BT

InfoQ ホームページ Japanese Build systems に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft Build 2020のハイライト

    Microsoftは先週、第10回のBuildを開催した。BuildはMicrosoftのテクノロジを使用する開発者を対象に、年次で開催されるカンファレンスである。このオンラインイベントでは、Blazor WebAssemblyの一般向け提供開始、間もなくリリースされる.NET 5の最新情報、Azure Static Web Apps、IoTや人工知能に関する新プロジェクトなど、重要な発表やリリースが目白押しだった。

  • Bazel 2.0がリリース、パフォーマンスと安定性が向上

    Googleの社内ビルドツールであるBlazeから生まれたビルドおよびテスト用ツールのBazelが先日、バージョン2.0をリリースした。今回のリリースでは、過去のバージョンと互換性のない変更がいくつか導入されると同時に、安定性およびパフォーマンスの面で多くの改善が行われている。

  • 依存性管理が大幅に改善されたGradle 6

    カスタマイズ可能なオープンソースのビルド自動化ツールであるGradleがバージョン6.0をリリースした。依存性管理の大幅な改善、javadocおよびソースjarのデフォルトサポート、JavaコードとGroovyコードのインクリメンタルコンパイルの高速化などを実現している。最新リリースである6.1.1では、リロケータブルな依存性キャッシュをサポートすることにより、エファメラル(ephemeral)CIビルドの高速化も図られている。

  • Java 9への適応状況の定量化がJavaコミュニティの目標

    ロンドンJavaコミュニティとJavaチャンピオン数人がリードするJavaコミュニティが著名なオープンソースプロジェクトのJava 9への適応状況を定量化する試みを始めた。

  • ZeroStackがDevOps Workbenchの提供開始

    プライベートクラウドプロバイダのZeroStackは、開発者が独自のワークベンチを作成できるセルフサービス機能を発表した。ZerostackのIntelligent Cloud Platformを介して、DevOps Workbenchのユーザは、オープンソースと商用のプロバイダから提供されている40の開発ツールを利用できる。

  • NuGetがMSBuildの一部に

    jsonベースのプロジェクトフォーマットでの実験後、MicrosoftはC#とVBのプロジェクトファイルの基礎をMSBuildに戻した。この決定にはproject.jsonの機能に似たものが実装されることも伴っている。この記事では、その中の一つであるNuGet統合について紹介する。

  • webpack2がドキュメントの改善を中心とした最終段階へ

    JavaScriptのモジュールとコード資産をバンドルするための人気ツールであるwebpack 2の最終リリースが到着した。ES2015のネイティブサポートに加え,ドキュメントが大幅に改善されている。ただし,新バージョンでビルド時間やファイルサイズが大幅に改善されたと判断するのは早過ぎる。

  • fat JAR問題を解決する - HubSpotの例

    Spring で,fat JARはデプロイ機構として一般に普及しつつある。HubSpotは過去,maven-shade-pluginでのエクスペリエンス上の問題や,10Boot 1.4とDropwizard 1.0が7月末,いずれもfat JARを使ってでリリースされた。このようなフレームワークやマイクロサービスでの採用が増えていること0,000以上の小さなファイルをJARにパッケージングする際の効率問題の原因として,fat JARによるデプロイの問題を報告している。

  • ZeroTurnaround社はRebelLabsの開発者生産性レポートを公表した

    本日ZeroTurnaround社のRebelLabsは年2回の2016年の開発者生産性レポートを公表した。これは2000人以上が仕事で何のツールを使っているかを回答したものだ。InfoQはレポートに接近し、結果をまとめた。

  • .NET Core は project.json の廃止を予定している

    Microsoft は project.json を今後数年以内に廃止することを決定しており、標準の .csproj 形式ファイルへ徐々に戻っている。

  • Twitterが多言語ビルドツールPants 1.0をリリース

    5年間の開発期間を経て,TwitterがビルドツールPantsのマイルストンとなるバージョン1.0をリリースした。複数のプログラム言語をサポートし,スケーラビリティに優れる。

  • Maven Central、Googleにミラー

    Mavenにフォーカスした会社 Takari(MavenのファウンダーであるJason van Zyl氏が創業)が、Maven CentralをGoogle Cloud Storageにミラーすることを発表した。Maven Centralは多数のオープンソースJavaライブラリがその成果物を登録しているセントラルリポジトリだ。

  • Bazelがベータ版でGroovy, Rust, Scalaをサポート

    Googleが半年前にオープンソース化したビルドシステムのBazelが,予定通り最初のベータマイルストンに到達した。いくつかの言語とテクノロジのサポートが追加されている。

  • Gradle 2.5が継続的ビルドをサポート

    今月発表されたGradle 2.5には,継続的ビルド(Continuous Builds)や依存関���置換ルール(Dependency Substitution Rules),進捗イベント(Progress Events),Google Testなど,多数のインキュベーション機能が含まれている。

  • AndroidのC/C++ネイティブアプリケーション開発を支援するGoogleの新ツール

    GoogleのFun Propulsion Labsが新たに提供するfplutilは,Android用のC/C++アプリケーション開発を容易にしてくれる,ツールとライブラリのセットだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。