経て、Fake 5が先頃リリースされた。この.NETアプリケーション用ビルドツールの新バージョンでは、コアが新たに書き直されただけでなく、多くの内部的な改良や機能が加えられている。メンテナのMatthias Dittrich氏に連絡を取り、すべての変更点や機能についての詳細を聞いた。

  • VS2017 15.8プレビュー2でCPUプロファイリング、F#サポートが改善

    MicrosoftのVisual Studio 2017 15.8の2番目のプレビュー版では、デバッグツールのCPUプロファイラの機能が強化されている。より高速なIntelliSenseやいくつかのバグ修正など、F#向けのサポートについて重要な変更がいくつか行われた。

  • SAFEスタックによるF# Webデプロイメント

    SAFEスタックは、Webアプリケーションを開発するためのF#ライブラリのセットだ。Tomasz Heimowski氏はこのスタックを、先日のF# eXchange 2018でのライブコーディングセッションで発表し、講演用の評価アプリケーションの作成とデプロイを行って、すべてのエクスペリエンスを実演してみせた。

  • F#機能が強化されたVisual Studio 15.6 Preview 4

    MicrosoftのVisual Studio 15.6がさらなる進化を遂げている。F#サポートの改善に重点を置いた4回目のプレビューがリリースされた。

  • F#の2017年を振り返る

    2017年、F#はバージョン4.1に到達した。.NET Core 2.0リリースと時を同じくしたことを大きな理由に、ユーザコミュニティは拡大し、ツーリングとカンファレンスでの存在感も増している - MicrosoftプログラムマネージャのPhillip Carter氏は、このように記した。

  • Visual Studio 2017 15.5 Previewは、F# CoreとStandardサポートを追加した

    Microsoftは バージョン1のプラットフォームがリリースされてから.NET Core上でF#をサポートしてきた。; C#とVB.NETのような.NET Core言語と比較してツール機能は遅れている。Visual Studio 2017 15.5 Preview 4リリースの変更でF#が.NET Coreと.NET Standardのターゲットになった。

  • ASP.NET Core と F#で動作するGiraffe

    Giraffeは、F#でWebアプリケーションを構築できるマイクロフレームワークである。Webフレームワーク向けのF# APIを提供し、ASP.NET Core上で動作する。Giraffeは、F#でWebアプリケーションを構築したい開発者に対して、ASP.NET Coreとそのエコシステムを活かすことができる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。