BT

InfoQ ホームページ トレーニング/認証 に関するすべてのコンテンツ

  • Google CloudがProfessional Machine Learning Engineer認定のベータ実施を開始

    Google Cloudは、新たなプロフェッショナルレベル認定のベータバージョンを、選択可能なパスに追加した。Professional Machine Learning Engineer認定は、Google Cloud Platfom上でのマシンラーニングに関する受験者のプラクティスと実装の知識を評価するものだ。

  • 上げ潮はすべての船を持ち上げる - DOES London 2020で紹介されたDevOps Dojoストーリ

    DevOps Enterprise Summit London 2020で注目された話題のひとつは、3日間の仮想カンファレンスの初日にGene Kim氏が開会の挨拶で最初にアピールしたトレーニング"dojo(道場)"だった。その中で氏は、IT Revolution Forum ebookで紹介されたTargetのdojoフレームワークについて言及した。その概念はadidasやVirgin Atlantic、Comcast、Sky、Verison、US Bank、Walmartなども取り上げていた。

  • インタラクティブなDevOpsトレーニングをオンラインで提供するDevOps Dojo

    DXC Technologyは先頃、同社のDecOps Dojoをオープンソースとして公開した。これは、DevOpsの技術面と文化面の両方をカバーする、学習モジュールのコレクションだ。それぞれのモジュールはKatacodaプラットフォーム上に構築され、GitHubにホストされている。

  • チームのメンタルヘルスをサポートするために必要なマネージャのトレーニング

    先日実施されたメンタルヘルス意識トレーニングに関する最近の文献調査によると、職場におけるメンタルヘルスへの意識と管理を向上する最善の方法について、我々はまだ、組織やマネージャに明確にアドバイスすることができていない。

  • GitHubが学習コンテンツを拡大

    GitHub Learning Labは、すべてのスキルレベルの人々がGitHubを使用できるように、今年初めに開始されたイニシアチブである。GitHubは4つの新しいコースをリリースした。新しいコースは、GitHubへのアップロード、GitHubへの移行、Community Starter Kit、HTMLの導入である。

  • 脳に基づいた学習

    人間の脳は多くの異なる方法で学習をする。トレーニングの方法は目的と望んでいる結果に合致している必要がある。Training From the BACK of the Room!に書かれている実践方法はトレーニングを定着させることができる。大きなチャレンジを強制することは恐怖として認識される。それゆえ、心理的な安全性と好奇心の育成が肝心で、関係を途切れさせるようなフィードバックではなく、対話を継続させるようなフィードバックを与えるのが良い。

  • The Linux Foundationの新たなレポートでDevOpsスキルの需要の高さが明らかに

    The Linux FoundationとハイテクキャリアハブのDiceによる2017年のOpen Source Jobs Reportでは、2,000以上のITオープンソース専門家とIT採用マネージャのうち、DevOps人材に対する需要が60パーセントを占めている。DevOpsのスキルは、クラウド/仮想化(60パーセント)とアプリケーションプラットフォーム(59パーセント)とともに、求められるオープンソーススキル(57パーセント)のトップ3を構成する。

  • アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

    Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

  • Node.js Foundation、公式の開発者認定を準備

    12月リリースに向けて、Node.js Foundationが新しいNode.js Developer Certificationの最後の仕上げを行っている。

  • Cloud Foundry FoundationがCloud Native Developerトレーニングおよび認証プログラムをローンチ

    ドイツのベルリンで開催されたCloudNativeConでCloud Foundry Foundationが、Cloud Foundry Certified Developer(CFCD)トレーニングおよび認定プログラムの創設を発表した。Cloud Foundryのいずれかのディストリビューション上で開発の実務経験を持つ求職者の検証を目的とした、コミュニティベース、独立型、ベンダ中立のプログラムだ。

  • 組織的ハックでワークライフを改善する

    すべてを見える化する、ペアを組む、オープンフライデー、トレーニング予算なし。これらはSipgateでワークライフを改善してきた「組織的ハック」の一部だ。

  • 成長と学習のためにスキルマトリックスを作成する

    スキルマトリックスはチームの自己組織化を支援し、新しいことを学びたいという本質的な同期を生成するのに役に立つ。クロスファンクショナルなチームは実際はどのように機能しているのかを明らかにし、チームの中のボトルネックに対する洞察を提供する。

  • Certified Agile Leadership Programが発表

    Certified Agile Leadershipプログラムは,アジャイルのリーダシップ能力を習得するためのリーダシップ・フレームワークを提供することにより,指導者の有効性を高めることを目標としている。プログラムを開発したPete Behrens氏に,リーダシップの重要性,リーダのあり方とリーダシップ文化を変革する方法,自己組織型チームにおけるリーダシップ,アジャイルリーダシップ能力を発展させる上で企業ができること,などを聞いた。

  • 21世紀型のリーダシップ: 意向に基づくリーダシップ

    21世紀型リーダシップの3回目となる今回の記事では,シリーズの最後として,21世紀型リーダシップに関するイブニングセミナでDavid Marquet氏が行なった基調講演から,意向に基づく(intent-base)リーダシップとリーダ-リーダモデル(leader-leader model)について紹介する。

  • 社内コーチとファシリテータによるアジャイル

    Andreas Schliep氏とPeter Beck氏に,社内コーチとファシリテータが組織のアジャイル習熟度を向上させる上で持つ重要性やアジャイル導入への貢献方法,外部からコーチを導入することによるメリットとデメリット,社内コーチとファシリテータが効果的な作業のために行うべきこと,社内コーチに必要な技能を聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。