BT

InfoQ ホームページ EC2 に関するすべてのコンテンツ

  • AmazonがECSでEC2 Inf1インスタンスのサポートを発表

    先頃のブログ投稿で、Amazonは、顧客がAmazon Elastic Container Service (ECS)でAmazon EC2 Inf1インスタンスを使用できるようになったと発表した。同社は、インスタンスのパフォーマンスが高く、予測可能なコストが低いことを約束している。

  • AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

    AWSは先頃、99.999%の耐久性と、ストレージのGiBごとに最大500 IOPSをプロビジョニングする機能を提供する、高性能データベースとワークロード用の新しいプロビジョニングされたIOPSボリュームタイプ (io2) を導入した。

  • AmazonがAWS Graviton2を搭載したEC2 M6gインスタンスの一般提供を発表

    Amazonは最近、第6世代のAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)汎用インスタンスであるM6gの一般提供を発表した。「g」は、次世代のArmベースのチップである「Graviton2」の略だ。 パブリッククラウドベンダーとその買収会社であるAnnapurna Labsが64ビットArm Neoverse N1コアを利用するこのチップを設計した。

  • Amazonがコンテナホスト用のLinuxベースのOS”Bottlerocket”を公開

    Amazonは先頃、Bottlerocketという名称で、コンテナの実行を目的とした、Linuxベースのオープンソースのオペレーティングシステム(OS)を発表した。現在はAmazon Elastic Computer Cloud(EC2)用のAmazon Machine Image(AMI)の形式で、ユーザが試行可能なパブリックプレビュー版として提供されている。

  • AmazonがAWS Outpostsをリリース、ハイブリッドデータセンタアーキテクチャを可能に

    先日のブログ記事でAmazonは、AWS Outpostsのリリースを発表した。シングルベンダによるコンピュートおよびストレージソリューションの持つメリットを、AWSユーザに提供するものだ。Outpostsは、アーキテクチャ的にはAmazonのパブリッククラウドコンピュートアーキテクチャに基いているが、ユーザ自身のデータセンタにホストされるシステムである。このソリューションによってユーザは、AWSテクノロジのメリットを享受しながら、ローカル処理という要件への対処が可能になる。

  • AmazonがEC2インスタンスに予測スケーリング機能を導入

    最近のブログ記事で、Amazonは、予測スケーリング機能を追加して、Auto Scaling for EC2インスタンスをより強力にしたことを発表した。さらに、この新機能により、顧客は、これまでやってきた自動スケーリングの手動による微調整をすることなく、スケーリング計画を作成することができる。

  • Amazonが新システムマネージャのAWS System Managerをリリース

    AmazonがセッションマネージャのAWS Systems Managerを新たにリリースした。この新しいセッションマネージャは、EC2インスタンスへのシェルレベルアクセスの新たな方法を提供する。IT管理者は、新たに提供されるブラウザベースの対話型シェルとコマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、WindowsおよびLinuxインスタンスを管理できるようになる。

  • AWS EC2 Fleet:1リクエストで何千ものOn-DemandインスタンスとSpotインスタンスを管理

    AmazonはEC2 Fleetを発表した。これは、単一のAPIを使用して、EC2のOn-Demandインスタンス、Reservedインスタンス、Spotインスタンスを組み合わせたフリートを作成できる新しい機能である。さらに、顧客は必要なキャパシティと、どのインスタンスタイプのVMかを指定することができ、スキャフォールディングコードを記述することなく、AWSは必要なインスタンスを起動、管理、監視、スケールする。

  • AmazonがEC2インスタンスのネットワーク帯域幅を拡大

    AmazonはすべてのAWSリージョンにおいて、現世代EC2インスタンスと、最新のAMI(Amazon Machine Image)間のトラフィックの帯域幅を拡大すると発表した。この拡張によって、これまで以上に効率的なデータ移動が可能になると同時に、パブリッククラウドプロバイダ間のネットワークの水準もこれまでより高くなるはずだ。

  • AWSがAmazon EC2スポットインスタンスの価格モデルと運用方法を簡略化

    Amazon Web Services (AWS)は先頃、Amazon EC2スポットインスタンスの要求方法と操作方法を大きく変更して、大幅なコスト削減を実現���た。入札価格を指定せずにスポットインスタンスを要求できるようになり、スポット価格がより穏やかなものに調整された。さらに、スポットインスタンスの停止および休止と再起動が可能になったことで、中断可能なワークロードをさらに最適化できるようになった。

  • AWS re:Invent 2017で発表された新サービス - マネージドKubernetes、サーバレスRDBMS、DynamoDBグローバルテーブル

    米国ラスベガスで開催されたAWS re:invent 2017で、いくつかの新しいコンピューティングおよびストレージ機能が発表された。フルマネージドKubernetesサービスのAWS EKS、マネージングサービスなしでコンテナを実行するサービスのAWS Fargate、Amazon Aurora Multi-Master、Amazon Aurora Serverless、DynamoDB Global Tablesとオンデマンドバックアップ、フルマネージドなグラフデータベースのAmazon Neptuneなどだ。

  • AmazonがEC2 Auto Scalingのターゲットトラッキングサポートを追加

    Auto Scalingクラウドリソースは、AWSでは新しいものではない。しかし、アマゾンは最近、顧客がアプリケーションの規模をより細かく制御できるように、新しいターゲットトラッキングポリシーを発表した。ターゲットトラッキングポリシーを使用すると、管理者は、EC2リソースをどのようにいつスケールするかを決める特定の指標をターゲットに設定できる。

  • AWS re:Inventのまとめ

    ラスベガスで毎年開催されるre:Inventカンファレンスにおいて、AWSが、やがて公開されるクラウドサービスを相次いで発表した。Amazonは、パブリッククラウドと一緒に、20数個の新機能について概要を説明した。それには、S3オブジェクトストレージで直接データクエリを実行すること、デプロイメントパイプラインの一部として、コー��を構築すること、低価格の仮想プライベートサーバを供給すること、ETLスタイルでまとめてデータを移動することが含まれる。

  • AWSがAmazon Linux Container Imageをローンチ

    AWSは先日,Amazon LinuxオペレーティングシステムのDockerコンテナイメージをローンチした。独自のクラウドおよびオンプレミス環境用の汎用性の高いデプロイメントオプションとして,EC2独自のAmazon Linux AMIを補完するものだ。Amazon EC2 Container Registry (Amazon ECR)から,およびDocker Hubの公式リポジトリとして入手可能だ。

  • AmazonがAWS Batchを公開

    AWS Re:InventカンファレンスでAmazonは、AWS Batchというプレビューのサービスを発表した。AWS Batchを使うと企業はスケジューリングとワークロードの実行をクラウド上で最適化できる。Amazonはこのサービスを、自分たちでEC2やコンテナ、CloudWatchを使ってバッチのプラットフォームを作っている多くの顧客の声に応えるかたちで実現した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。