BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ EC2 に関するすべてのコンテンツ

  • AWS、最新世代のIntel Xeon Scalableプロセッサを使用したAmazon EC2 M6iインスタンスを発表

    AWSは先頃、新たな多目的インスタンスのAmazon EC2 M6iインスタンスを提供開始すると発表した。第5世代インスタンスに比較して最大15パーセント向上したパフォーマンスを、より適正な価格で提供すると同時に、IntelのTotal Memory Encryption (TME)の使用により、メモリの常時暗号化を実現している。

  • AWSは15年を迎えるEC2-Classicを廃止

    AWSは、EC2-Classicプラットフォームを今後数か月内に廃止する計画を発表した。このクラウドプロバイダは、仮想クラウドコンピューティングインスタンスの最初のバージョンを現時点で使っている顧客が、2022年8月までに最新の仮想プライベートクラウド(VPC)に移行すると予想している。

  • AWSがAmazon EBS io2 Block Expressボリュームの一般供与開始を発表

    Amazon Elastic Block Store(EBS)ボリュームは、複数のHDDとSDDのボリュームを備えたElastic Compute(EC2)の重要なコンポーネントで、それぞれが特定のユースケース向けに設計されている。AWSは先頃、クラウドベースのストレージエリアネットワーク(SAN)サービスである、Amazon EBS io2 Block Expressボリュームの一般供与(GA)を開始すると発表した。io2ボリュームに比較して4倍のスループット、IPOS、容量を提供する。

  • AWSがEC2シリアルコンソールを導入:ブートとネットワークの問題のトラブルシューティング

    AWSは最近、EC2シリアルコンソールを発表した。これは、EC2インスタンスへのシリアル接続を確立し、ブートとネットワーク接続の問題をトラブルシューティングするためのツールである。

  • Amazonが新しいベアメタルEC2インスタンスを発表

    AWSは先頃、Amazon EC2の新しいベアメタルインスタンスを発表した。新しい M5n、M5dn、R5n、および R5dn インスタンスはすでに利用可能であり、最大100Gbpsのネットワーク帯域幅を利用できる。

  • AWSがAmazon EC2の新しいインスタンスタイプを導入

    AWSは最近、さまざまなプロセッサ上のAmazon EC2向けと、さまざまなEC2ファミリー向けの新しいインスタンスタイプを発表した。リージョンのサブセットのみであっても、新しいインスタンスのほとんどはすでに利用可能である。他は月末までに利用できる予定である。

  • AWSでは、機密コンピューティング用の分離されたEC2環境であるNitro Enclavesが利用可能に

    AWSでは最近、Nitro Enclavesが利用できるようになった。これは、機密データを処理するための分離���れたEC2環境である。軽量Linux OSがベースのNitro Enclaveは、強化され、保証されており、高度な制約がある仮想マシンである。

  • AWS Distro for OpenTelemetryはパブリックプレビューで利用可能

    先頃、AWSは、OpenTelemetryプロジェクトのセキュアでプロダクション環境に対応したAWSサポートのディストリビューションであるAWS Distro for OpenTelemetryのパブリックプレビューを発表した。AWS Distro for OpenTelemetryを使用すると、開発者はアプリケーションを一度にインストルメント化して、Amazon CloudwatchからDatadogやGrafanaなどの複数のモニタリングソリューションに相関メトリックスとトレースを送信できる。

  • AmazonがECSでEC2 Inf1インスタンスのサポートを発表

    先頃のブログ投稿で、Amazonは、顧客がAmazon Elastic Container Service (ECS)でAmazon EC2 Inf1インスタンスを使用できるようになったと発表した。同社は、インスタンスのパフォーマンスが高く、予測可能なコストが低いことを約束している。

  • AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

    AWSは先頃、99.999%の耐久性と、ストレージのGiBごとに最大500 IOPSをプロビジョニングする機能を提供する、高性能データベースとワークロード用の新しいプロビジョニングされたIOPSボリュームタイプ (io2) を導入した。

  • AmazonがAWS Graviton2を搭載したEC2 M6gインスタンスの一般提供を発表

    Amazonは最近、第6世代のAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)汎用インスタンスであるM6gの一般提供を発表した。「g」は、次世代のArmベースのチップである「Graviton2」の略だ。 パブリッククラウドベンダーとその買収会社であるAnnapurna Labsが64ビットArm Neoverse N1コアを利用するこのチップを設計した。

  • Amazonがコンテナホスト用のLinuxベースのOS”Bottlerocket”を公開

    Amazonは先頃、Bottlerocketという名称で、コンテナの実行を目的とした、Linuxベースのオープンソースのオペレーティングシステム(OS)を発表した。現在はAmazon Elastic Computer Cloud(EC2)用のAmazon Machine Image(AMI)の形式で、ユーザが試行可能なパブリックプレビュー版として提供されている。

  • AmazonがAWS Outpostsをリリース、ハイブリッドデータセンタアーキテクチャを可能に

    先日のブログ記事でAmazonは、AWS Outpostsのリリースを発表した。シングルベンダによるコンピュートおよびストレージソリューションの持つメリットを、AWSユーザに提供するものだ。Outpostsは、アーキテクチャ的にはAmazonのパブリッククラウドコンピュートアーキテクチャに基いているが、ユーザ自身のデータセンタにホストされるシステムである。このソリューションによってユーザは、AWSテクノロジのメリットを享受しながら、ローカル処理という要件への対処が可能になる。

  • AmazonがEC2インスタンスに予測スケーリング機能を導入

    最近のブログ記事で、Amazonは、予測スケーリング機能を追加して、Auto Scaling for EC2インスタンスをより強力にしたことを発表した。さらに、この新機能により、顧客は、これまでやってきた自動スケーリングの手動による微調整をすることなく、スケーリング計画を作成することができる。

  • Amazonが新システムマネージャのAWS System Managerをリリース

    AmazonがセッションマネージャのAWS Systems Managerを新たにリリースした。この新しいセッションマネージャは、EC2インスタンスへのシェルレベルアクセスの新たな方法を提供する。IT管理者は、新たに提供されるブラウザベースの対話型シェルとコマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、WindowsおよびLinuxインスタンスを管理できるようになる。

BT