BT
前の記事 rss
人のフォロワー

The Linux Foundationの新たなレポートでDevOpsスキルの需要の高さが明らかに

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月4日 午前4時3分

The Linux FoundationとハイテクキャリアハブのDiceによる2017年のOpen Source Jobs Reportでは、2,000以上のITオープンソース専門家とIT採用マネージャのうち、DevOps人材に対する需要が60パーセントを占めている。DevOpsのスキルは、クラウド/仮想化(60パーセント)とアプリケーションプラットフォーム(59パーセント)とともに、求められるオープンソーススキル(57パーセント)のトップ3を構成する。

人のフォロワー

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午前3時36分

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

人のフォロワー

Node.js Foundation、公式の開発者認定を準備

作者: David Iffland フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月11日 午前4時52分

12月リリースに向けて、Node.js Foundationが新しいNode.js Developer Certificationの最後の仕上げを行っている。

人のフォロワー

Cloud Foundry FoundationがCloud Native Developerトレーニングおよび認証プログラムをローンチ

作者: Daniel Bryant フォローする 636 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年6月5日 午後10時24分

ドイツのベルリンで開催されたCloudNativeConでCloud Foundry Foundationが、Cloud Foundry Certified Developer(CFCD)トレーニングおよび認定プログラムの創設を発表した。Cloud Foundryのいずれかのディストリビューション上で開発の実務経験を持つ求職者の検証を目的とした、コミュニティベース、独立型、ベンダ中立のプログラムだ。

人のフォロワー

組織的ハックでワークライフを改善する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年4月18日 午前1時37分

すべてを見える化する、ペアを組む、オープンフライデー、トレーニング予算なし。これらはSipgateでワークライフを改善してきた「組織的ハック」の一部だ。

人のフォロワー

成長と学習のためにスキルマトリックスを作成する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年12月27日 午前2時40分

スキルマトリックスはチームの自己組織化を支援し、新しいことを学びたいという本質的な同期を生成するのに役に立つ。クロスファンクショナルなチームは実際はどのように機能しているのかを明らかにし、チームの中のボトルネックに対する洞察を提供する。

人のフォロワー

Certified Agile Leadership Programが発表

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月12日 午前1時4分

Certified Agile Leadershipプログラムは,アジャイルのリーダシップ能力を習得するためのリーダシップ・フレームワークを提供することにより,指導者の有効性を高めることを目標としている。プログラムを開発したPete Behrens氏に,リーダシップの重要性,リーダのあり方とリーダシップ文化を変革する方法,自己組織型チームにおけるリーダシップ,アジャイルリーダシップ能力を発展させる上で企業ができること,などを聞いた。

人のフォロワー

21世紀型のリーダシップ: 意向に基づくリーダシップ

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年3月29日 午前4時43分

21世紀型リーダシップの3回目となる今回の記事では,シリーズの最後として,21世紀型リーダシップに関するイブニングセミナでDavid Marquet氏が行なった基調講演から,意向に基づく(intent-base)リーダシップとリーダ-リーダモデル(leader-leader model)について紹介する。

人のフォロワー

社内コーチとファシリテータによるアジャイル

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年12月20日 午後2時16分

Andreas Schliep氏とPeter Beck氏に,社内コーチとファシリテータが組織のアジャイル習熟度を向上させる上で持つ重要性やアジャイル導入への貢献方法,外部からコーチを導入することによるメリットとデメリット,社内コーチとファシリテータが効果的な作業のために行うべきこと,社内コーチに必要な技能を聞いた。

人のフォロワー

アジャイル認定書の賛否

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年8月30日 午後10時58分

認定書付きのアジャイル研修のニーズを強調する人がいる。たとえばそれは志願者の選定や、アジャイルトランスフォーメーションの基礎を置くのに役立つという理由からだ。一方で、その人物の能力や技量を正確に反映していない、認定書を持っていない人の方が、持っている人よりも優れている可能性がある、といった理由で認定書に難色を示す人もいる。さて、あなたはアジャイル認定書に賛成ですか?反対ですか?

人のフォロワー

Jeff Sutherland氏に聞く,アジャイルのリーダシップ

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年8月16日 午後8時40分

InfoQはJeff Sutherland氏にインタビューして,スクラムを導入しようとする大規模組織が抱える問題について聞いた。組織の障害に対処する能力を向上し,アジャイルリーダシップを改善するにはどうすればよいのか,アジャイルに移行しようとするチームを支援する上で,スクラムマスタには何ができるのだろうか。氏はまた,組織がスクラムを導入する上での,マネージャに対するアドバイスも語ってくれた。

人のフォロワー

AXELOSがPRINCE2 Agileをローンチ

作者: Savita Pahuja フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年6月28日 午後9時27分

AXELOSは2015年6月,PRINCE2 Agileをローンチする。PRINCE2の明確に定義されたフレームワークを持ち,アジャイルの柔軟性と応答性を兼ね備えた,完全なプロジェクト管理ソリューションだ。

人のフォロワー

オーケストラのリハーサルを喩えにしてリーダーシップスキルを開発する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年1月4日 午後10時54分

PensatoのDominique Dejonghe氏とLuc Galoppin氏によれば、一流オーケストラのリハーサルは、マネジメントチームにとってあたらな学習源になる。InfoQは両氏にリーダーシップ開発、音楽と組織マネジメントの関連、プロジェクトやプロセスにオーボエを見つけることについて、話を聞いた。

人のフォロワー

アジャイル導入は組織構造から着手するべきか

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年1月2日 午後5時30分

ある組織にアジャイルを採用しようとする時には,その構造を変えなくてはならない場合が少なくない。アジャイルな仕事の進め方は,新たなプラクティスをチームとマネージャに課すだけでなく,通常は文化や思想にも影響を及ぼす。これらのすべては関連しているが,同時にすべてを変えるというのは,組織にとってあまりにも大きなチャレンジかも知れない。組織構造から着手すると何が起きるのか,ここで確認してみよう。

人のフォロワー

継続的学習ができる組織になる

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2014年11月26日 午後1時1分

ソフトウエア開発は、知識集約型であり、それゆえ、組織は常に学習し続ける方法を探していると考えられている。Marcin Floryan氏は“学習する組織が必要であり、それは学習する個人から生まれる”と言う。しかし、個人の学習は難しく、さらにそれを拡大するのはもっと難しい。継続的な学習ができる組織になるにはどうすればいいのだろうか。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT