BT

InfoQ ホームページ Agileアライアンス に関するすべてのコンテンツ

  • Heidi Helfand氏の講演より - 影響力を最大化するための「聞く」技術

    リーダシップは聞き取り(listening)から始まり、聞き取りは影響力を増幅する!Heidi Helfand氏がAgile2018で、よりよいリーダになるための聞き取りのスキルについて講演した。聞く耳を持つリーダは、チームに大きな影響を与える。スローダウンして注意を払って意見を聞くか、一足飛びに答を与えるかは、影響の場所に関わる。遠回りに思えるかも知れないが、その結果には永続性がある。

  • アジャイルコーチング能力の定義

    Agile2018において、ICAgile(International Consortium for Agile)がアジャイルコーチングに関するパネルディスカッションを開催した。パネルでは、アジャイルコーチとは何か、コーチング能力、キャリアの向かう先、コーチングの今後の方向性について議論した。

  • リモートチームでアジャイルになる

    Shane Hastie氏とShannon Ewan氏はSan Diegoで開催されたAgile2018カンファレンスで、Being Agile in a Remote Teamと題したセッションにおいて、分散アジャイルチームとうまくいく方法について講演した。彼らはICAgile(完全リモートチーム、組織)でうまくいったストーリーを紹介しながら、ハイパフォーミングチームの品質、リモートチームにおける迷信、リモートチームをうまく動かす戦略について話した。

  • 顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね

    Natalie Warnert氏はAgile 2018で、The customer is not always right, and neither are you!(顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね!)というタイトルで講演し、いかにして正しいものを作るようにするかを聴衆に思い出させた。彼女は、チームがはまる3つの落とし穴、不適切な顧客(Incorrect Customer Trap)、早計な解決策(Premature Solution Trap)、データ溺れ(Drowning in Data Trap)と、その回避策を紹介した。

  • ヒーローは高くつく - 火消しの文化を消滅させる

    Sue Johnston氏は、最近サンディエゴで行われたAgile2018カンファレンスで、”Heroes Are Expensive - Extinguishing The Firefighting Culture”と題した講演を行った。彼女はヒーローの見つけ方、チームメンバーとリーダーをヒロイックにするもの、そのインパクト、それについてできること、ヒーローの再定義のし方についてを見出した。

  • Agile StalwartのDavid Hussman氏が8月18日に逝去

    プロダクト開発のエキスパートであり、アジャイル(”小文字の方の”)実践者であり、コミュニティ構築者、そして熱烈な支持者であるDavid Hussman(”The Dude”)氏が2018年8月18日に逝去した。Hussman氏はDevJamの創設者で、プロダクトアイデアの価値を簡潔に表現したDude’s Lawの考案者として名高い。彼はその死を惜しまれるミュージシャン、父、起業家、そしてコミュニティ構築者であった。

  • Agile 2017基調講演 - リーダシップと関与をすべてのレベルで実現する

    先頃Orlandで開催されたAgile 2017カンファレンスで、ベストセラー“Turn The Ship Around!”の著者である元海軍大佐のDavid Marquet氏が、インテントベースのリーダシップに関する興味深い基調講演を行なった。

  • Esther Derbyの変化を起こすための6つのルール

    Esther Derby氏は変化が必要なときに使える6つのルールを特定した。これにより取り組んだ人が尊重され、変化にある複雑性を認められる。変化を起こすための共感、過去の知識、そして実験への意欲に基づいた環境を作ることが、変化のストレスを少なくする。

  • Kyle McMeekin氏,テストの現実的課題を語る

    先日のAgile 2016カンファレンスでInfoQは,Kyle McMeekin氏と,アジャイル開発におけるソフトウェアテストをめぐる現実的問題,テストの自動化を推進する活動,さらには探索的テストがスクリプトによる手動テストとどのように違い,いかに効果的か,などについて語り合った。

  • Agile Executive Forum 2016の概要

    Agile Allianceは9月19日,カリフォルニア州サンノゼで1日のExecutive Forumを開催した。イベントには世界中からの参加者と,有名企業の経験豊富な講演者が幅広く集まり,アジャイル開発の採用が企業に与えた影響や,大規模なアジャイル採用に必要な文化的転換を成功させる上で幹部として支援できることは何か,などの話題に注目が集まった。

  • アジャイルマニフェスト改訂に対する反論

    Alistair Cockburn氏は先日,オリジナルの著者および署名者のひとりとしての観点から,アジャイルマニフェストに対する自身の見解を投稿した。氏は読者に対して,当時の著者たちの視点に対する理解を求めると同時に,オリジナル版の署名者の多くが現在進めている活動について,その詳細を理解するように訴えている。さらにオリジナルの著者たちは,マニフェストを書き直すべきという意見に対して,真っ向から異を唱えている。

  • Agile 2016: ペルソナベースのチーム — 究極のフォーカス

    Agile 2016カンファレンスで,Andy Hircock, Mike Lowery, Rob Vandenburg各氏が,アジャイル転換を導く上で,機能やコンポーネントではなくペルソナをベースとするチームに移行するにはどうすればよいか,急成長中の組織が顧客重視を維持する上でそれがどのように役立つのか,といったことを論議した。

  • Agile 2016: Steve Denning氏が大規模組織におけるアジャイルとアジャイルのリーダシップを語る

    先日のAgile 2016カンファレンスで,リーダシップの専門家で著作者のSteve Denning氏がセッションを行なった。大規模組織におけるアジャイルとのリーダシップに関する話題を中心に,フィッシュボール(fishbowl/金魚鉢)スタイルで行なわれたそのディスカッションの中で氏は,“リーダの参画 — マネジメントにおけるアジャイルのマインドシフト”,“アジャイル導入時の課題”,“グローバル経済におけるアジャイル”という3つのトピックを取り上げた。

  • Agile 2016 - 業界アナリストによるパネルディスカッション

    Agile 2016カンファレンスで行われた今年のPanel Discussionセッションでは,アジャイルの動向と今後の方向性をテーマとして,人工知能と機械学習のソフトウェア産業への影響,AIシステムの安全と倫理,アジャイルマニフェスト更新の賛否,アジャイル採用に対するツールの影響などが議論された。

  • Agile 2016:大規模なアジャイル移行をリードするエグゼプティブのためのステップ・バイ・ステップガイド

    Agile 2016カンファレンスでMike Cottmeyer氏は,大規模なアジャイル移行の進め方に注目したプレゼンテーションを行なった。その中で氏が特に論じたのは,アジャイル移行を幹部に対してどのように説明するか,移行をどのように評価するのか,幹部が反応するような考え方をいかに確立するか,といった点だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。