BT

InfoQ ホームページ Eclipse に関するすべてのコンテンツ

  • Eclipse Foundation、Eclipse Photon IDEをリリース

    Eclipse FoundationがEclipse IDEの最新バージョンを発表した。Eclipse Photonには、Java 10とJava EE 8のサポート、PDT (PHP development tools) の改善、Dark Theme UI改善などが含まれている。

  • リリースの近づくEclipse Photon

    Eclipse Projectの17年目のリリースとなるEclipse Photonが6月にリリースされる。リリースを前にした各マイルストンでは、新機能と注目すべき機能が目白押しだ。マイルストン6(M6)には、EclipseプラットフォームやJava Development Tools(JDT)、Plug-in Development Environment(PDE)、Equinoxサブプロジェクト、さらにはJDTおよびEclipseプラットフォーム開発者向けにも注目すべき機能が提供されている。

  • HazelcastがEclipse Foundationに参加

    オープンソースのインメモリデータグリッド(IMDG)を提供するHazelcastは先日、Eclipseコミュニティの他メンバとの協業を目的としてEclipse Foundationに参加した。主な対象はJCache{JSR-107)、Eclipse MicroProfile、EE4Jである。CEOのGreg Luck氏が、今回のEclipse Foundatin参加についてInfoQに話してくれた。

  • JavaのMVC 1.0の仕様に対するパブリックレビューが公開に

    Model-View-Controller (MVC) バージョン1.0の仕様であるJSR-371のパブリックレビューが公開されている。最新機能にはデータバインディングと国際化のサポートが含まれる。MVC 1.0の完全な実装であるEclipse Ozarkのバージョン1.0のリリースがJSR-371の最終リリースとともに予定されている。Cybercom Groupのプリンシパルコンサルタ���トであるIvar Grimstad氏がMVC 1.0についてInfoQに話してくれた。

  • EE4Jのコードがオープンソースへの旅路へ

    エンタープライズJavaのソースコードがEclipse EE4Jプロジェクトへのオープンソース化の旅に出始めた。

  • Spring Tool Suite 3.9.1 リリース

    PivotalはSpring Tool Suite(STS)のバージョン3.9.1をリリースした。Springフレームワークでのアプリケーション開発向けのEclipseベースのIDEだ。STSはEclipse Oxygen.1aにアップデートされた。設定なしで使えるJDK 9とJUnit 5のサポートを含んでいる。

  • Eclipse MicroProfileでJavaでのマイクロサービスの採用を加速させる

    InfoQは新しいEclipse MicroProfileプロジェクトと耐障害性や他の新機能を持った新規リリースについて聞くため、IBMのEmily Jiang氏を追った。

  • Java EEの将来、David BlevinsとのQ&A: EclipseファウンデーションとEE4J、MicroProfile

    今年のJavaOneではたくさんの興味深い発表があった。エンタープライズ領域でもっとも重要なニュースはEclipseファウンデーションがJava EEの新たな管理者となるということだった。InfoQはJava EEコミュニティで長年メンバーであるDavid Blevins氏とともに座り、この移行が意味することや業界への影響、開発者が"EE4J"に参加する方法、Java EEの将来といったことについて対話した。

  • EclipseがエンタープライズJava関係者に参加呼びかけ

    Eclipseファウンデーションは開発者に参加を呼びかけている。Java EE技術開発の次の段階に手を貸してもらうためである。

  • Oracle、Java EEの移管先にEclipse Foundationを選ぶ

    OracleはJava EEの移管先にEclipse Foundationを選んだことを発表した。今回の移管は、Red HatとIBMほか、コミュニティから歓迎されている。移管後も名前が現在のJava EEのままなのかは不明だ。

  • Eclipse che 5.0発表 - Docker Composeのサポート,Workspace Agentなどを導入

    コンテナ化されたポータブルな開発ワークプレースであるEclipse Cheのために開催された仮想ユーザカンファレンスCheConf16の第1回において,CheプロジェクトのリーダであるCodenvy CEOのTyler Jewell氏は,Eclipse Che 5.0を発表した。年末までにリリースが予想されている同バージョンでは,Docker Composer,Workspace Agentsなどのサポートが導入される予定だ。

  • Eclipse FoundationがNeonをリリース

    Eclipse FoundationがEclipse Neonのリリースを 発表した。この輝かしい名前を持つIDEは、特に、Java、JavaScript、C/C++、PHP、Fortranのサポートを提供する。このリリースは、779名の開発者(331名はコミッター)と合計6,900万行のコードの貢献により、今まで続いてきたリリースの11番目のリリースとなる。この記事を読んで、このリリースの新機能を知ろう。

  • ZeroTurnaround社はRebelLabsの開発者生産性レポートを公表した

    本日ZeroTurnaround社のRebelLabsは年2回の2016年の開発者生産性レポートを公表した。これは2000人以上が仕事で何のツールを使っているかを回答したものだ。InfoQはレポートに接近し、結果をまとめた。

  • ECMAScript 2015をフルサポートするOrion 12

    Eclipse Orionプロジェクトが,ECSAScript 2015言語仕様を完全サポートしたバージョン12をリリースした。コントリビュータのMike Rennie氏は今回のリリースについて,OrionのJavaScriptツーリングが引き続き重視され,ECMA 2015がサポートされるようになる他,プロジェクト管理機能の改良やeslimtrc.*ファイルのサポートなどが追加されたことを報告している。

  • Microsoft、VS Codeの言語サーバープロトコルをオープンソース化

    MicrosoftはVS Codeが各種言語サーバーとの通信に使っているプロトコルをオープンソース化した

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。