BT
前の記事 rss
人のフォロワー

Agile 2017基調講演 - リーダシップと関与をすべてのレベルで実現する

作者: Craig Smith フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年9月27日 午後9時24分

先頃Orlandで開催されたAgile 2017カンファレンスで、ベストセラー“Turn The Ship Around!”の著者である元海軍大佐のDavid Marquet氏が、インテントベースのリーダシップに関する興味深い基調講演を行なった。

人のフォロワー

Esther Derbyの変化を起こすための6つのルール

作者: Susan McIntosh フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年12月19日 午前2時13分

Esther Derby氏は変化が必要なときに使える6つのルールを特定した。これにより取り組んだ人が尊重され、変化にある複雑性を認められる。変化を起こすための共感、過去の知識、そして実験への意欲に基づいた環境を作ることが、変化のストレスを少なくする。

人のフォロワー

Kyle McMeekin氏,テストの現実的課題を語る

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年12月15日 午後7時40分

先日のAgile 2016カンファレンスでInfoQは,Kyle McMeekin氏と,アジャイル開発におけるソフトウェアテストをめぐる現実的問題,テストの自動化を推進する活動,さらには探索的テストがスクリプトによる手動テストとどのように違い,いかに効果的か,などについて語り合った。

人のフォロワー

Agile Executive Forum 2016の概要

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年11月29日 午後11時21分

Agile Allianceは9月19日,カリフォルニア州サンノゼで1日のExecutive Forumを開催した。イベントには世界中からの参加者と,有名企業の経験豊富な講演者が幅広く集まり,アジャイル開発の採用が企業に与えた影響や,大規模なアジャイル採用に必要な文化的転換を成功させる上で幹部として支援できることは何か,などの話題に注目が集まった。

人のフォロワー

アジャイルマニフェスト改訂に対する反論

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月31日 午後8時51分

Alistair Cockburn氏は先日,オリジナルの著者および署名者のひとりとしての観点から,アジャイルマニフェストに対する自身の見解を投稿した。氏は読者に対して,当時の著者たちの視点に対する理解を求めると同時に,オリジナル版の署名者の多くが現在進めている活動について,その詳細を理解するように訴えている。さらにオリジナルの著者たちは,マニフェストを書き直すべきという意見に対して,真っ向から異を唱えている。

人のフォロワー

Agile 2016: ペルソナベースのチーム — 究極のフォーカス

作者: Angela Wick フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月12日 午前1時43分

Agile 2016カンファレンスで,Andy Hircock, Mike Lowery, Rob Vandenburg各氏が,アジャイル転換を導く上で,機能やコンポーネントではなくペルソナをベースとするチームに移行するにはどうすればよいか,急成長中の組織が顧客重視を維持する上でそれがどのように役立つのか,といったことを論議した。

人のフォロワー

Agile 2016: Steve Denning氏が大規模組織におけるアジャイルとアジャイルのリーダシップを語る

作者: Angela Wick フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月3日 午前4時14分

先日のAgile 2016カンファレンスで,リーダシップの専門家で著作者のSteve Denning氏がセッションを行なった。大規模組織におけるアジャイルとのリーダシップに関する話題を中心に,フィッシュボール(fishbowl/金魚鉢)スタイルで行なわれたそのディスカッションの中で氏は,“リーダの参画 — マネジメントにおけるアジャイルのマインドシフト”,“アジャイル導入時の課題”,“グローバル経済におけるアジャイル”という3つのトピックを取り上げた。

人のフォロワー

Agile 2016 - 業界アナリストによるパネルディスカッション

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年9月25日 午後10時1分

Agile 2016カンファレンスで行われた今年のPanel Discussionセッションでは,アジャイルの動向と今後の方向性をテーマとして,人工知能と機械学習のソフトウェア産業への影響,AIシステムの安全と倫理,アジャイルマニフェスト更新の賛否,アジャイル採用に対するツールの影響などが議論された。

人のフォロワー

Agile 2016:大規模なアジャイル移行をリードするエグゼプティブのためのステップ・バイ・ステップガイド

作者: Angela Wick フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年9月20日 午後10時36分

Agile 2016カンファレンスでMike Cottmeyer氏は,大規模なアジャイル移行の進め方に注目したプレゼンテーションを行なった。その中で氏が特に論じたのは,アジャイル移行を幹部に対してどのように説明するか,移行をどのように評価するのか,幹部が反応するような考え方をいかに確立するか,といった点だ。

人のフォロワー

Agile 2016の基調講演: モダンアジャイル

作者: Craig Smith フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年8月25日 午前2時31分

最近アトランタで開催されたAgile 2016カンファレンスで、Industrial LogicのCEOであり"Refactoring to Patterns"の著者であるJoshua Kerievsky氏はモダンアジャイルにまつわる示唆に富む基調講演を行った。

人のフォロワー

Agile 2016: コミュニケーションとコラボレーション - どうすれば分散チームが成功できるのか

作者: Angela Wick フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉原 庄三郎 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年8月22日 午後7時44分

David Horowitz氏とMark Kilby氏は、どうすれば分散チームが成功できるのかと題してAgile 2016カンファレンスで講演した。彼らの話の前提は、分散チームは繋がることが必要だということだ。そして、フェイス・トゥ・フェイスはコラボレーションには重要であるが、繋がり程には重要ではない。

人のフォロワー

Agile2016のオープニングキーノート:Managing for Happiness

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年8月17日 午前1時10分

Jurgen Appelo氏はアメリカジョージア州アトランタで開催のAgile 2016カンファレンスでオープニングキーノートを務めた。タイトルはManaging for Happinessで、同タイトルで氏の最新書籍の概要となっている。

人のフォロワー

なぜAgile Allianceの技術カンファレンスが重要であるのか

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年4月19日 午前1時14分

Agile Allianceは4月7-9日で、技術に特化したカンファレンスを初めて開催する。このイベントが開催される背景の少なくとも一部には、毎年のAgile 20XXカンファレンスがソフトウェア開発における技術的な側面にあまり重点を置いていないという認識がある。InfoQはカンファレンスの講演者に、なぜこのカンファレンスを重要と感じているのかを聞いた。

人のフォロワー

アジャイルの流暢性(fluency)とは - Agile Alliance & Agile Open Northwest Open Space Conferenceより

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年10月18日 午後11時57分

Agile AllianceとAgile Open Northwest Open Spaceがポートランドで共同開催したイベントで,Declan Whelan氏とDiana Larsen氏が2つのセッションを指導した。その中で両氏は,Agile Fluencyモデルを技術的負債の理解と対処に応用する方法の一例として,そのモデルに基づいたゲームを紹介した。このゲームは,チームが自らの流暢性(fluency)の目標を達成する上で,採用すべきプラクティスと原則を明確化する作業を支援するものだ。

人のフォロワー

Agile 2015 - 業界アナリストによるパネルディスカッション: アジャイルの動向と今後の方向性

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年9月14日 午後7時47分

先日のAgile 2015カンファレンスで,Agile Allianceは,業界アナリストによるパネル会議を開催した。毎年開催で5回目となるこの会議では,登壇するコメンテータのグループが,アジャイルのトレンドや今後の方向性をテーマとした質問に答える。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT