BT

InfoQ ホームページ JetBrains に関するすべてのコンテンツ

  • Kotlin 1.4 は新しい言語機能、改善されたコンパイラとツールを提供

    Kotlin 1.4 はパフォーマンスとツールの改善に重点を置いている。また、インターフェースの単一抽象メソッド (SAM) 変換、明示的な API モードなど、多くの新しい言語機能が含まれる。

  • JetBrains は IntelliJ 2020.2 をリリース

    JetBrains は IntelliJ IDEA 2020.2 をリリースした。これは人気の統合開発環境(IDE)の最新版だ。

  • JetBrainsがAWS Toolkit for Riderをリリース

    今月初め、JetBrainsがAWS ToolkitのRiderバージョンをリリースした。Amazon Web Serviceプラットフォームでサーバレスアプリケーションの開発、テスト、デプロイを行う開発者の支援を目的としたIDEプラグインである。今回のリリースには(WebStorm内の)Node.JSのサポートとともに、IntelliJ IDEAを使用するJava開発者とPyCharmを使用するPython開発者用に3月から提供開始されている、最初のバージョンからのアップデートが含まれている。

  • JetBrainsがRiderとReSharper Ultimate 2019.3をリリース

    今週初め、JetBrainsは、RiderとReSharper Ultimateの2019年最終版のリリースを発表した。新しいIDEは、T4 Templateのサポート、クロスプラットフォーム .NET Coreプロファイリング、マルチコンテナDockerデバッグ、Unityのテストなどの機能を備える。ReSharper Ultimate 2019.3には、新しいLocalization Manager、多数のC# 8機能のサポート、NuGetパッケージの依存性検索などが含まれている。

  • Kotlin/NativeとKAPIが改善されたKotlin 1.3.30

    JetBrainsがKotlin 1.3.30をリリースした。Kotlin 1.3での新たなバグの修正と、ツーリングのアップデートを中心に、Kotlin/NativeとKAPTの改良、符号なし型や配列に関するオペレーションのサポート、IntelliJ IDEAでのデバッグ改良などが行われている。

  • GoogleがCloud Codeを発表:IntelliJとVisual Studio CodeをKubernetesアプリに拡張

    最近のGoogle Cloud Next 2019で、GoogleはCloud Codeという新しい開発者ツールを発表した。Cloud Codeを使用すると、開発者はJetBrains IntelliJ Idea IDEやMicrosofts Visual Studio Codeエディタなどの開発環境用の一連のプラグインを入手できる。

  • IntelliJ IDEA 2018.3がリリース - 次期Java 12のサポート、Spring Boot対応の改善などを提供

    JetBrainsは、同社のフラグシッププロダクトであるIntelliJ IDEAのバージョン2018.3をリリースした。このバージョンには、Java 12のサポート、Spring Bootの拡張、マルチラインTODOコメントのサポートなど、一連の新機能が提供されている。

  • JetBrains、ReactベースのRing UI 1.0 Web UIコンポーネントをリリース

    Ring UI 1.0がリリースされた。ライト環境およびダーク環境におけるコンポーネントの新しいビジュアル言語を導入し、CSSプロパティとモジュールのサポートを追加し、新しいMessage、Tabs、Toggleコンポーネントを追加する。

  • KotlinについてのQ&A - PinterestのChristina Lee氏に聞く

    InfoQは先日、PinterestのCore UIチームのAndroidエンジニアであるChristina Lee氏と席を共にし、PinterestでのKotlinの採用状況、採用に際してPinterestが直面した組織的課題、最大の教訓、Javaから移行する際のヒント、KotlinConf 2018で予定されている氏の講演 “Representing State: the Kotlin Edition” の内容などについて話を聞いた。

  • JetBrainsがGo IDE「GoLand」をローンチ

    JetBrainsがGo IDEをアーリーアクセスプログラムから市場に移行した。現在、GoLandとしてブランド化され、IDEはコア機能をGo用のものとしてIntelliJプラットフォームを拡張した。これは、Python用のPyCharm、Ruby用のRubyMineといった、他の言語用ツールに倣っている。

  • JetBrainsがJCP Executive Committeeの一員に

    最近行われた特別選挙で、JetBrainsがJCP Executive Committeeに選出された。EricssonとTOTVSの退任で生まれたふたつの空席のひとつを埋めることになる。InfoQは同社の開発者であるTrisha Gee氏に、最新の状況と計画、そして、JSR 376の投票と将来の開発について話をした。

  • Rider RC1リリース、パフォーマンスが向上

    JetBrainsが.NETにフォーカスしたマルチプラットフォームIDE、Riderの最初のRC (2017.1) をリリースした。この最新プレビューでは、NuGetサポートの拡張、一般的なパフォーマンス改善(特にWindows)、ユーザビリティ強化が含まれている。

  • RiderのF#サポートについての詳細

    JetBrainsのディベロッパーエヴァンジェリストであるMarteen Balliauw氏はRiderでのF#サポートについての詳細を公開した。機能は一般へのEAPの発表よりも詳細に説明されており、次のリリースへの計画も含まれている。

  • KotlinがAndroid開発言語になる

    Google I/O 2017で発表されたように、Android Studio 3.0にはKotlinのフ��サポートが追加される。また、今後の開発のため、KotlinはJetBrainsから独立した非営利組織に移管される。

  • Rider PreviewリリースでF#をサポート

    JetBrainsの.NET開発向けマルチプラットフォームIDE、RiderのEarly Access Preview 21がリリースされた。今回の目玉は、関数型プログラミング言語F#のサポートだ。また、いくつかの重要なバグ修正と、TFSとVirtual Studio Team Servicesのサポート追加が含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。