BT

InfoQ ホームページ ガバナンス に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルの世界におけるコンプライアンスとは

    コンプライアンスとは、自分が正しいことをしていること、そして、それを証明できることだ。アジャイルの頻繁なデリバリでは、デリバリプロセス内にコンプライアンスを構築することが必要になる。コンプライアンス義務をDevOpsチームの責務の一部とすることで、その成功の可能性を高めることができる。

  • 働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

    15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

  • Enterprise Ethereum Allianceがビジョンペーパーを発表

    新しく立ち上げられたEnterprise Ethereum Alliance (EEA)が “ユーザーや利害関係者がEnterprise EthereumプロトコルをサポートしたEthereumプロトコルへの進歩を提案し実装し、まとめる”ためのビジョンペーパーを発表した。このペーパーでは、EEAはプラガブルコンセンサス、ガバナンス、相互運用性、Ethereumプロトコルのアップデート、ソースコードの実行、ストレージ、パフォーマンス最適化などの幅広いトピックを扱っている。

  • 21世紀型のリーダーシップ: アジャイルでの挑戦

    この記事は21世紀型のリーダーシップについての連載の最初の記事だ。今回はINGのHendrik Pothof氏とAxis into ManagementのMichael Bres氏のアジャイルの環境でのリーダーシップチャレンジについての話を取り上げる。

  • Node.jsとio.js、Node Foundationのもと統合へ

    io.jsのテクニカルコミッティが今度のNode Foundationに参加することを投票で決めた。プロジェクトの名前はNode.jsだが、io.jsのリポジトリがベースになる。

  • 自己組織化されたアジャイルチームを確立する

    アジャイルでは、チームが自己組織化されることが推奨される。では、自己組織化とは何なのか、チームが自己組織化できるようになるために企業は何ができるだろうか。

  • 組織の"液体化"によるアジリティ向上

    組織のアジリティを向上して,高い適応性と応答性を備えるための方法が求められている。その新たな波として,組織を管理し,透明性と自己組織化をサポートするための現代的な手法が注目を集めている。LiquidOは,組織の行動や判断を体系化し,組織のメンバを信頼することによって,全メンバがマネジメント活動の一部を担うことを可能にするという,組織的なガバナンスモデルである。

  • 実践のための透明性と自己統制型管理の展開

    Lean Kanban France 2014カンファレンスでBjarte Bogsnes氏は,"脱予算(Beyond Budgeting)"をテーマとした基調講演を行った。プレゼンテーションの中で氏は,従来の管理方法の問題点,透明性と自己統制型管理による問題解決,予算編成より優先すべき原則とプラクティスについて語った。

  • 方針管理を用いたアジャイルのスケーリング

    企業がアジャイルのスケーリングを図るとき,戦略定義や方向性の管理,体制維持のためにアジャイル的な手法を求める場合がある。展開と組織構造の維持が今日の課題だ,とPierre Neis氏は指摘する。氏はLean Kanban France 2014カンファレンスで,世界的規模の企業がアジャイルに移行する上で,方針管理(Hoshin Kanri)の導入が果たした役割について講演を行った。

  • アーキテクチャでアジャイルを管理する

    アムステルダムで行われたAgile GovernanceカンファレンスでJan van Santbrink氏は,アジャイルの考え方と共存する上で,アーキテクチャがガバナンスにおいて担うべき重要な役割についてプレゼンテーションを行った。アジャイルとアーキテクチャが連携しなければならない理由は何か,アジャイルの意思決定に対してアーキテクチャはどのような支援を行い得るのか,アーキテクチャを実践する開発のメリットは何か。InfoQは氏にインタビューして,これらを確かめることにした。

  • 企業におけるアジャイルとリーンを活用したサービス管理

    アジャイルソフトウェア開発やスクラムは企業が本当にアジャイルの約束を果たすために十分なものではない、とDave van Herpen氏は言う。彼が提案するのは、企業全体を通じたコラボレーションを改善するために、ITサービス管理がアジャイルやリーンのプラクティスをDevOpsとあわせて適用する、ということだ。

  • アジャイルのガバナンスにおけるマネジメントの役割

    複数のアジャイルチームを管理するにはどうすればいいだろうか。アムステルダムで開催されたAgile GovernanceカンファレンスでChristoph Johann Stettina氏がアジャイルのガバナンスとマネジメントの役割について発表した。

  • アジャイルプロジェクトのためのガバナンス

    アムステルダムで5月13日に行われるアジャイルガバナンスカンファレンスにおいて、Andrew Craddock氏は程よく管理されたアジャイルプロジェクトについての講演を行う。InfoQは、アジャイルガバナンスとは何か、またアジャイル開発プロセスにガバナンスプラクティスを組み込むことがなぜ必要とされるのかについて彼にインタビューを行った。

  • アジャイルガバナンスの人的要因

    Anko Tijman氏が言うには、信頼とは関係への投資に関する意思決定だ。アジャイルのガバナンスは信頼の上に成立しなければならない。アムステムダムで開催されたAgile Governanceカンファレンスで、Anko Tijman氏はbeing in control through people factorsと題したプレゼンを行った。

  • モダナイゼーションは避けがたい道

    ほとんどの大企業が,アーキテクチャやガバナンスを選択を伴わないシステム拡張を容認している。その結果として生み出されるのは,複雑性とリスク,変更コストの著しい増加と "毛糸玉" のようなシステムインターフェースだ。David Sprott氏は,システムのモダナイゼーションはビジネスマネジメントとITの間のコラボレーションであるべきだ,と説明する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。